酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

2009年F1第6戦 モナコGP

 地中海沿いの風光明媚な観光都市で開かれる伝統のモナコGPは、F1カレンダーの中でも、そのコース特性と雰囲気が際立った特別なレースです。快晴の天候と相まって、テレビに映る今年のモナコの風景は、非常に美しいものでした。昨年のような荒れた雨のレースも面白いですが、ここはやはり美しい風景と世界のセレブ(もしかして死語?)たちに囲まれた特別な雰囲気を(テレビ画面からだけですが)楽しみたいものです。

 そんな中行われた今回のレースのポイントは「新旧トップチームの対決」です。新興勢力で今シーズンぶっちぎりのブラウンGPに対し、老舗中の老舗、フェラーリが復活の兆し。新旧対決はどういう結果になったのか? とても見応えのあるレースでした。

「すごく変な気分だ」:ジェンソン・バトン/ブラウンGP
 モナコではポールポジションからの優勝率が非常に高い、というのはよく知られた話です。今回のジェンソン・バトンもその定石通り、危なげないポールtoウィンをやってのけました。彼にとっては0.02秒差でライコネンからポールポジションをかすめ取った時点で、このレースは半分は取ったようなものだったのでしょう。スタート時に他チームと異なるオプションタイヤを履いていた、というリスクもありましたが、1コーナーさえクリアできれば、後続を押さえることは簡単だったはずです。燃料もたっぷり積んでいたし、今回のバトンにはスピードにも作戦にも全く死角がなく、完璧と言えるレースでした。

 レース終盤で「モナコで勝つ」ということを意識し始めたときのことを指して、彼は「すごく変な気分だ」と表現しています。モナコで勝つことのできるF1ドライバーにしか味わうことのできない「変な気分」とは、どんなものなのか?こればかりは、テレビ画面から知る由もありません。

「一つポジションを落としたのは初めてじゃない」:キミ・ライコネン/フェラーリ
 悪夢のようなシーズン序盤5戦を終えて、華麗に復活を遂げるはずだったフェラーリ。いや、事実レース内容を見れば劇的な復活を遂げたと言うべきでしょう。予選から2台揃って好調を見せ、特にライコネンはQ2とQ3で連続してスーパーラップをたたき出して、ほとんどポールポジションを手に入れたはず... だったのに。バトンとは逆にライコネンにとっては、この時点でレースを半分落としていたのかもしれません。

 スタートでもKERSを生かしてジャンプスタートを決めるどころか、汚れたグリッドに足を取られてバリチェロに前に行かれてしまう始末。レースペースは非常に良く、序盤はバリチェロについていけたのに。だからこそ、もし1コーナーで2位さえ死守していれば...?もしポールポジションを取れていれば...?
 挙げ句の果てには2回目のピットストップのミス。危うく3位の座までマッサに奪われるところでした。結果は悪くはないのに、思った通りのレースが全くできなかったことは、相当にフラストレーションとなったことでしょう。もう一つ何か歯車が噛み合えば、そう遠くない将来にフェラーリの本当の復活が見られるかもしれません。

「ほんのちょっとの差で上手くいかないレースだった」:中嶋一貴/ウィリアムズ
 マシンの戦闘力は上がったはずなのに、序盤戦であまりいい成績が残せていない中嶋一貴。モナコと言えば過去の日本人ドライバー達が皆苦手としていた難コースですが、彼はどちらかというとここを得意としているようです。今回のレースもQ3に残るなど好調を見せ、今シーズンの初ポイントが期待されました。しかし、レースではペースも良く、調子は良かったはずなのに、何かが少しずつ上手くいかず、結果ファイナルラップでのクラッシュ。ポジションこそ違えど、ライコネンと同じように何かが噛み合わずフラストレーションの溜まるレースだったようです。

 Q3で敢えて上位を狙わず重タンクでスタートしたのは、中嶋一貴向きの作戦だったと思いますが、第3スティントを極端に短くした変則作戦の目的がよく分かりません。ウィリアムズはロズベルグ含め、マシンの速さがあるのにポイントを取れていないのは、チームの作戦にも問題があるような気がします。

「バーレーンのポールはフロックだったのかと言われたくない」:ヤルノ・トゥルーリ/トヨタ
 モナコでの優勝経験もあり、このコースを得意としているトゥルーリをして、最後尾のグリッドしか取れないトヨタの情けなさ。失笑ものです。バーレーンGPはフロックどころか、ほとんどインチキだったことがバレてしまいました。大金かけての"F1ごっこ"はもうたくさんです。

---
 モナコは特殊なコースではありますが、むしろマシン、ドライバー、チームの本当の力が如実に表れるレースでもあります。ブラウンGPの強さ、フェラーリとマクラーレンの復活、ウィリアムズとレッドブルは今ひとつ力不足であること、BMW不調の深刻さ、そしてトヨタのダメさ加減。色々な真実が見えたレースでした。フォースインディアが速かったのは... ビックリでしたけど(A^^;
 次戦は2週間後、トルコGPです。フェラーリとマクラーレンの"旧2強"はどこまでブラウンGPに迫れるでしょうか?