酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

飛行機

夜景 × 飛行機 × 流し撮り

京浜島で日没を迎えそろそろ帰ろうかと思っていたとき、ふと思いついてしまいました。このまま羽田空港まで行ってみようと。当然着いた頃には日が沈み、暗くなっているはず。前々から興味はあったものの手を出していなかった、夜の飛行機を撮るというお題を…

DA★60-250mmF4 ×1.4テレコンバーターで羽田空港に離着陸する飛行機を撮る

PENTAX Kマウントユーザー待望の初のAFテレコンバーターHD PENTAX-DA AF REAR CONVERTER 1.4X AWを発売日に手に入れ、その後その辺の小鳥などを少し撮ってみたりしていましたが、F1までにもう少し本格的に使ってみなくては、と言うことで羽田空港に出かけて…

さよならボーイング747

全日空のボーイング747が本日で退役しました。2年前にはすでに日本航空から退役しており、全日空も国際線から退役が進み、気がついたらわずかな数の機体が、国内線の一部路線に残っているだけとなっていました。そして今日、最後の1機が羽田−那覇線を最後に…

羽田空港を離陸する飛行機と東京湾の風景を撮る

K-3の慣熟撮影の2日目はどこに行こうかと考えたのですが、久々に飛行機でも撮ってみるかと思い立ち羽田空港へ。北寄りの風が吹くこの季節はB滑走路への着陸運用がされないので、城南島海浜公園はパスして第二ターミナルへ行ってみることにしました。空気の澄…

FLIGHT DECK TOKYOで空の旅に思いを馳せる

秋晴れの週末、羽田空港に出かけてきました。澄み渡った青空を見ているとどこかへフラッと飛んでいきたいなと思ってしまいます。しかし残念ながら旅に出るのではなく、ちょっと野暮用があって立ち寄っただけです。でもこの際だから展望デッキへ行ってひと遊…

さよならMD-90

日本航空のMD-90が昨日3月30日でラストフライトを迎えました。MD-90は旧JASが17年前に導入した機体ですが、そのルーツは1965年に開発されたDC-9であり、日本においては東亜国内航空が39年前に導入したDC-9-40までさかのぼります。 2011.8.15, JA005D / PENTA…

城南島の残照

先日のエントリー用に夕焼けやB787の写真を眺めていたところ、ふと思い立って久しぶりに城南島海浜公園に行ってきました。人工砂浜やキャンプ場、バーベキュー場などがあって、羽田空港のすぐそば。真冬の快晴の夕方なら、海と船と飛行機と夕焼け(と運が良…

DREAM LINER

久しぶりに城南島海浜公園へ出かけてきました。夏になって南風が吹くようになると、B滑走路への着陸運用が行われるようになり、写真が撮りやすくなります。そして今回のお目当ては昨年末に就航したボーイング787です。そう言えばまだじっくり実物を見てない…

羽田空港国際線ターミナル

一昨年の開業した羽田空港の新しい国際線ターミナルは、羽田発の海外便が大幅に増えて便利になったとともに、ターミナル自体が観光スポットとしても人気があるそうです。展望デッキからはA滑走路やB滑走路を見通せることもあって、写真撮影スポットとしても…

SIGMA 50-500mmで撮る飛行機(後編)

前編からの続きです。撮影場所は引き続き羽田空港周辺の城南島および京浜島ですが、今回は当たり前に飛行機をただ撮るのではなく、500mmという超望遠と10倍という高倍率ズームを生かしてちょっと遊んでみました。 PENTAX K-5, SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3, …

SIGMA 50-500mmで撮る飛行機(前編)

さて、みんぽすさん経由でSIGMAの50-500mmをお借りしたわけですが、やはり超望遠レンズを気楽に使える場所となると、私の場合慣れているのは羽田空港周辺。飛行機撮りにはこのレンズは威力を発揮するはず、ということで早速城南島海浜公園に出かけてきました…

さよならA300

2月末に「さよならジャンボ」というエントリーを書きましたが、そのB747に続きA300もまた、去る5月末に日本航空から退役しました。本来は3月中の引退が予定されていたのですが、東日本大震災の被災地支援のために、羽田から秋田、青森線など東北各地への路線…

銀残し

K-7に対するK-5のアップデート点は多岐に渡っていますが、その中の一つとしてカスタムイメージに「銀残し」という設定が追加されたことがあげられます。すごく重要な機能というわけではなく、どちらかというとおまけに近いのですが。 PENTAXのカスタムイメー…

K-5とK-xで撮る飛行機

K-5を手にしてから、桜とか菜の花とか藤とか、しっとりとした美しい動かないものを大口径の単焦点レンズばかりで撮っていましたが、激しく動くものをビシッとシャープに撮る練習もしなくてはということで、久しぶりに望遠レンズで飛行機を撮ってみました。場…

さよならジャンボ

"ジャンボ"ことボーイング747型機が日本航空で明日ラストフライトを迎えるそうです。日本航空の特設WEBページによると、明日の沖縄>成田便およびホノルル>成田便が最後になるそうです。 日本航空のB747は1970年に1号機が就航して以降、世代交代を重ねなが…

20年前の羽田空港

富士山定点観測に続き、発掘した20年前のフィルムシリーズです。当時、羽田空港にも時々写真を撮りに行っていたようで、懐かしい飛行機が写ったフィルムが何本かありました。当時の羽田空港は沖合展開する以前の古い空港で、昨年開業した新国際線ターミナル…

400mm試し撮り

先日手に入れたSIGMA APO120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSMと、先日戻ってきたばかりのK-7で、わずかな時間ですが試験撮影してみました。動作確認という意味とともに、いろいろ癖をつかむという目的があります。 まずはなんと言っても写りがどんなものかを知る必…

特別塗装機

レギュラーの塗装とは違う特別な塗装を施した旅客機は、今も昔もいろいろありますが、その中で登場以来一番気になっていたのがANAのモヒカンジェットです。決してすごく良いデザインだった、と思っているわけではないのですが、昔の全日空機の塗装を復刻した…

月と飛行機

最近マイブーム中の飛行機の写真です。我が家から城南島へは車で30分。良く晴れた休日、ふと思い立ってまた出かけてみました。何度も撮ってると同じような写真ばかりになって飽きてしまいますが、この日は、白い月がいい位置に出てきそうなことに気がつきま…

RWY22

羽田空港で現在主に使われているのは、南北に走るA滑走路とC滑走路です。この二本はターミナルビルを挟んで平行しており、風向きによって離着陸がどちらかに振り分けられています。これに対し、A滑走路の北側で交差するB滑走路は、強い西風が吹いたときに着…

DA★60-250mmF4EDで撮りヒコーキ

DA★60-250mmF4ED(IF) SDMで撮ってみました。スペック的には、望遠端は同じ焦点距離ですが、明るさが1段以上違います。また、SIGMAのレンズは光学手ぶれ補正内蔵でしたが、DA★はボディ内手ぶれ補正に頼ることになります。重さは400gほど増加。しかし、シャー…

K-7で撮りヒコーキ

鉄道好きで写真を撮る人のことを"撮り鉄"と最近は呼ぶらしいですが、K-7で動くものを撮る練習もかねて"撮り鉄"ならぬ"撮り飛行機"してみました。実はその昔、フィルム一眼レフで遊んでいた時代には、羽田空港に良く写真を撮りに行っていた少年時代の想い出が…