酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

このブログについて

 酔人日月抄は、Hi(id:hisway306) が趣味として書いているブログです。

 このブログで扱う話題は、カメラのレビュー、撮った写真の紹介、読書感想文、スキー滑走記および旅行記、飲み食いの記録、MacやPCなどのITガジェット、車についての雑記などです。

 基本的に自分の体験、一次情報で記事を書くよう心がけています。(今のところ)週に1〜2記事のペースを目標に更新しています。

 時事問題、ネットウォッチ関連、オピニオン、ポエム、仕事に関すること、家族に関することは基本的には書いていません。

 ブログは2005年から書き始めましたが、2010年より「はてなダイアリー」へ、2012年に「はてなブログ」へ移行しました。別ブログサービスで書いていた2010年以前の記事は、ごく一部のみ本ブログに移行していますが、大半は移行に失敗し消えてしまいました。

 また、ブログを書くことは趣味でやっているだけなので、製品レビューのご依頼、広告掲載のご依頼、および他サイトへの寄稿のご依頼などは、全て辞退させて頂いております。

Hi(id:hisway306)について

 東京生まれ東京育ちで、現在も東京都内で会社勤めをしている40代男性です。職業はWEB/IT系とは違う分野のエンジニアをしています。

 Hi と hisway306 は、行きがかり上ハンドルネームとIDネームに分かれてしまいましたが、特に意識して使い分けしていませんので、どちをお使い頂いても構いません。

 以下のSNSにもアカウントを持っております。

「酔人日月抄」ってなんて読むの?

 このブログのタイトルは「すいじん じつげつしょう」と読みます。アルファベットを使わずに日本語にしたいと思って、大好きな時代小説家である藤沢周平作の「用心棒日月抄」をもじってつけたものです。「酔人」とは「酒好き、酔っ払い」(=私)という表の意味に、「粋人」(→ 粋でカッコイイ人になりたい)を裏の意味としてかけたものです。

 要するに「酔っ払いの日記」と言う意味です。

製品レビューおよびモニター記事

 製品レビュー記事は、後述する「モノフェローズ」関連を除き、自分で購入し実際に使用した製品についてのみ書いています。内容は全て私個人の主観、感想です。

 2010〜2016年頃の記事の中には、東京カメラ部株式会社が運営していた「モノフェローズ」に参加し、モニター製品貸し出しを受けて書いたものがあります。関連する各記事には「みんぽす」のタグを付け、モニター商品を使用したレビューである旨の表示を行い、開示事項を必ず付記しております。

 これらのモニター対象製品は、私自身が興味を持ち、希望したもののみ取り上げており、依頼を受けて書いたものではありません。また全て無償でモニター製品は返却しています。さらに記事内容の査閲、校正なども一切受けておらず、全て私の主観で書いております。

 なおこの「モノフェローズ」のサービスはすでに終了しており、今後新規にモニター製品に関する記事を書くことはありません。

 また、前述したとおりメーカーまたは販売店、代理店などからたまに頂く、製品レビューのご依頼は、辞退させて頂いております。

広告およびアフィリエイト

 本ブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

 Amazonアソシエイトのリンクについては、記事内容に応じて私が選んだ関連商品のリンクを張っています。

 またGoogle Adsenseを通じた広告の配信も行っています。広告配信においては、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、Cookieを通じて当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細や情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてご確認ください。

 また前述したとおり、他のアフィリエイトプログラムへの参加、あるいは個別広告掲載のご依頼は、辞退させて頂いております。

アクセス解析

 本ブログは記事品質向上のため、Google Analysticsによるアクセス解析を行っております。その際、ファーストパーティCookieにより匿名のトラフィックデータを収集しています。また、Google Analyticsで得る情報は匿名であり、個人情報を特定することは一切ありません。

 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

権利および免責

 本ブログの文章および写真について、他の方の権利を侵害しないよう十分に注意しております。商品写真などは、基本的にAmazon アソシエイト・プログラムを通じて許諾されているものを使用しています。また他の方が権利を持つ文章等の引用を行う場合は、法に基づき一般に認知されているルールに従って行っております。

 私が自分で撮影した写真は主にFlickrにアップロードしておりますが、各写真の権利についてはFlickrにて設定してあるのでそちらを確認願います。また本文の文章については権利の記載はしていませんが、著作権は放棄しておりません。

 記載内容について、なるべく正確を期すように注意を払っておりますが、確認漏れ、思い違いなどが絶対ないとは言えません。またレビュー記事などにおける評価は公正中立な視点ではなく、私の個人的な好みで書いておりますので、その点もご了解ください。私が絶賛するカメラを買ってみたがロクでもないものだった!ということがあった場合、申し訳ないとは思いますが、それ以上の責任は負えません。

 本ブログへのリンク、シェア、言及、引用、Twitter書込みのリツイートなどは、インターネットの普遍的ポリシーに従い、許諾等は一切必要ありません。

お問い合わせなど

 記事内容、掲載写真についてのお問い合わせ、ご指摘、ご質問等ありましたら、お問い合わせフォームからメッセージをお送りいただくか、Twitterからメンション飛ばしてください。