酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

今夏の読書記録:偶然出会ったインターネットの記事をきっかけに興味を引かれて読んでみた本三冊

 久々の読書感想文です。今回取り上げた本は三冊ですが、全てに共通するのは、暇つぶしでうろついていたインターネット上でたまたま目にした記事で紹介されていた本であるという点です。というか、それらの記事は全てその本を紹介するため、著者自身が登場するの半ば広告のような記事だったのですが、いずれも読ませる内容となっていて、つい記事の末尾にあるアマゾンのリンクを踏んでしまうと言う、とてもよく出来たものでした。

 いずれも7月から8月にかけて読んでいたもので、本当は読み終わってからすでに1ヶ月近く経っているのですが... このエントリーを書くのにすごく時間がかかってしまいました。言いたいことはあるはずなのに、上手くまとめられそうになくてしばらく放置していたものです。

 特に最初に紹介する「はじめての沖縄」は難しいテーマでとても複雑な感想をもたらした本です。そして是非紹介したいという気持ちは強いのに、その伝えたいこと正確に文章に落とし込むのは非常に難しいことだと思います。そして結局上手くまとまったとは思いません。

 でも、せっかく書いた下書きものを捨ててしまうのももったいないので、誤読される可能性はそのまま飲み込んで、ここらで公開してしまうことにしました。

ウチナーンチュとナイチャーの間にある境界線と非対称性:はじめての沖縄/岸政彦

はじめての沖縄 (よりみちパン! セ)

はじめての沖縄 (よりみちパン! セ)

はじめて沖縄に出会い沖縄病になって、勝手なイメージを沖縄に当てはめ、押しつけていた20代。本書はそんな著者の、やむにやまれぬ思考が出発点になって書かれた、切実な「沖縄論」です。この本には、初めて沖縄に行く人のための基本的な情報、その歴史や文化、そして観光名所の解説はありません。社会学者として沖縄をテーマにし、沖縄の人びとの話を聞き取りながらも、「ナイチャー」である自身が「沖縄」について語りうる言葉を探し続けて右往左往するのはなぜなのでしょうか。芥川賞・三島賞候補になった著者が描く、個人的かつ普遍的な、沖縄への終わることのない旅。著者による写真も多数収録。

続きを読む

ニコンD500に組み合わせる200mm以下のレンズ選び:タムロン16-300mm F3.5-6.3 Di II VC PZ MACROを手に入れる

 色々な経緯があって、今年の6月にニコンD500を手に入れたわけですが、このカメラは動体専用という位置づけなため、最初に買ったレンズは超望遠ズームのAF-S Nikkor 200-500mm F5.6E ED VRでした。すでに飛行機撮影に何度か使ってみてだいたい期待通りの威力を発揮してくれているのですが、それにしてもD500に使えるレンズが200-500mmが一本しかないという状態は、あまりにも超望遠に偏りすぎています。ワイド端が100mm相当くらいまであれば諦めもつくのですが、いくら飛行機を中心としたある程度の用途限定カメラ&レンズとは言え、もう少し短いレンズも必要かと思います。

 何しろKマウントと違って、現行レンズが山ほどあるFマウントのことですから、単に200mm以下のレンジをカバーするズーム、という条件を設定するだけでも、選択肢が色々ありすぎてなかなか決められずにいました。しかしそろそろF1日本GPも目前に迫ってきましたし、色々割り切って決断することにしました。

f:id:hisway306:20180910221018j:plain
 手に入れたのはタムロン製の超高倍率ズーム、16-300mm F3.5-6.3 Di II VC PZ MACRO(Model B016)です。フルサイズ換算で24mm相当からスタートする18.8倍ズーム。テレ端は200mmに留まらず300mmまでカバーしており、だいたいのことはこれ一般で済んでしまいそうな超便利ズームレンズです。この手の無茶なレンジを持った高倍率ズームこそ、メジャーマウント&サードパーティ製レンズの醍醐味でもあります。

続きを読む

QNAP製のNAS TS-231+でRAID1を構成しているHDDにエラーが発生したので交換してみる

 初めてのNASとしてQNAP製のTS-231+を導入したのは今から約2年前の2016年秋のことでした。TS-231+は家庭向けの2ベイNASボックスで、これにWestern Digital REDシリーズの8TB HDDを2台入れてRAID1を構成して使っていました。

 主に日々増え続けていく撮影済み写真データの倉庫としているのですが、先日になって久しぶりに管理画面にログインしてみると、2台のHDDのうち1台に異常が発生しているという警告が表示されていました。どうやら不良セクタに関するSMARTエラーが発生しているようです。

 何かあった場合にはWarningメールを送信するように設定をしてあるのですが、なぜかこのSMARTエラーに関してはメールが送られてこなかったので、いつ頃から調子悪かったのかは不明です。危ない危ない...

 幸いにも、HDDの状況としては故障というほど致命的ではないようですし、そもそもRAID1を構成しているもう1台のHDDは問題なく生きているので、データーをすぐに失う心配はありません。

f:id:hisway306:20180901184256j:plain
 でも悪化していくのは時間の問題でしょうし、なるべく早く対処するに越したことはないと言うことで、エラーが発生しているHDDドライブを交換することにしました。

 もちろんNASというかRAIDを構成しているディスクの交換作業も初めてのことです。ドキドキします(A^^;

続きを読む

ニコンファンミーティング2018で新しいフルサイズ・ミラーレスカメラ「Z 7」を体験してみる

 7月下旬に始まったディーザー広告で予告されていたニコンの新しいミラーレスカメラが8月23日に発表されました。実に60年以上の歴史をもつ伝統のFマウントに代わり、これからの時代のフルサイズ・ミラーレス機に最適化された新マウントを採用したZシリーズです。プレス向け発表会の模様はネット中継するという力の入れようで、ニコンの社運を賭けた意気込みが伝わってきました。

 そんな力の入った新製品発表から間もない先の週末、東京の渋谷で「ニコンファンミーティング 2018」なるイベントが行われました。もちろんこれも事前にアナウンスされていたもので、事実上一般消費者向けへの「Zシリーズ」発表お披露目会です。今回の東京を皮切りに、今後11月にかけて全国の主要都市でも開催される予定となっています。

 さて、ニコン自身の力の入れように対し、ネット上のカメラクラスタはこのZシリーズを巡ってザワザワとしていました。そして私の観測範囲ではなぜか今回発表された「Z 7」と「Z 6」およびニッコール Zレンズとロードマップなどに関し、なんとなく否定的な論調の意見が多く感じられ「ニコンはかけられる期待値が高くて大変だな」と他人事のような態度を取っていました。

 でも実は心の奥底ではちょっと動揺していました。これすごいストライクなカメラだったらどうしよう?と。そう遠くないうちに店頭に並ぶはずですが、店頭で心を打ち抜かれるのは非常にまずいです。そして逆に周囲のネガティブな意見の通り、実物に触れて「こんなのダメ」と納得出来れば楽かもしれません。カメラは理屈(だけ)ではなく、ファインダーを覗いてシャッターを切った感触が好みに合うかどうかとても重要と思っています。

DSC_5467.jpg
 ということで、ニコンちゃんに相談しに... じゃなくて自分の手でZシリーズを触って確かめてみるために、ちょっとニコンファンミーティングに潜入してみることにしました。

 私はペンタックスを使うようになる前はフィルム時代からずっとニコンを使っていた過去があります。それにニコワンも使っていたし今はD500がある! ニコンファンを自称する資格はあるはずです(A^^;

続きを読む

ヤキニクの日2018 当日はいつもの「ビリエット」で「アンチエイジングビーフの塩釜ロースト」を食べてお祝いする

 神戸のめくるめく焼肉ツアーは週末で終了してしまいましたが、やはりヤキニクの日当日である8月29日も何かお祝いしなくては!ということで、やっぱり夜はお肉を食べに行くことにしました。と言っても、超絶に美味しい焼肉をお腹いっぱいになるまで食べてきたばかりだし焼肉はしばらく要らないかも... と言う気分なこともあって、ならばここはやはり毎月29日恒例となっている小岩のトラットリア「ビリエット」を外すわけにいきません。

 ビリエットでは毎月29日に肉の日スペシャルメニューを用意しているのですが、今月は「アンチエイジングビーフの塩釜ロースト」とのこと。うむ、いわゆるジャンルとしての「焼肉」じゃないけど、焼いた肉に変わりはありません。しかも超絶美味しいのは間違いなくて、特別な肉の日にはふさわしい肉料理です。しかも量を自分で1g単位で選べるとのことで、がっつり限界ギリギリまで食べることも出来そう。

P1030845.jpg
 もちろんお肉以外にも美味しいイタリアンを心ゆくまで味わうことができます。うん、こういうヤキニクの日もアリではないかと思います!

続きを読む

ヤキニクの日を祝う会2018 第2回目:元町の「くにきや」で正統派神戸牛焼肉を食べまくる

 前回からの続きです。ポッサムチプでの第1回に続き、翌日曜日には第2回のヤキニクの日を祝う会が開かれました。しかも開催時刻は午後12時。そうです、ランチとして焼肉を食べるのです。前日夜のめくるめくポッサムチプの宴会から、まだ12時間ちょっとしか経っていません。

 三宮のホテルを予約したとき、当然のように何も考えず朝食バイキング付きプランにしてしまったのですが、よく考えたらこの日程では朝食は不要でした。いや、朝ご飯なんか食べている余裕は(胃袋には)ありません!

 今年は観光は完全に諦め、少しでも体を休めるためにチェックアウトギリギリまでゴロゴロと朝寝をし、そして少しでもお腹を空かせるために、真夏の神戸の街を三宮から元町まで徒歩で移動します。

P1030729.jpg
 ということでやってきました「炭火焼肉 くにきや」さん。ここも毎年必ず訪れている神戸牛焼肉の名店です。

続きを読む

ヤキニクの日を祝う会2018 第1回目:兵庫のポッサムチプで近江牛&神戸牛の超贅沢焼肉を食べ尽くす!

 さて、もうこの記事を書くのは何回目でしょうか? 毎年毎年8月の末に神戸に通うようになって十余年。今年は記念日本番の8月29日(ヤキニクの日)が週ど真ん中の水曜日となってしまったのですが、主催の方が多くの人が遠方からも参加できるようにと、焼肉の日を目前に控えた土日にも宴会を設定してくれました。

 と言うことで、今年も焼肉の日を祝うために神戸まで行ってきました。せっかく関西に行くので例年は城廻りを中心に物見遊山がてら日程を組むのですが、今年はいろいろあって1泊2日で焼肉を食べるだけという強行軍の旅となってしまいました。

 でも良いのです。東京では食べられない美味しい焼肉を食べるためなら、飛行機に乗って出かけていくだけの価値は十分にあります!

P1030638.jpg
 初日は8月25日の土曜日、夕方6時から年に一度のおなじみとなった兵庫の「やきにく ポッサムチプ」で2018年ヤキニクの日を祝う第1回目の宴会が開かれました。

続きを読む

安達太良山に抱かれた堅固な山城 二本松城跡に会津戦争による激戦の面影を偲ぶ

 三ノ倉高原でたっぷりと「ひまわり」を楽しんだあと、勝手知ったる裏磐梯エリアを走り抜け、安達太良山の脇を通り抜けて二本松市へやってきました。時折休憩しながらの夏の裏磐梯ドライブは、車窓から景色を眺めているだけでもとても気持ちの良いルートです。

 時刻はお昼過ぎ。裏磐梯は時折雨が降っていましたが、東へ移動するにしたがって空は晴れてきました。気温は相変わらず低く、青空の高さもまるで秋のよう。この爽やかな気候と景色は夏バテ解消には何よりの薬です。

 さて二本松へやってきたのは、そもそもこの日に漠然と予定していた当初の目的を完遂するためです。日本百名城の一つ、二本松城を見物しスタンプをゲットするためです。

K1M24848.jpg
 二本松城は会津戦争緒戦の激戦地です。もともとは中世に築かれた古い山城で、その後改修を繰り返し太平の江戸時代を過ごし、幕末に激しい戦場となった末にその生涯を閉じました。500年以上にわたる兵どもの歴史の面影を辿りながら、山頂の天守台へ向けて小さな山登りをしてきました。

続きを読む

会津盆地を望む三ノ倉高原スキー場に広がる見事なひまわり畑を見てきた

 このお盆休み中は体調不良で一度は予定(と言っても大したものはなかったのですが)をすべてキャンセルしたものの、後半になって涼しくなってきたところで、少し元気が回復してきたので、ちょっと出かけてみることにしました。

 早朝に車に乗って東京を出発し、一路東北道を北に向かいます。あまり細かいことは考えていなかったのですが、当初の予定では二本松城で百名城スタンプを押して(もちろん城跡の見物もして)、安達太良山にロープウェイを使って登って景色を眺める程度のことを考えていました。

 しかし途中のサービスエリアで休憩しているときに、ふと福島県内の名所をスマホで検索していると、素晴らしいひまわり畑の写真を見つけてしまいました。何これ行ってみたい! ...ということで、急遽予定を変更することにしました。

K1M24674.jpg

 その素晴らしいひまわり畑があるのは喜多方市。目指していた二本松より磐梯山を越えた向こう側と言うことでかなり遠いです。しかしどうせ気軽に出かけた旅ですし、まだ朝早い時間ですから行ってしまうことにしましょう!

続きを読む

約3年ぶりに訪れた堀切菖蒲園の「よつは」の焼鳥はやっぱり最高だった

 一時期は気に入って毎月あるいは毎週のように通っていたお店でも、あるときからふとしたことで行かなくなってしまうことがあります。遠くはないけど交通の便がちょっと悪かったり、他に面白いお店を見つけてしまったとか、たまたま3ヶ月くらい間が開いたら何となく行きづらくなってしまったとか、わりとどうでも良い理由のことが多いです。

 京成本線の堀切菖蒲園駅から徒歩1分にある「焼鳥 よつは」も私にとってはそんなお店のひとつでした。7年前に発見して、それから4年くらいはなんだかんだでよく通っていたのですが、特に理由も無くここ3年くらいご無沙汰していました。

 そしてこの夏、あまりの暑さに例年にはないくらいの夏バテに苦しんでいたのですが、美味しいものを食べて元気をつけようと言う程度に回復してきたある日、このお店のことを思い出しました。コッテリ焼肉でもさっぱりお寿司でもがっつりイタリアンでもなく、その間を行く焼鳥が良いのではないか思いつき、ならば久々に「よつは」にでも行ってみようと言うことになりました。

P1030414.jpg
 美味しい焼鳥店なら東京にいくらでもある... と思っていましたが、久々に食べた「よつは」の焼鳥は絶品でした。そうだ、これが大好きでこのお店には通ってたんだっけ、ということを思い出しました。

続きを読む