酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

Peak Designの無償アップデートに申し込んでいたV4アンカーが届いたのでさっそく交換してみる

 約1ヶ月前のニュースになりますが、Peak Designが突然アンカーを新モデルのV4へアップデートすることを発表しました。昨年夏に第3世代のV3にモデルチェンジしたばかりで、1年足らずでのアップデートは早すぎるばかりか、アンカー以外にストラップやキャプチャーなどの本体に変更はないという変則的な内容となっていました。

 と言うのも、どうやらV3のアンカーに一部のカメラとの相性問題があったと言うことで、言ってみれば「リコール改修」的な位置づけの、緊急措置としてモデルチェンジすることになったようです。しかもただ単に新モデルを発売したのではなく、なんとV3アンカーを使っているユーザーに対して、全てのアンカーを無償でV4アンカーに交換するというプログラムまで発表されました。

 私は昨年Kick Starter経由で出資してSLIDE V3を入手したこともあり、Peak Designから直接英文のメールが届いたので、そのまま内容に従って交換の申し込みをしてみました。申し込み内容は住所と名前の記入に加えて持っているV3アンカーの数を記入するだけ。本人確認もV3アンカーを先に返送しろとも言われず、あっさりと「準備でき次第V4アンカーを指定の住所に送るね!」というメッセージが返ってきただけで申し込みは完了してしまいました。

 いや、アンカーはモノとしては小さなものですが、Peak Designは有名になってきたとは言えまだベンチャーと言っていい規模の会社ですから、こんな世界規模の製品無償交換に耐えられるのか?と半信半疑でした。

KONE2957
 でも6月下旬になって、香港から郵便で本当に送られてきました。ということで、新しいV4アンカーはV3アンカーとどう違うのか、さっそく確認してみましょう。

続きを読む

三軒茶屋の「湖南菜 香辣里」で激辛中華と自然派ワインのマリアージュを楽しむ

 暑くなってくるとすぐに夏バテしてしまうほうなのですが、今年もさっそく連日の暑さに全身の怠さと頭痛に見舞われ、何事にもやる気がおきないなど(え?それは別の問題?)夏バテ症状に悩まされています。元気になる食べ物と言えば色々ありますが、定番なのが辛い料理。汗を掻く夏だからこそ人気があったりするわけで、実際何となく食欲がなくても辛いものは食べてみたくなります。

 ということで、珍しく東京の西の方に住む友人に誘われて、激辛中華として密かに人気が出てきた湖南料理を食べに行くことにしました。場所は完全アウェイの地、三軒茶屋です。恐らく三軒茶屋駅に降り立つのは人生初だと思います。何となく東急線沿線というと小洒落たオシャレな町というイメージがありますが、どんなところなのでしょう?

 さて、湖南料理と言えばそんな遠くまで行かなくても、地元錦糸町になかなか良いお店があったりするのですが、今回連れて行ってもらった「湖南菜 香辣里」というお店では、辛い湖南料理になんとワインを組み合わせて出してくれるという、ちょっと変わったマリアージュが楽しめるとのこと。

P1020884.jpg
 なにそれ美味しそう&面白そう。是非行ってみなくては!ということで、都心を横断して三軒茶屋まで遠征してきました。

続きを読む

毎月29日恒例「小岩ビリエット」で肉の日宴会!6月のスペシャル肉料理はTボーンステーキ!

 毎月恒例の肉の日報告です。もはや予約をしなくてもテーブルを空けておいてくれるようになった、小岩の絶品イタリアン「ビリエット」へ先月29日も行ってきました。

 毎月どんな肉料理が出てくるか楽しみなのですが、今月のスペシャル肉料理は「ブラックアンガス牛のTボーンステーキ」です。その名の通り、骨の断面がT字型になっていて、その周囲にヒレとサーロインがついた贅沢なステーキです。それをビリエットのシェフがタリアン風に美味しく焼き上げてくれます。

P1020765.jpg
 そしてビリエットではスペシャル肉料理だけでなく、前菜からパスタ、デザートに至るまであらゆる料理が超美味しいので、それらレギュラーメニューも楽しみで仕方ありません。とくにパスタは毎回選ぶのに苦労するくらい、いろいろ目移りしてしまいます。

続きを読む

群馬県にある神秘的なコバルトブルーの川と湖!「四万ブルー」の絶景を求めて日帰り写真撮影遠足に行く

 なんとも気の早いことに関東地方では7月を待つことなく梅雨が明けてしまいました。そんな梅雨明け直前のある日、前日まで降っていた雨は上がり、真夏を思わせるような快晴が広がっていたので、ちょっとドライブに出かけてみることにしました。色々と溜まっている行きたい場所リストを眺めていて、ふと目にとまったのが「四万ブルー」の文字。群馬県の四万温泉周辺には、北海道は美瑛の青い池に勝るとも劣らない、真っ青な湖と川があるそうです。

 とは言っても誰でも知っている超有名観光地でもないし、実物は大したことないんでしょ? と半信半疑だったのですが、我が家から日帰りドライブには距離的にもちょうど良い感じなので、PEUGEOT 308SW納車一周年記念のドライブがてら出かけてみることにしました。

 目指すは群馬県の中部。関越道を渋川伊香保ICで降りてJR吾妻線沿いに草津方面へ向かいます。中之条町で右にそれ、四万街道と呼ばれる山道を登っていった先に「四万ブルー」はありました。

K1M23133.jpg
 そしてそこには、看板に偽りのない本当に驚嘆すべき神秘的な真っ青な湖と滝、清流と温泉、そして巨大なダムと美しい山間の田園風景などなど、素晴らしい絶景に溢れていました。

続きを読む

雨上がりは飛行機撮影の絶好のチャンス! 成田空港近くのさくらの山で翼端渦を狙う

 飛行機の写真を撮るには晴れてる日を狙うことがほとんどだと思います。スカッと晴れた青空を背景に光を一杯に浴びて飛んでいく機体が一番美しいですから。でも写真的には少し背景に雲があった方が面白くなったりもするわけで、つまるところ空にカメラを向ける以上、光線状態や天候は飛行機撮影にとっては非常に重要なファクターを占めています。そういう意味では、雨の日は飛行機写真的にはオフシーズン... かと思えば実はそんなことはありません。

 飛行機写真の大家と言われる方々の素晴らしい作品を見ていると、やはり凡人には思いつかないようなシチュエーションで撮られたものが多く、中でも悪天候を逆手に取ったような作品は少なくありません。そう、雨こそ絶好の撮影チャンスであるわけです。とはいえ、私自身はやはり良く晴れた日にしか空港へは行ったことがありませんでいした。

DSC_1074-Edit.jpg
 先週の日曜日はちょうど朝まで降っていた激しい雨が上がり、午後には一機に晴れに転じるという予報が出ていました。せっかく手に入れたNikon D500で今までと同じような写真を撮っても面白くないと思い、敢えて雨の中クルマを成田に向けて走らせ、天気の変わり目を狙ってみることにしました。

続きを読む

動体撮影のために結局のところNikon D500とAF-S Nikkor 200-500mm F5.6を手に入れるに至った顚末

 これまでPENTAX機で頑張って飛行機やらF1やら動体を撮ってきました。AFや連写速度にいろいろ不安はあるものの、うまく工夫すればそこそこ使えるし、歩留まりが悪いなりに、偶然にもピタッと当たったときの絵はさすがPENTAX!と言えるものなので、なかなかやめられませんでした。もちろんそう言った使いこなし自体を楽しんでいた、と言う面もあります。

 でも... そろそろ飽きてきた(疲れてきた?)んですよね、PENTAX機で頑張るのに。もっと格好付けたこと言うなら「天井にぶち当たった」気がしています。いえ、カメラとしての能力はもっともっと引き出せる余地があることは分かっています。それこそ写真家の洲崎秀憲さんがKシリーズで撮った見事な飛行機の写真には驚嘆します。でも、さすがに凡庸なアマチュアがそのレベルに到達することは困難です。

 ならば、アマチュアとしては素直に道具に頼るしかありません。ですから飛行機やF1を撮るために大好きなPENTAX機にこだわるのはやめて、もっと動体撮影に特化したカメラを使ってみようと思うようになりました。やっぱり適材適所ですよね。

KONE2804.jpg
 ということで、その「適材」を手にするまでいろいろな紆余曲折があったのですが、最終的に行き着いたのはNikon D500です。APS-Cの動体スペシャルとしては今のところこれが一番間違いない... と思います(※個人の意見です)。

続きを読む

北海道の山々に思いを馳せて読んだ対照的な二冊 ほか最近読んだ本

 久々の読書感想エントリーです。ここ1年以上書いていませんでしたが、その間も本はずっと読んでいました。最近は時代小説以外も読むようにしていたのですが、久々にちょっと記録をつけておきたいな、と思える本に何冊か巡り会ったので、読書カテゴリーを復活させることにしました。以前のような長文ではなく、自分の読書記録として一言ずつ... と思って書き始めたら、結局以前同様の長文になってしまいました。まぁ、推敲に時間をかけて短くするのも手間なので、書いたままにしておこうと思います。

 さて、今回のテーマは「北海道の山」です。いえ、結果的にそうなっただけで、それを意識して選んだわけではありません。一冊はその素晴らしさが書かれており、もう一冊は怖さが書かれています。

ニセコパウダーヒストリー:ひらふスキー場発達史刊行委員会

ニセコパウダーヒストリー―ひらふスキー場リフト開業50年

ニセコパウダーヒストリー―ひらふスキー場リフト開業50年

  • 作者: ひらふスキー場発達史刊行委員会
  • 出版社/メーカー: ひらふスキー場発達史刊行委員会
  • 発売日: 2011/11
  • メディア: 単行本
  • クリック: 3回
  • この商品を含むブログを見る

レルヒ中佐がニセコにスキーを伝えて100年。そしてニセコにスキー場が出来て50年。ニセコのスキーの幕開けは、1912年にレルヒ中佐が、スキーを携えて倶知安にやって来たことに始まります。2011年12月のひらふスキー場開設50周年の節目に久米家、ニセコの歴史とレルヒ中佐をはじめとしたニセコにおけるスキーの先人達の足跡をたどります。

ニセコひらふ おもしろ歴史ブログ
続きを読む

開店前から行列必至!足立区鹿浜の「スタミナ苑」に3時間並んで絶品焼肉にありつく

 浅草で粋にさっぱりとした「どぜう鍋」を食べた翌日、やっぱり夏バテ防止には焼肉でスタミナをつけなくては!ということで、こってり脂とタンパク質たっぷりな焼肉を食べに行ってきました。目指すはその名も夏バテ防止にぴったりな「スタミナ苑」です。

 東京の端っこ、足立区は鹿浜の住宅街にありながら、焼肉好きの間では全国的に超有名店です。予約は一切取らないため、当日とにかくお店に押しかけるしかありません。なので人気のある週末には、開店前から行列ができます。

P1020678.jpg
 実はこの「スタミナ苑」に訪れるのは今回で2回目。前回もかなり並んだ記憶がありますが、今回はどんなものでしょうか? どんより曇り空で風が涼しい日曜日、午後4時半の開店に対し1時間は並ぶ覚悟で、午後3時半には鹿浜のお店の前に到着しました。

続きを読む

本格的な暑さを迎える前から夏バテ対策!浅草の「どぜう飯田屋」でスタミナをつける

 東京の名物と言えば色々ありますが、江戸の昔から続く下町の味覚として欠かせないのが「どぜう鍋」です。東京三大どぜう店の一角を占めていた江東区は高橋の「伊せ喜」が廃業してからずいぶん経ちますし、今となっては食べられるお店も限られている珍味の部類に入る料理です。

 そんな中、浅草の少し外れで合羽橋に近い「飯田屋」は、昔から変わらず営業している「どぜう鍋」専門店です。初夏から夏にかけてこの時期になるとなぜか食べたくなるという意味では鰻に近いような気もします。実際に栄養面で夏バテ防止に効果があるのかどうかは分かりませんが、少なくとも気分的な面での効果は絶大。スタミナがついてどんな酷暑も乗り切れるような気分になってきます。

 飯田屋に前回訪れたのは2年前。やはり梅雨真っ盛りの今ぐらいの季節でした。今年は5月と6月の気候が入れ替わってたんじゃないかというような状態ですが、ともかく私はすぐに夏バテしやすい体質なので、自覚症状が出る前に「どぜう鍋」を食べて対策をすることにしました。

P1020527.jpg
 さて、久しぶりの「どぜう鍋」を堪能しましょう!

続きを読む

PEUGEOT 308SW納車から早くも一年が経過!:12ヶ月点検整備内容とこの1年の振り返り

 タイトルの通りなのですが、まだ買ったばかりでピカピカの新車気分が抜けていないPEUGEOT 308SWが、気がついてみたらもうすぐ納車一年を迎えます。登録日は昨年6月のニクの日(=29日)で、納車は7月1日でした。

 まったくトラブルはなくて至って快調なのですが、この1年でそこそこ距離も走って「メンテナンスを受けろ」という警告(メーターパネルとMy PEUGEOTアプリ上に表示される)がしつこいことに加え、先月にちょうどリコールが発表されたこともあるので、ちょっと早いですが12ヶ月点検に出してきました。

K1M23019.jpg
 ということで、12ヶ月点検の結果と、この一年のPUEGEOTライフを簡単に振り返っておきたいと思います。

続きを読む