あっという間に読み終わる上質な娯楽時代小説:鼠、狸囃子に踊る/赤川次郎

鼠、狸囃子に踊る (角川文庫)

鼠、狸囃子に踊る (角川文庫)

女医・千草の下で働くお国は、お使いの帰り道に奇妙な光景に出くわした。林の奥の誰もいない場所で、お囃子が響いている。すぐさま“甘酒屋”の次郎吉に知らせるが、「番町の七不思議の一つ、『狸囃子』だぜ」と取り合ってもらえない。一方で、狸囃子の噂は、瓦版に載ったために江戸中の評判になる。仕方なく、様子を見に行くことにした次郎吉だったが、そこで囃子方の矢七の姿を見かけて…。大人気痛快時代小説、第7弾

続きを読む “あっという間に読み終わる上質な娯楽時代小説:鼠、狸囃子に踊る/赤川次郎”