PENTAX Q体験イベント:実写編

 開発秘話編に続いていよいよ実写体験です。涼しい会議室を出て、燦々と日光が降り注ぐ灼熱の屋上へ。そこにはモデルさんが二人もいらっしゃいました。しかし今回手にしているのはPENTAX Qと5本の交換レンズ。いくら”一眼”を名乗るレンズ交換式カメラとはいえ、小さなセンサーサイズから来る基本的な素性はコンパクト機に近いはず。しかもレンズも基本的に標準系のみ。望遠で目にピント合わせて背景ぼかして… というステレオタイプなポートレイトのイメージ写真を撮るのは難しそうです。どうやってこのカメラでモデルさんを撮るの?とあたふたしながら撮影開始です。

IMGP1150
PENTAX Q試作機, STANDARD ZOOM, 14.9mm, プログラムAUTO (1/1000sec, F5.0, ISO250, +0.3EV)

 お借りしたPENTAX Qは開発段階の試作機で、特にソフトウェアはまだまだ未完成なものです。Exifに記録された情報を見るとF/WバージョンはVer 0.3となっています。オートフォーカスやホワイトバランスや各種画像処理などなど、今後発売ギリギリまでいっそう煮詰められていくとのことです。
 そして、ここに貼った写真はアップロード先のFlickrにリンクしてありますが、撮って出しそのままのオリジナルではなく、イベント主催者の方でサイズが80%に縮小され、再サンプリングされていますので、その点はご注意ください。

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

続きを読む “PENTAX Q体験イベント:実写編”