読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

F2.8通しの誘惑に負けて HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR を手に入れる

カメラ DFA24-70mmF2.8ED SDM WR

 またもやレンズ買いました。最近はZEISSに手を出したり、LX買ってみたり、古いレンズとカメラをもらったり、機材が再び急激に増えつつあるところで、さらに追い討ちをかける感じですが、ちょっとしたストレスからの逃避です。ほとんど意識していないうちにポチッと注文ボタン押していました。

 しかも今回手に入れたのは「結局それ買うのかよ!」と自分でも突っ込みたくなる標準ズームDFA24-70mmF2.8です。出自や値段にいろいろと曰くつきのこのレンズですが、やはりK-1ユーザーとしては標準域をF2.8通しで使えるこのレンズを使ってみたくなります。

 それに、3月中にあちこち旅に出る予定がありまして、その際DFA28-105mmで行くのも良いのですが、やはり24mmというワイド端とF2.8という明るさと、ある程度の近接撮影距離が欲しくなるだろうな、と思っていたりして、それまでにこのレンズを手に入れるか、やはり28-105mmで通すか、悩みどころでした。

DSC_5289.jpg
 これで結局のところF2.8通しの「大三元」と言われる2本をコンプリートしてしまいました。

開封&外観確認

 発売から1年半以上が経過していてもはや目新しいレンズではありませんが、一応どんな感じか見ていきましょう。大口径の標準ズームを手にするのは人生で初めてですから

DSC_5281.jpg
 箱です。DFA15-30mmF2.8のが個は巨大でしたが、このレンズは思ったよりずっとコンパクトな箱に入っていました。中の梱包形態も段ボールの緩衝材が使われていて今までのPENTAXブランドとはちょっと違っているように思います。どうでも良いことと言えばどうでも良いのですが。

DSC_5282.jpg
 内容物はこんな感じ。レンズ本体に前後キャップ、フード、レンズポーチです。ポーチはS120-150ですのでDFA15-30mm などと同じものですよりも一回り小さいタイプです。綺麗に折りたたまれて入っていました。

DSC_5283.jpg
 さすがフルサイズ対応のF2.8通しズームとあって、前玉もかなり巨大なのですが、同時に後玉もデカいです。ちなみにフィルター径は82mmもあって、なんとDFA★70-200mmF2.8の77mmよりも大きいです。PLフィルターとか欲しいのですが、かなり値段が張りそう。

DSC_5285.jpg
 K-1に取り付けてみました。ボディのサイズ感に対してちょうど良い大きさです。やっぱりK-1の標準レンズはこれかな?と。

DSC_5286.jpg
 ズーミングで全長は変わるわけですが、70mmのテレ端でこんな感じ。ズーム倍率も控えめだしこんなものでしょう。ピント合わせはインナーフォーカスで、リング状の超音波モーター駆動です。

 ちなみにレンズ構成は12群17枚、非球面レンズが4枚、特殊ガラスレンズ3枚使用(なぜかタムロンとレンズ構成に関する表記が異なっている)しています。絞り羽根は9枚の円形絞りです。最短撮影距離は全域で38cmで最大撮影倍率は0.2倍。重量はなんと約800gという重量級です。

DSC_5284.jpg
 レンズ側にスイッチ類はなくて、唯一ズームリングのロックがあります。ズームリングはかなり重たいので、スカスカと勝手に伸びてくることはなさそうですが、ロックはあるに越したことありません。

 DFA15-30mm では本来のPENTAXレンズと逆回転仕様だったピントリングは、このレンズに関してはちゃんと順方向回転となっています。ピントリングの回転角はかなり浅くてMF向きではありません。かといってAF駆動も爆速と言うこともなく、その辺は良くPENTAX仕様に揃っています(^^;

DSC_5287.jpg
 と言うことで、K-1発売から約10ヶ月ほどかけてとうとうF2.8通しの3本を揃えてしまいました。こんなことなら年末にキャッシュバックが行われてる間に買えばよかったとやや後悔しています。薄々分かっていたんですけどね。これ買わないといけなくなるだろうな、と。

 ヨドバシなどの量販店ではまだ結構良いお値段がしますが、公式オンラインショップのアウトレットが、最低価格に近くてお買い得です。もちろん探せばもっと安いところはあるかも知れません。

スクリーンショット 2017-02-19 12.51.21.jpg
 最近更新していなかったロードマップ風所有レンズリストを更新したら、こんな状態になっていました。赤字の3本が最近追加したレンズです。かなり無駄が多い感じですが、まぁ良いでしょう。というか、今年からDFAの新しい単焦点レンズが出てくると思うのですが、その時になったらまた整理するなりなんなり考えたいと思います。

少しだけ撮ってみた


 早速ですが、K-1に取り付けて試し撮りに出かけてみました。

KONE1447.jpg
KONE1536.jpg
KONE1540.jpg
 近所で咲き始めた河津桜。雑然とした下町に忽然と現れる並木なので、全体を美味く撮ることができず、勢いテレ端で近寄ることになってしまいました。しかも絞り開放。我ながらなんとかの一つ覚えです。

 AF的にシビアな条件ですので、けっこう難しい条件でしたが、K-1になってからほとんどのレンズで、ピント精度で悩むということがなくなっていたところで、このレンズはやや気むずかしさを感じました。それに、開放はそもそもそれほど先鋭感はありません。F2.8という大口径ですから比較するのはアレですが、どんな条件でもカリカリに写りAFも安定しているDFA28-105mmと比べると、使いこなしは難しそう。

KONE1712.jpg
KONE1717.jpg
 もっと他の条件で... と思ったら、両方ともなぜか55mm。この焦点域は好きなんですよね。1枚目はお決まりの開放、2枚目はなぜか変な絞りに設定してしまいましたが特に意味はありません。1〜2mくらいの距離をとればピントも安定します。

KONE1723.jpg
KONE1847.jpg
 じゃぁワイド端は?というとこんな感じ。RAWで撮ってレンズプロファイルで補正してありますが、歪みはそれほど感じませんし、絞ってしまうと4隅までキリッと問題ありません。が、周辺減光はそこそこあって、大口径らしいです。これは場合によっては味として生かせそう。

 2枚目の色が嘘くさいのは、ホワイトバランスをCTEにしてマジックアワーの空を撮ったので、ブルーがいつも以上に強調されたせいです。Lightroomでスライダーをがーっと動かして作ったわけではありません。

KONE1749.jpg
 60mmでF5.6に絞っています。まぁ、難しい光線状態と微妙な空の色とか雲とか、普通に綺麗に写っているわけですが、ワイド端よりテレ端に行くに従って極端に出てくるのが四隅の急激な減光。これもレンズプロファイルで補正がかかっていますが、右上だけやけに減光しているのは、太陽が左にあって右の空は元々暗い... 以上のものがありそうです。よく見ると右下も急に落ち込んでますね。

 センサーシフト式の手ぶれ補正はイメージサークルの端っこに当たる可能性があるわけで、そのせいかもしれませんが、テレ端側はちょっと余裕がないな、と感じます。

まとめ


 いえ、まとめもないもないのですが、以上がファーストインプレッションです。

KONE1832.jpg
 これまでに手に入れてきたDFAレンズは、150-450mmも★70-200mmも、どちらも最初の印象は「まぁまぁだな」という、やや冷めたものでしたが、今では全面的に信頼して使っています。特に70-200mmF2.8は今では手放しに褒めるべき素晴らしい描写性能のレンズだと思っています。もう一本のDFA28-105mm は最初から素晴らしいレンズだ、と感じていました。決して期待していなかった、という訳ではないのに。

 今回のDFA24-70mmF2.8はどちらかと言うと前者のイメージで、AFがやや頼りない感じがしたり、F2.8とF4のシャープネスの差が気になったり、テレ側での極端な周辺光量落ちが気になったりしています。一方で大きさや重さなどは特に苦に感じず、K-1との組みあわせは重量級なりにバランスは良いと思います。

 あと、K-1のファインダーはF5.6くらいの暗いレンズとの相性が良くないので、明るいレンズはファインダーを覗いてるだけで写翌が沸いてきます。そんなこんなで、このレンズも70-200mm並に使い慣れてくると手放せない1本になることを願っています。とりあえずは冒頭にも書いた通り、3月の旅行で使い込んでみたいと思います。

PENTAX ズームレンズ HD PENTAX-D FA24-70mm F2.8ED SDM WR 21310

PENTAX ズームレンズ HD PENTAX-D FA24-70mm F2.8ED SDM WR 21310

最近買ったレンズ