酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

店名も新たにリニューアルした「焼鳥ふじわら」で比内地鶏を堪能する

 地元新小岩に以前からあった比内地鶏専門の焼き鳥店が、いつの間にか店名も変えてリニューアルしていました。場所は変わらず大将も女将も変わってはいません。そしてメニューも食材もほとんど同じ。でもどことなく店の雰囲気は変わり、本当の意味での知る人ぞ知る「隠れ家」的空間となっています。実はリニューアルしたのは数ヶ月前のことで、しばらくは看板も出さずに常連さん相手のみで試運転していたようです。

IMGP0289.jpg
 以前の店名は「鳥工房 地鶏屋」でした。以前からよく通っていたお店なのですが、久しぶりに行ってみました。焼肉ばかり食べていた身体と舌に、久しぶりに絶品焼き鳥が染み渡ります。

IMGP0291.jpg
 とりあえずの生ビールは普通のビールではなくてアウグスをいただきましょう。超美味い!

IMGP0292.jpg
 料理はいつもお任せと決まっています。最初に出てきた前菜盛り。目にも楽しめる小皿の数々です。これでもちろん一人前。

IMGP0293.jpg
 そして野菜盛り。このお店で出てくる野菜は全て生で、他では食べたことないようなものばかり。手前の黒いかけらは、一つがシシトウでもう一つはなんとニンジンでした。肉味噌かオリーブオイルか、もしくはお皿に一緒に載ってる岩塩にこすりつけて、さっぱり塩味で頂きます。焼酎が欲しくなる不思議な美味しさの野菜盛りです。

IMGP0294.jpg
 いよいよ串が始まりました。最初は炙り刺身串です。胸肉を表面だけあっさり焼いたもの。刺身風味で最初の一本に最適です。

 ちなみにお皿がしゃれてます。小石が載ったお皿は脂を適度に落とすためとか。石は焼かれているわけではありません。

IMGP0295.jpg
 そして定番の砂肝。コリコリした食感が堪りません。

IMGP0296.jpg
 次第にジューシーさが増してきて、次は熟成モモ肉。2個しか刺さっていませんが、大粒で食べ応えがあります。

IMGP0297.jpg
 ここで一休みと言うことで、山芋。ただ切って焼いただけのようでいて、ちょっと他では食べたことないような美味しさなのが不思議。

IMGP0298.jpg
 この辺になるとビールではなくて焼酎を飲むしかありません。焼酎は各銘柄揃っていてよりどりみどりです。

IMGP0300.jpg
 脂の塊がきました、ぼんじりです。ぼんじりってお店によって姿が違いますが、これは結構小粒に見えます。が、口に入れたときに広がるジューシーさはただ者ではありません。焼き場はもちろんモクモクでしたが、空調と寒気がしっかりしているのか、店内はクリーンなままです。

IMGP0301.jpg
 もう一回お休みと言うことで漬け物。

IMGP0302.jpg
 で、ラストスパートの始まり。まずはネギマ。ちゃんと皮でネギを巻き込んであって手が込んでいます。

IMGP0304.jpg
 そしてギンナンからの...

IMGP0306.jpg
 つくね! 卵は一人一個ずつで超贅沢に使えます。残った卵はすすってしまいましょう。しかし、焼き鳥はあまりご飯が欲しくなったりはしませんが、これはさすがに白米があればなぁ、と一瞬思ってしまいます。

IMGP0307.jpg
 再び野菜焼きが来ました。今度はシャキシャキのレンコンです。

IMGP0311.jpg
 コースの最後は大物、ふりそで。骨までしゃぶり尽くさないと勿体ない!

IMGP0314.jpg
 〆は鶏ガラスープのラーメン。上品なあっさり風味で胃に染み入ります。

 焼き鳥 ふじわら (【旧店名】鳥工房 地どりや)
 TEL:03-3655-8123
 東京都江戸川区松島3-15-13
 営業時間:17:30~23:00(L.O.22:00)※売り切れ次第閉店
 定休日 :月曜日(その他畑・蔵や生産者に会いに行く時など突然お休みします。)