読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

新小岩の「うちだ」で特厚とんかつと煮込みハンバーグを堪能する肉ランチ

 連休明けの一週間を何とか切り抜けて、また週末がやってきました。この週末はK-1で写真を撮りに行くのはちょっとお休みして、昼間からお肉を美味しい食べることにしました。近くに住んでいながら今までタイミングが合わずに要ったことがなかった「うちだ」へ。このお店は新小岩北口にある有名肉料理店です。

IMGP4676.jpg
 てっきりトンカツ屋さんだと思っていたのですが、どうやらそれだけではなく、ステーキやハンバーグも有名な肉料理レストランのようです。いずれにしても土曜日の昼間から満席御礼で大人気のお店です。

IMGP4661.jpg
 我々一行は予約済みで、開店直後の午前11時半に入店しました。そこそこ規模のある店内はあっという間に満席になりました。お通しはタマネギのサラダです。

IMGP4663.jpg
 まだお昼ですが土曜日ですしビールを頂いちゃいましょう!

IMGP4667.jpg
 まずはおつまみとして牛タン塩漬けを頂きました。でもちょっと思ってたのと違う... どうみても豚タンではないか?というのが我々一行の見立てです。でも湯気が出るほど暖かくて美味しかったです。

IMGP4668.jpg
 さて早速メインディッシュです。このお店の名物肉料理は色々あるのですが、まずは豚カツ。中でも一番ボリュームがある「特厚豚カツ」です。写真だと分かりづらいですが、本当に分厚いです。

IMGP4670.jpg
 切り口はこんな感じ。中心部はやや生です。これを特製のソースか、もしくは塩で頂きます。塩で食べる豚カツが超美味いです。

IMGP4672.jpg
 そしてもう一品は「煮込みハンバーグ」。どの辺が煮込んであるのか分かりませんが、それはともかくすごいボリューム。

IMGP4673.jpg
 豚肉と和牛の挽肉をミックスした特製品で、肉汁の旨味がすごいです。そして、ほろほろと崩れるほどの柔らかさ。でもちゃんと中心部まで均一に火が通っています。

 当初は全員で「特厚豚カツ」を食べるつもりだったのですが、お店のおじさんの強い勧めで「煮込みハンバーグ」と「特厚豚カツ」を半分ずつ頼んでシェアすることにしました。

IMGP4675.jpg
 ちなみにメインディッシュにはご飯とシジミの味噌汁が付いてきます。豚カツには合いますが、ハンバーグに赤味噌の味噌汁は不思議な食べ合わせになりますね。

IMGP4674.jpg
 さらに煮込みハンバーグにはパンが一切れついてきます。最後にソースを浚って食べるようにとの指示。なんだったらご飯と味噌汁なしでパンだけもっとくれたら良いのに。

 最後にデザートといてレモンシャーベットが出てきました。するとお店のおじさん、おもむろに焼酎の瓶を取り出してきて、シャーベットの上にキャップ一杯の焼酎をかけていきます。どんな味がするやらと恐る恐る食べてみるとこれが美味い!アルコールはほとんど感じることなく、まるでラムネのようなさわやかさだけが後味に残りました。何とも不思議なデザートで、うっかり写真を撮るのを忘れてしまいました。

IMGP4657.jpg
 ということで、贅沢なお昼ご飯でした。次はステーキと食べに訪れたいと思います。

IMG_6975
 実はそのまま終わらなくて、結局三軒ハシゴしてしまったんですけどね。しかも行く店でわざと豚カツを頼んでみたり。これは普通の居酒屋の普通の豚カツ。こういうジャンクなやつも美味いです!