読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

散歩道のソメイヨシノはいまだ咲かず

写真 散歩 PENTAX K-3 II DA★55mm F1.4 SDM

 本日3月21日に靖国神社にある標準木が開花したと言うことで、東京地方で桜の開花が発表されました。午前中はどん曇でしたが、お昼を過ぎて晴れてきたので、大横川沿いの桜並木の様子を見に行ってきました。

K3II2858.jpg
 ほころびはじめている木があるかと期待していたのですが、結論から言うと、私が歩いた範囲内ではまだ一輪も咲いていませんでした。東京東部ローカルに限定すると開花はまだのようです。

K3II2879.jpg
 蕾はかなり膨らんできていますが、まだピンク色が見えるところまで行ってません。ソメイヨシノは開きはじめるとあっというまに満開になったりすることもありますが、この様子だとまだ数日暖かい日が必要かと思います。

K3II2853.jpg
 綺麗な青空が広がっていましたが、桜の木の下から空を見上げてもまだ枯れ木の状態。満開になったら綺麗だろうなぁ。

K3II2849.jpg
 川面に張り出した枝先の蕾は一層固そう。川風に吹かれたりして少し開花が遅いのかも。

K3II2848.jpg
 あ、あれはもうすぐ咲くかも! 並木道を1kmくらい散歩した中で最も開花に近いのがこれでした。

K3II2860.jpg
 こっちもなかなか良いところまで来てます。やはり日当たりの良いところが早いですかね。

 今日も晴れたわりには気温が低くて春と言うには少し肌寒く感じました。これから時々寒い日が来るらしく、今年の桜はゆっくり開花して長持ちするんじゃないかと言われていますね。確か昨年はあっという間に咲いてあっという間に散っていったと記憶していますが、今年はたっぷりと楽しめそう。

 例年にない暖冬と言われたわりに桜の見頃は、そこそこ常識的な時期になりそうです。

K3II2837.jpg
K3II2873.jpg
 川面に反射する太陽のキラキラと桜の取り合わせは、毎年狙ってうまくいかないシーンです。少し練習してきました。

 これだけ強い光源があるとAFはそちらに引っ張られて、手前の枝にはピントが来ません。ライブビューも見てられないし、こうなると光学ファインダーが必須になります。一生懸命MFの練習をしました。意外に何とかなるものです(A^^;

PENTAX スターレンズ 望遠単焦点レンズ DA★55mmF1.4 SDM Kマウント APS-Cサイズ 21790

PENTAX スターレンズ 望遠単焦点レンズ DA★55mmF1.4 SDM Kマウント APS-Cサイズ 21790

 今回のレンズはこれ。大口径で良くボケる分、ファインダースクリーンを見ながらのMFもやりやすいです。もちろん、その分被写界深度も薄いんですけどね。MFは少し絞りたくなります。それにしても、こんな強烈な逆光でもコントラスト高くて本当に抜けが良いです。コーティングの優秀さを実感します。これをK-1で使うとどんな感じになるのか楽しみです。