読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

葛西臨海公園でサンセット・バーベキュー

日記

 葛西臨海水族園へ行ったのは実はついででして、本来の目的はこちらでした。長雨も収まり、季候も良くなってきてアウトドア日よりな日が増えてきましたが、日中はまだちょっと暑いです。が、夕方以降は急激に涼しくて気持ちの良い気温。外で風に吹かれながら肉を焼くのに最適です。

K3II6833.jpg
 ということで、シルバーウィーク初日の夕飯は、バーベキューとなりました。

 開宴は午後5時と少し早め。葛西臨海公園の中程にあるバーベキュー広場には、幾つものテントやタープが設置されています。バーベキューと言えば買い出しから始まる... のですが、面倒なので今回は全てお任せコースです。

K3II6819.jpg
 食材も全て準備済み。牛肉、豚肉、鶏肉、野菜などなど、ちょうど良い量がまんべんなく揃っています。さらに炭の火起こしも済んでいます。

K3II6817.jpg
 飲み物はすべて持ち込み。プラスチックカップにビールを注いで乾杯! 手前の泡が凸凹なやつは私のノンアルコールなビール風味飲料です。

K3II6821.jpg
 コンロも大型でステンレス製のしっかりしたやつでした。さっそく焼き始めましょう。まずはソーセージから。

K3II6825.jpg
 お次は海鮮の代表、エビです。頭も殻もそのまま食べられてしまいます。

K3II6826.jpg
 お次はベーコン。厚切りです。

K3II6831.jpg
 でもって、なんだか分からないけれども牛肉の塊。美味いです! が、味つげが全くされてないので、塩、胡椒、BBQソースなどでお好みの味付けをしながら頂きます。

K3II6839.jpg
 豚も美味しいですよね。適度な脂身が特に美味いです。

K3II6836.jpg
 会場はこんな感じ。多少の雨が降っても大丈夫なように大きなテントがあります。この季節、18時ともなるとかなり暗くなりますが、LEDのランタンを貸してくれますし、広場の隅っこには巨大な投光器が設置されています。実際はこの写真よりも薄暗く感じます。

K3II6842.jpg
 持ち込み食材は、焼き物でなければOK。ということで、石垣島からの珍味の差し入れで、豚レバーの燻製みたいなやつです。日本酒に猛烈に合いそうなおつまみ。私が飲んでいたのはオランジーナでしたが、全然そんなこと構わず美味しかったです。

K3II6843.jpg
 焼き物もどんどん続きます。骨付きの何か。一度湯通ししてあるらしく、焼いてるそばからボロボロ崩れていく柔らかいお肉でした。

K3II6845.jpg
 野菜忘れてた!ってことで、今更野菜を焼き始めました。

K3II6847.jpg
 バーベキュー広場からは、葛西臨海公園のシンボル、大観覧車も見えます。角度がイマイチですけど。

K3II6848.jpg
 最後は鶏肉。写真では裏返しになってますが、皮がジューシーです。

K3II6850.jpg
 でもって、バーベキューの〆と言えば焼きそばですよね。3時間あったはずですが、馬鹿話に花が咲きあっという間に過ぎてしまい、最後はやや慌ただしくなってしまいました。でも、しっかりと最後まで焼きそば頂きました。

 食材ごとお任せとなると、買いすぎたりして余ることがほとんど無いです。綺麗さっぱり全部食べ尽くしました。そして炭の始末なども全部お任せ(追加料金がかかります)。飲み物だけ持って行って、手ぶらで帰ってくる超お手軽バーベキューでした。