読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

浜離宮庭園のコスモスは最盛期まで少し早かった

 関東地方は今月に入ってからずっと長い長い雨の日々が続いた後、最後は台風の影響で記録的な大雨となりました。東京都心は幸いに大きな被害は免れ、その大雨が過ぎ去った先の週末から、ようやく青空が見られるようになり、気候はすっかり秋めいてきました。久しぶりに何もすることのない週末と言うこともあり、ならばこの季節はコスモスを探しに行かなくては!と、結局毎年訪れている近場の浜離宮庭園に散歩がてら出かけてみました。

K3II6567.jpg
 例年より少し早めではあるものの、今年は全般に少しずつ季節が早めに推移しているような気がしてますし、大丈夫かな?と思ったのですが、現地に着いてみればちょうどキバナコスモスが終わりかけ、普通のパステルカラーのコスモスはまだほとんど咲いていない、という狭間の時期に当たってしまいました。やはりもうしばらく先が見頃のようです。あるいは大雨の影響もあったのかも?と思わせるほど、花壇は元気がありませんでした。

K3II6502.jpg
 汐留の高層ビル街が見下ろすいつもの風景です。ただコスモスが咲いているのはごく一部。それもほとんどがキバナです。右奥の方はそれももう枯れかかっていて、また写真には写ってない一部は、まだつぼみも出ていない状態。いわゆる普通のコスモスが最盛期を迎えるのはまだ当分先に思えます。

K3II6565.jpg
K3II6481.jpg
K3II6551.jpg
 それでも一部には、キバナコスモスに混ざってピンク色のコスモスがちらほらと咲いていました。キバナコスモスよりもこっちの方が好きなんですよね。今回は一輪咲きばかり。群生してる姿が撮れなくて残念。

K3II6572.jpg
 コスモスと言えばローアングルで青空バックが定番ですよね。ワイドレンズでやってみました。わさわさ咲いてるのをイメージしていたのですが、これも一輪だけ。詫び寂って感じでもないですし(^^;

K3II6545.jpg
 良ーく見てると濃いオレンジのほかにレモン色のキバナコスモスもあります。普通のコスモスも薄いピンクから濃いピンクまでバラエティに富んでいます。

K3II6488.jpg
 一面のオレンジ色も悪くないんですけどね。コスモスの中では悪条件に強い品種なのか、わざわざここまで来なくても雑草に混じってそこら中に咲いてるので、なんかありがたみがないんですよね。

K3II6554.jpg
 なのでやっぱりこっちの方ばかり撮ってしまいます。

K3II6525.jpg
K3II6530.jpg
K3II6535.jpg
 さて、今回見つけた生き物は蝶です。蜂もたくさんいましたが、コスモスにはやはりこっちです。その中でも一番大きくて目立っていてかっこよかったのはやはり揚羽蝶。

K3II6538.jpgK3II6589.jpg
 他のもいました。上のはもしかしたら蛾の仲間? ひらひら飛び回っているので、飛んでる姿はちょっと無理。花に止まって蜜を吸うのも一瞬だったりするので、AF速度は重要です。それにしてもちょっとボケがうるさいですね。そんなにボケ味が悪いレンズではないはずなのですが。

IMG_5926.jpg
 今回はDA★55mmF1.4とHD DA16-85mmとDA★60-250mmを使いました。この3本があるとたいていのことは間に合います。DA★60-250mmは相変わらず素晴らしいですが、K-3 IIとの組み合わせでも、AFの立ち上がりがやはり一瞬遅いように思います(対D FA150-450mm比)。