酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

カメラを一台も買わなかった2014年を振り返る

 例年だと「今年もあっという間に過ぎ去り...」と書き始めるのが常なのですが、なぜか今年は「あっという間に過ぎ去った」気がしていません。むしろ「長かったなぁ」とさえ思います。理由は特に思い当たることがないのですが、それはもしかしたら、比較的穏やかで暇な一年だったからでしょうか。なのに今年のエントリー数は2013年に比べると約2割減です。反省しています。

 ということで、私にとっての2014年をこのブログに書いた記事の中から振り返っておきたいと思います。

買ったもの

 消費増税により個人消費が大幅に落ち込んでなかなか回復しない、というニュースは記憶に新しいところですが、本当にそうなの?と思うくらい私は今年も買い物をした記憶があります。でも!思い返してみると今年はカメラを買っていません!! そんなはずはないと思って、何度も確認したのですがやっぱり買っていないのです。そりゃ日本のGDPは落ち込むわけです。

 しかし、その代わりとレンズをたくさん買いました。数えてみると4本です。

 まずは待望のテレコンバーター。これをずっと待ち望んでいたので、喜び勇んで買いました。


 それからQマウントの超広角ズーム。発売から3ヶ月以上経ってようやく手を出しました。今ではQ7で一番稼働率の高いレンズです。高かったですが買って良かったです。


 それから今更ながらのDA★300mm。テレコンバーターを手に入れたことでむしろ欲しくなってしまったレンズです。これが神レンズと呼ばれる所以がよく分かりました。


 そして今年Kマウントで新発売された唯一のレンズ、HD DA16-85mm。なかなか使い勝手の良い標準ズームです。1ヶ月ほど集中的に使ったのですが、ワイド端開放で強い片ボケが見られるので、修理に出してしまいました。戻ってきたらまた本格的に使ってみる予定です。

 ...と、タイトルにまで力強く「今年はカメラを買ってない」と書いたばかりで、いきなり「看板に偽りあり」となってしまうのですが、年末も押し迫った時期に、実は広義の意味で「カメラ」は買ってしまいました。

IMGP4076.jpg
 これです。でもまだ1回も使ってないし、ブログにも書いてないので、これは気持ち的に今年の獲物ではないことにしています。年明けに改めてご報告する予定です。

 さて、カメラ関係以外で印象深い買い物と言えばiPad Airです。


 年明け間もない1月2日にアップルストアの初売りで、ギフトカードのおまけ付きというのに釣られて、そろそろタブレットも手にしてみるかと買ったもの。結果、今はもうこれ無しの生活は考えられないくらいになっています。2014年で一番良い買い物だったかもしれません。

借りたもの

 今年もみんぽすさんからいろいろなものを借りました。もちろんカメラ関係がほとんどです。今年は特に印象深い製品をお借りすることが多かったです。


 まずはFUJIFILM X-T1。Qマウント意外に本気で使うミラーレス機を買うならXマウントしかない、と思っていますが、今現在でベストな一台でしょう。「これでもまだOVFだが良いとか言ってるの?」と本気で詰め寄られた気がしました。


 それからSIGMAのレンズ、18-35mmF1.8です。「唯一無二」という言葉がこんなに似合うレンズは他にありません。K-3との組み合わせで、本当に素晴らしい描写性能を見せてくれました。K-3との相性も抜群です。


 それからFUJIFILM X30。なんだかんだでXシリーズはほとんど借りて使っています。レンズ一体型のXシリーズの中核機として、EVFファインダーを得たX30はつまらなくなった代わりに、実用性が抜群に上がりました。


 そしてなんと言っても今年一番の借り物と言えば、EOS 7D Mark IIでしょう。素晴らしい高速連写と高速AFを体験しました。


 それと同時にキヤノンからは満を持して発売した1インチセンサーの高級コンパクト機、PowerShot G7 Xも使わせてもらいました。X30と比べると、方向性は同じはずなのに、こんなにも個性の違うカメラに仕上がってるところがなかなか面白かったです。

買えなかったもの

 毎年総集編ではこのカテゴリで何か書いてるのですが... 今年は欲しいけど買えなかったと思うものがあまりないです。うーん、なんだろう?

PENTAX 超広角ズームレンズ DA12-24mmF4 ED AL[IF] Kマウント APS-Cサイズ 21577

PENTAX 超広角ズームレンズ DA12-24mmF4 ED AL[IF] Kマウント APS-Cサイズ 21577

 一つはこれかな? 最近超広角レンズが欲しいんですよね。前から思っていたのですが、じわじわと熱が高まってきました。HD DA16-85mmを手に入れたのもきっかけの一つだし、Qマウントの08 WIDW ZOOMの稼働率の高さからしても、買うべきなのではないか?と思っています。

 それからこれ。発表前のリークを見たときは、これはいよいよXマウントを買わなくてはならないかも、と思ったのですが、結局手が出せていません。昨年末にK-3買ったばかりでしたし、Kマウントが健在なうちはこの状態は変わらないかも。

 あとこれですね。発表されたときはクラッときましたが、すっかり円安になったおかげか、約2年前にLate 2012モデルを買ったときと比べると、ものすごく高くて、希望通りにBTOすると目の玉が飛び出る値段になったところで現実に引き戻され、事なきを得ています。

 夏場限定で発生する液晶の焼き付き問題を除いて、現在のiMac Late2012で特に不足はありません。しかし来夏あたりがまた危ないかも。

F1

 マシンレギュレーションが一新した今年のF1でしたが、勢力図ががらりと変わりとても楽しめました。今シーズンは全戦テレビ観戦できましたし、例年通り鈴鹿の日本GPは現地まで見に行きました。


 決勝日は久しぶりの悪天候で、残念な事故も起こったりしましたが、やっぱり現地観戦は素晴らしく楽しいです。写真も一杯撮りましたし。

 来年の日本GPは開催日がさらに早まって9月末になるようです。例年以上に暑さとの戦いになりそうです。それにホンダがワークスとして戻ってくるので、だいぶ盛り上がることでしょう。今から楽しみです。

 それからF1ではないのですが、初めて別カテゴリーのレースを見に行きました。

 WTCCです。EOS 7D Mark IIの動体追従能力を試す目的だったのですが、シトロエンにローブが乗ってるということもあって、レース自体にも興味がありました。F1とは違ってのどかな雰囲気の鈴鹿サーキットはとても居心地が良かったです。カメラのレビューはなくても、来年も行きたいなと思っています。

スキーと旅行とイベント

 もうすでに今年のスキーシーズンが始まっていますが、初滑りは年明けからの予定です。昨シーズンも良く滑りに行きました。最近は小まめに日帰りするのではなく、ほとんど泊まりで集中的に出かけるようになっています。

 アルツ磐梯や野沢温泉も素晴らしかったですが、なんと言っても昨シーズンのハイライトはニセコ。アンヌプリ山頂からのバックカントリーに初挑戦した体験は忘れられません。


 今シーズンもニセコに行ってくる予定です。ふかふかのディープパウダー再び!

 それ以外にあまり今年は旅行に出た記憶がないのですが、夏には2年ぶりに神戸焼肉の日ツアーに行ってきました。そのついでに姫路まで足を伸ばしたりして、短いながらもとても充実した旅でした。

 それから、日帰り旅でしたが、ゴールデンウィークに行ったタケノコ狩りも忘れがたいところです。

 自然の中で泥だらけになって遊んだのは何十年ぶりでしょう?とても良い運動になりました。

 あと忘れてはいけないのが夏に行われた富岡八幡宮の例大祭。このお祭り大好きなんですよね。


 水を被りながら写真を撮るのがこの上なく楽しいです。今回は写真の仕上がりにも結構満足しています。次はまた3年後、楽しみです。

写真

 このブログは今ではほとんど機材レビューおよび写真ブログとなっています。おかげで写真も良く撮りました。2013年は一時的にショット数が減ったのですが、今年は再び大幅増でおよそ3万カットほど撮りました。そのうち約2万カットがK-3によるもので、残りはK-30やQ7、あるいは上に書いた借り物のカメラによるものです。

 そしていつもやたらにブログに写真を貼ってるわけですが、それは一枚を選ぶのがとても苦手だから。でも昨年に引き続き、今年の一枚を選んでおきたいと思います。今年は比較的迷いなく決まりました。

K3PS7233.jpg
 これです。鈴鹿サーキットのヘアピンを立ち上がっていくレッドブルRB10/セバスチャン・ベッテルです。

 なぜこれが?と言われても上手く説明できません。とにかく私自身では気に入っています。本当に好きなものを撮るっていうのが、やはり一番満足感がありますね。

 一時期よりも減りましたが、食ネタもたくさん書きました。が、今年はほとんどが寿司と焼肉になってしまいました。


 寿司と言えば鮨処 舟です。今年はいったい何回通ったことでしょうか。↑このエントリー以外にも、たくさん舟のお寿司は紹介しました。また来年も美味しいお寿司を食べに行きたいと思います。


 焼肉は地元で食べるのもいいですが、神戸で食べる焼肉はまた格別です。


 しかもイタリアンも素晴らしいお店があるというのですから、神戸恐るべし。また来夏も是非食い倒れに行きたいと思います。

 ところで、お酒の量はここ2年でがくっと減らしたのですが、依然としてあまり調子が良くないことが年末に判明したので、来年は本腰を入れて禁酒をしたいと思います。愛煙家の禁煙宣言みたいで「いったい何回目?」と思われるかもしれませんが、今度は本気です。2015年はアルコールフリー!が目標です。

読書

 読書感想文もこのブログの重要なカテゴリなのですが... 今年は反省しなくてはなりません。大幅に読書量が減ってしまったのです。原因は分かっているので、何とか来年は改善したいと思っています。今年の読書カテゴリーのエントリー数はたったの16冊でした。

 それでもその中から印象に残った一冊を選び出すとしたら、これです。


 やっぱり藤沢周平はイイ! まだ未読の作品がたくさんあるはずなので、読み尽くしてみたいと思っています。

 ちなみに、このブログの名前は藤沢周平の有名な作品「用心棒日月抄」からとったことを思い出しました。初心に戻って来年はたくさん時代小説を読みたいと思います。

 ということで、以上で2014年の締めくくりとしたいと思います。来年もマイペースでやっていきますのでよろしくお願いいたします。