読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

飛行機と東京スカイツリーと夕焼け

 鉄分補給に羽田空港に行ってきました。羽田空港は何気に久しぶりで1年ぶりくらいかも。冬は北風運用でB滑走路が使われなくなるので城南島海浜公園はイマイチ。ということで鉄板のターミナルビル展望デッキへ。飛行機はボケーッと見てるだけでも暇つぶしになって良いです。旅に出たくなりますね。

K3PS1510.jpg
 もう何度も来たことのある羽田空港ですが、今回はテーマを持って写真を撮ることにしました。ひとつは東京スカイツリーに絡めること。いや、これまで何度も挑戦してますが、今ひとつ納得がいく仕上がりになりません。もう一つは夕焼けと絡めること。羽田空港は都内の富士山絶景スポットのひとつ。できれば富士山を絡めたい!と、この二つを目標としました。

 カメラはPENTAX K-3にバッテリーグリップつき、レンズはDA★60-250mmとDA★300mmにHD 1.4xテレコンです。富士山絡みもきっと60mmで足りるはずという見積もりのもと、ワイド側はすっぱり諦めました。

第二ターミナルから東京スカイツリーを眺める

 まずは午後撮影の定番、主にANAが発着する第二ターミナルへ。ここの展望デッキは横に広く、C滑走路がよく見えます。北風運用が多いこの季節は南からの着陸および北に向けての離陸で使用され、離陸機が東京スカイツリーを掠めて行きます。

K3PS0753.jpg
 はい、こんな感じです。B777は国内線仕様でも比較的のんびりと上がっていくので、撮影場所にもよりますが綺麗に東京スカイツリーを横切ってくれます。

K3PS0869.jpg
 国際線の飛行機もやってきました。中国国際航空のA330-200は北京行きでしょうか。これもB777とほとんど同じような経路で上がっていきます。

 ですが、上の2枚のカットも含め、この日はやたらに空気が揺らいでいてC滑走路上を飛び立っていく機体はいずれも陽炎に霞んだようになってしまいました。スカイツリー方面はその手前に駐機していた機体のAPU排気による影響かもしれません。残念...。

K3PS0902.jpg
 なお、B767は離陸性能が非常に高いのか、あっという間に上昇してしまい、東京スカイツリーの遙か上空を行ってしまいます。

K3PS0918.jpg
 もっと小さいB737はと言えば、これはちゃんとスカイツリーを掠めたり。もちろん離陸滑走開始の位置が時と場合によって違っているせいもあるでしょう。

K3PS0979.jpg
 最後に現在日本国内線を飛ぶ機体の中で最大のB777-300。びびってDA★300mmからDA★60-250mmに付け替え、少し引き気味で撮ってしまいました。これなら300mmでもいけたかも(^^;

第二ターミナルその他

 東京スカイツリーはこのくらいにして、第二ターミナルで撮ったそれ以外の写真も貼っておきます。
K3PS0821.jpg
 羽田空港は地上の風景も面白いです。B777が2機揃って出発。手前のスターアライアンス塗装機はD滑走路へ。奥の通常塗装機はこのあとC滑走路から離陸していきました。

K3PS0758.jpg
 天気が良くて東京湾もクッキリ。地表付近のモヤも薄めでコンディションはまずまずでした。それだけに空気の揺らぎが惜しい...。

K3PS0789.jpg
 離着陸機だけでなく、近くに駐機している機体は超どアップが可能で面白いです。

K3PS0808.jpg
 さて、また一機出発していきました。そろそろ日暮れが近づいています。次の現場へ移動しましょう。

第一ターミナルから夕暮れ

 ターミナル間の無料連絡バスに乗って、主にJALが使用する第一ターミナルへやってきました。実はここで写真を撮るのははじめてです。午後は逆光になるので撮影に向かないって思い込んでいたんですよね。でも、それを逆手に取ると面白い写真が撮れるかも!ということでやってきました。

K3PS1052.jpg
 第一ターミナルの西には国際線ターミナルがあります。羽田が本格的に再国際化されて、便利になったと同時に海外の飛行機も見られて良かったです。手前がシンガポール航空のB777-200、奥はキャセイパシフィックのB777-300。機種にももっとバリエーションがあると良いのですが、国際線はB777が主力です。

K3PS1086.jpg
 そんな中で異彩を放つのがルフトハンザ。今秋からレア機を羽田に就航させました。それがこのB747-8iです。日本からは今年退役したB747の最新型。ほとんどが貨物機ですがルフトハンザは旅客型を導入しています。

K3PS1106.jpg
 A380とはいわないので日本の航空会社もB747-8くらいの大型機を飛ばせば良いのに、って思います。

K3PS1205.jpg
 A滑走路は南からの着陸運用のみ。この時期は離陸では使われません。南の海の方からスカイマークのA330-300がやってきました。しかしスカイマークはどうなってしまうのでしょうか? A380はおろかこのA330の導入もかなりの負担になっているという話です。ちなみにこっち側も空気が揺らいでいます。空気は澄んでいて視界は良いのに。

K3PS1156.jpg
 この時間帯、全体的に黄金色に輝いていて綺麗です。逆光も悪くありません。

K3PS1289.jpg
 さて、だいぶ日が暮れてきたのですが...

K3PS1330.jpg
 残念ながら西の空低いところには雲がかかっています。特に富士山のまわり。一瞬山頂付近が顔を覗かせたのですが、このまままた消えてしまいました。これからが良い時間帯なのですが、残念ながら結局このあとも富士山は姿を見せず。「飛行機と富士山」の撮影は未遂に終わりました。残念!

K3PS1428.jpg
 その代わり、国際線ターミナルの向こうに真っ赤な太陽が沈んでいきます。ホワイトバランスをCTEにしたのですが、空の具合が妙な感じになってしまいました。RAWで撮っておけば良かった...

K3PS1490.jpg
 そして雲があったおかげで、空の表情が楽しめました。普通に綺麗な夕焼けです。

K3PS1514.jpg
 残念ながら富士山のシルエットを見ることはできませんでしたが、それはまた次回挑戦したいと思います。ということで、少し居残りしていきましょう。

第一ターミナルからの夜景

 日が沈んだ後はマジックアワーを経て本格的な夜景へ。冬至を過ぎたばかりでまだ時刻は5時頃です。空港の夜景は今年になってから何度も撮りましたが、あまりにも難しすぎますが、また懲りずに挑戦してみました。

K3PS1574.jpg
 1/6秒流し撮り! そこそこ止まったのに惜しいところで機首が欠けてしまいました。手持ちではなくて一脚使いました。やっぱり一脚は使うべきですね(A^^; まわりには三脚立ててる人も一杯いましたけど。

K3PS1668.jpg
 第一ターミナルから見ると東京から神奈川県方面の郊外の夜景が背後に広がっています。空港内の誘導灯も綺麗に見えるし、夜は第二ターミナルよりも良いと思います。

K3PS1609.jpg
 速度がだいぶ落ちたところなら超低速シャッターの流し撮りも歩留まりが劇的に上がります。と言っても、このB787、背景に流れてる誘導灯を見れば分かるように、思い切り上下にブレてるんですけどね。

 ということで、飛行機の写真は何度も何度も撮っていますがなかなか撮り飽きません。また鉄分補給に訪れたいと思います。今後は第一ターミナルでもっと色々遊べそうですし、国際線ターミナルも久しぶりに行ってみたくなりました。