読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

フード交換でHD20-40mm+K-3をお手軽ドレスアップ

 「ドレスアップ」と言う言葉も、改めて自分で書いてみるとなんだかしっくりこないのですが、デジカメWatchの「デジカメドレスアップ主義」という連載にあやかって、敢えてこの言葉を使ってみました。この連載なんだか好きなんですよね。自分ではやらないのに。こうして見た目にこだわるというのも、カメラの楽しみ方としてアリなのではないかと思っています。

IMGP8370.jpg
 そもそも私のK-3は限定色のPremium Silver版ですし、K-30もオーダーカラーでSilky Greenを選んだりしてる時点で「ドレスアップ」精神の表れなのかもしれません。

シルバー×シルバー

 K-5の時代からシルバーボディを使ってきたので、持っているレンズのほとんどはシルバー版です。なので当然HD-DA20-40mmもシルバーにしたのですが、これにちょっとモヤモヤしたものを感じていました。

IMGP8361.jpg
 K-3 Premium Silverに付けるとこうなります。いやいや、格好いいですよね。でもちょっとギンギラギンすぎないか?ということが気になっていました。上に書いたようにシルバーレンズは今に始まったことではないのですが、HD-DA20-40mmはその中でもサイズが少し大きめですし、特徴的な意匠のズームリングが特にその存在感を強く主張しています。

 このシルバーの強い主張をもうちょっと緩和できないか?とずっと考えていました。と言っても、せっかくのシルバーボディにブラック仕様のレンズを組み合わせるとやはりちぐはぐ感が漂うし、かといって色を塗ったりテープを巻いたりするのもなんか違います。いっそのことボディごと黒くしてしまうなんてのは本末転倒(いや、黒×黒の良さが最近分かってきました^^;)。そこで出来ることと言えばフードです。カメラドレスアップ基本3要素のひとつです(他の二つはケースとストラップ).

MH-RA55ブラック

 HD-DA20-40mmはレンズ先端に小さなフードが付いています。効果があるのかどうか分からないほどですが、金属製のねじ込み式。Limitedシリーズの例にならい、かぶせ式のレンズキャップもこのフードが付いていることを前提としており、ほぼレンズと一体化していると言っても過言ではありません。しかし取り外し可能なフードであるからには、一応保守用途に単品売りもされています。

IMGP8356.jpg
 ということで、買ってきました。HD-20-40mm専用のフード。型番はMH-RA55です。しかもブラック仕様。ちなみに大手カメラ量販店で3,000円ちょっとでした。プラスチック製の他のレンズのフードとそれほど変わりません。

IMGP8372.jpg
 中身を取り出すとこんな感じ。単なるステップアップリングのような形状です。これで本当にフードとして役立ってるのでしょうか?

IMGP8374.jpg
 もともとレンズに付いてきたシルバー版と並べてみました。外装の色が違っているだけです。レンズ名はプリントではなく刻印で墨入れしてあって、なかなか手が込んでいます。

レンズに取り付けてみる

 さっそくレンズに付けてみましょう。
IMGP8368.jpg
 まずは元の状態。鏡胴側面はすべてシルバー。しかし前面は一応ブラック塗装されています。近接時の映り込み対策でしょうか? カメラがシルバーなので、その点は台無しなのですが。

IMGP8367.jpg
 次にフードをブラック仕様に変えてみました。あまり大きな変化はないようですね。もしくはちょっとちぐはぐ感があるかも。やっぱりシルバー版は全身シルバーの方が良いのかな? とこの時点ではやや心配になりました。

K-3 Premium Silverに付けてみる

 さらにカメラに付けてみましょう。

IMGP8366.jpg
 こうだったのが、

IMGP8365.jpg
 こうなりました!

IMGP8364.jpg
 全体像はこんな感じ。上の方に貼った写真と比べてどうでしょうか? はい、何とも微妙ですね。言われないと違いが分からない間違い探し状態です。でも少しはギンギラギン感が抑えられて落ち着いたと思います。かけたコストに見合うかどうかは難しいところですが、とりあえず自己満足はしました。

 同じく大柄なFA31mmもフードにカスタマイズを加えていますし、ほんの小さな変更ですが、手軽にちょっとしたドレスアップ効果を狙うならお勧めです。

 ところで、逆にブラック仕様のレンズにシルバーのフードを付けるとどうなるでしょうか?残念ながら試すことが出来ません。でも↓このページに写真が載っています。そもそも、フードの色を変えてみようというアイディア自体、この記事から頂いたものです。

カメラの八百富|HD PENTAX-DA 20-40mm F2.8-4 ED Limited DC WR - 中古カメラご一行様(by八百富写真機店)

実写

 フードをブラック仕様にして、早速写真を撮りに行ってきました。
K3PS6675.jpg
PENTAX K-3, HD DA20-40mmF2.8-4ED Limited DC WR, 1/2000sec, F4.0, ISO100, AWB
 当たり前ですが、写りにはなんの変化もありません(^^; HDコーティングのおかげでしょうか、こんな薄いフードでも抜けが良くて強い逆光にもビクともしないレンズです。

関連エントリー

HD PENTAX-DA 20-40mmF2.8-4ED Limited DC WR - 酔人日月抄HD PENTAX-DA 20-40mmF2.8-4ED Limited DC WR - 酔人日月抄

PENTAX K-3 Premium Silver Editionに続きKマウントの新レンズ、HD PENTAX-DA 20-40mmF2.8-4ED Limi...

PENTAX K-3 Premium Silver Edition - 酔人日月抄PENTAX K-3 Premium Silver Edition - 酔人日月抄

ようやくK-3を手に入れました。レギュラーモデルはとっくの昔(11月1日)に発売になっていたのに、シルバーボディは約1ヶ月も遅れて11月29日に発売になりました...