酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

XシリーズのDNAが凝縮されたX10と散歩を楽しむ

 2ヶ月ほど前に激安で手に入れた中古のFUJIFILM X10ですが、その後、K-3やXT-1を持って写真を撮りに行くときにはバックの片隅にいつも押し込んで、X10でも写真を撮っていました。Xシリーズのカメラはみんぽすさんからお借りして色々と触ってきましたが、ある意味Xシリーズらしさのエッセンスが、ぎゅっと凝縮したカメラだと思います。

DSCF3488.jpg
FUJIFILM X10, A Mode, 1/550sec, F6.4, ISO100, AWB
 レンズ交換式のXマウント機やX20以降で採用されているX-Trans CMOSではなく、一世代前のEXR CMOSを搭載していますが、2/3インチという大きさに加え、明るいレンズの組み合わせから描き出される絵は、コンパクトカメラというカテゴリーで片付けるには勿体ないカメラです。

 以下、この1ヶ月半にX10で撮った写真を貼っておきます。

亀戸天神

DSCF3393.jpg
FUJIFILM X10, A Mode, 1/400sec, F2.0, ISO200, AWB
 雨の日の梅。ワイド端でもグッと寄って絞りを開ければ背景はボケます。ごちゃごちゃしていますが、ボケ味もそんなに悪くありません。

DSCF3397.jpg
FUJIFILM X10, A Mode, 1/140sec, F2.8, ISO400, AWB
 望遠端もマクロを諦めれば色々楽しめます。雨やどんより曇った暗い日は、シャッター速度の上限を気にせず絞りが開けられてX10には絶好の撮影日和かも。FUJIFILMらしくしっとりしつつも鮮やかに写りますし。むしろ、多少感度が上がってもへっちゃらです。

浜離宮

DSCF3419.jpg
FUJIFILM X10, A Mode, 1/1000sec, F4.0, ISO200, AWB
 浜離宮の菜の花畑は快晴の昼間でした。ただでも鮮やかな黄色い菜の花ですが、X10で撮るとよりいっそう際立ちます。でもベタベタに飽和してないし、今となっては画素数も高くないけど、しっかり解像しています。

DSCF3436.jpg
FUJIFILM X10, A Mode, 1/1250sec, F4.0, ISO100, AWB
 ワイド端はスーパーマクロモードで、レンズ前1cmまで近寄れます。このカットはまだまだ余裕がある状態。本当はもっと近寄れます。このX10を快適に使いこなすにはワイドマクロを覚えることではないかと思います。そうすればX20を試用している時に感じたような近寄れないもどかしさは回避可能です。

DSCF3439.jpg
FUJIFILM X10, A Mode, 1/1400sec, F4.0, ISO400, AWB
 FUJIFILMのカメラらしくコントラストというか階調も豊か。小さなカメラだけど質感も良く出ます。逆光でもへっちゃらですし。

木場公園

DSCF3469.jpg
FUJIFILM X10, A Mode, 1/1100sec, F4.5, ISO200, AWB
 X-T1は本当に桜と相性が良いなぁと思いましたが、このX10も同じです。それを言ったらX20も桜にはとても相性が良いカメラだったと記憶しています。殺風景で色がない背景の中で、ソメイヨシノの微妙な色合いが良く出てると思います。

DSCF3457.jpg
FUJIFILM X10, A Mode, 1/1200sec, F6.4, ISO400, AWB
 青空と桜の組み合わせだってこの通り。このカット、設定をだいぶ間違ってしまいましたが、それでも何とか見られる写真が撮れる懐の深さがあります。

DSCF3517.jpg
FUJIFILM X10, A Mode, 1/400sec, F5.6, ISO100, +0.67EV, AWB
 4月最初の土曜日。周の後半にはもう散ってしまうかと思われたソメイヨシノの花は、最後に少し粘ってくれました。風が強かったものの綺麗に晴れてお花見日和。近所の公園は多くの人が繰り出してお花見していました。家族連れが多くて、こんなに混んでいても雰囲気はほのぼのしています。PENATX機を使ってる感覚でプラス補正してしまいましたが、明るめに写るFUJIFILMのカメラには余計だったかも。

DSCF3500.jpg
FUJIFILM X10, A Mode, 1/950sec, F3.6, ISO100, AWB
 春は花の季節だけあって、桜とともに色々な花が咲き始めています。赤いチューリップって難しいですよね。すぐに赤が潰れてしまって。ボケ方も含めて本当にこんなに小さなカメラで撮ったとは思えないです。

夜景

DSCF3449.jpg
FUJIFILM X10, A Mode, 1/50sec, F2.8, IS3200, AWB
 Xシリーズと言えば高感度に強いわけですが、2/3インチEXR CMOSではどうでしょうか? 夜桜を思い切ってISO3200で撮ってみました。さすがにノイズっぽいですが、NRでベタベタにつぶしてエッジが綿飴になるような感じはなく、うまく解像感を残してるような気がします。ただISO3200はちょっと普通に使うには厳しそう。

DSCF3377.jpg
FUJIFILM X10, A Mode, 1/8sec, F2.5, IS1600, -1EV, AWB
 ISO1600に押さえて1/8secで頑張りました。和紙の質感とかちゃんと写ってて感心してしまいます。手ぶれ補正もここぞと言うときにちゃんと効いています。

DSCF3382.jpg
FUJIFILM X10, A Mode, 1/4sec, F2.5, IS1600, -1EV, AWB
 1/4sec縦位置はぶれてしまいました。惜しい!

 ということで、ISO1600は十分に使えると思います。ボディはほどよい大きさと重さがあるので、ライブビューで使ってもそこそこしっかり構えることができますし、多少のトリミングを織り込んで光学ファインダーを覗けば、なおブレは押さえ込めるでしょう。光学手ぶれ補正も含めて、高感度にはやっぱり強いカメラだと思います。

 とまぁ、一ヶ月半使ってみた印象は概ね良好です。どんなカメラなのか長所も欠点も織り込み済みで、しかもほとんどコストをかけずに手に入れたのだから、これで満足しないわけがありません。デジタルカメラとして、背面液晶がやや暗くて見にくい(経年劣化かな?)以外は今でも十分現役というか、最新のカメラと比べても、機能、性能、画質共に遜色ありません。とはいえX20には何一つ敵わないわけで、中古市場の相場は分かりませんが、今わざわざ手に入れるならやはりX20にしておいた方が幸せだろうなと思います。

IMGP7868.jpg

 ただし、私的にはいつでもどこでも持ち歩ける、記録&ちょっとした撮影目的のコンパクトカメラとしては、やはりPENTAX Q7があるわけで、それをこのX10で置き換えるってつもりはありません。両者は似て非なるカメラですし。X10はもっと気分転換用というか、手に入れたときにも書いたとおり、光学ファインダー縛りとか白黒縛りとかで遊ぶときに使いたいなと思います。

関連エントリー

初めてのXシリーズ - 酔人日月抄初めてのXシリーズ - 酔人日月抄

借りて使うばかりで、自分では一台も持っていなかったFUJIFILM Xシリーズのカメラをようやく手に入れました。最新のX-T1... ではなくて2年以上前に発売...

FUJIFILM X20の使い心地 - 酔人日月抄FUJIFILM X20の使い心地 - 酔人日月抄

みんぽすさんよりお借りし、1ヶ月にわたって試用してみたFUJIFILM X20(←リンク先はいきなり音が...