読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

あっという間に咲いてあっという間に散りゆく今年の桜を撮る

写真 PENTAX K-3 PENTAX K-30 FUJIFILM FA77mm F1.8 Limited FA31mm F1.8AL Limited DA18-135mm F3.5-5.6ED DC WR HD DA20-40mm F2.8-4ED Limited DC WR

 今年の桜は先週末土曜日に急に咲き始めたと思ったら、あっという間に満開になり、そして1週間を待たずして散り始めてしまいました。今週は強風が吹いたり、雨が降ったりする日が多くて、せっかく咲いた花を散り急がせてしまった面もあると思います。この週末は桜の花を見るよりは散った花びらの絨毯を見ることのほうが多くなりそう。

K3PS3601.jpg
PENTAX K-3, HD DA20-40mm F2.8-4ED Limited DC WR, 1/30sec, F2.8, ISO1600, AWB
 ちょうど見頃が平日のわずかな期間しかなかったこともあり、じっくりと満開の姿を撮る機会には恵まれませんでした。それでも隙を見つけて撮った今年の桜特集です。まぁ、桜の写真はこの季節どこにでも溢れていて食傷気味かとは思いますが、写真を趣味とする私のささやかな自己満足です(^^;

K3PS3639.jpg
PENTAX K-3, FA31mm F1.8AL Limited, 1/8000sec, F2.0, ISO200, AWB
 撮影場所は地元の大横川。この川の両岸には数キロにわたってずっと桜並木が続きます。幅がそれなりにある運河なので、目黒川のようにぎゅっと凝縮した感じはないですが、桜並木としての見事さは負けていないと思います。カメラはPENTAX K-3とK-30、レンズは色々使ってみました。数日にわたり数回撮影に行った写真を混ぜてあります。

IMGP8024.jpg
PENTAX K-30, DA18-135mm F3.5-5.6ED AL[IF]DC WR, 1/320sec, F6.3, ISO100, AWB
 毎年この季節になるとお花見の舟が行き交います。たくさんの人が乗った遊覧船から、モーターボート、そしてカヌーまで。護岸にはいつの間にかハシゴが新設されていたりします。水上レジャーの普及に対応したものなのでしょうか。

IMGP8005.jpg
PENTAX K-30, DA18-135mm F3.5-5.6ED AL[IF]DC WR, 1/250sec, F9.0, ISO100, AWB
 桜に限らず花というと、花に近寄ってアップにして背景をぼかそうとしがちですが、今回はなるべく引いて、「花」と言うよりは「木」を撮ろうと心がけてみました。とは言え、綺麗な自然の中に咲くのではなく、都会の下町にあるので背景や周囲は何かと殺風景になりがちで、難しいのですが。

K3PS3651.jpg
PENTAX K-3, FA31mm F1.8AL Limited, 1/4000sec, F2.0, ISO100, +0.7EV, AWB
 それに、この時はもう盛大に散り始めていて、アップにすると花びらがかけていたりして、ちょっと引いて撮らないと、傷んだ花の姿が目立ってしまいます。

K3PS3641.jpg
PENTAX K-3, FA31mm F1.8AL Limited, 1/8000sec, F2.0, ISO100, -0.7EV, AWB
 ですので、足下を見れば桜の絨毯になりかかっています。今日も夕方に関東地方は嵐が吹き荒れ、さらに散ってしまったことでしょう。

IMGP8040.jpg
PENTAX K-30, DA18-135mm F3.5-5.6ED AL[IF]DC WR, 1/500sec, F5.6, ISO100, AWB
 大横川からは東京スカイツリーもよく見えます。桜とスカイツリーと言えば隅田公園が定番ですが、ここも悪くありません。

K3PS3563.jpg
PENTAX K-3, HD DA20-40mm F2.8-4ED Limited DC WR, 1/50sec, F3.2, ISO3200, AWB
 しかしなんと言っても素晴らしいのは、三石橋脇にある舞台照明の会社がやっている夜桜ライトアップ。ほんの50mくらいのわずかなエリアだけですが、強いライトで上から照らされた満開の桜は、素晴らしい風情を醸し出しています。

K3PS3545.jpg
PENTAX K-30, FA77mm F1.8 Limited, 1/60sec, F2.8, ISO1600, AWB
 何というか、桜の花自体が発光しているかのよう。

K3PS3582.jpg
PENTAX K-3, HD DA20-40mm F2.8-4ED Limited DC WR, 1/30sec, F4.5, ISO1600, AWB
 ライトの真下に入ると、よりいっそう幻想的です。上の方に行けば行くほど明るく光ってるのですから。
 ところで、HDコーティングされた最新のレンズはすごいですね。これだけの光源を画面隅に入れても、ゴーストもないしコントラスト低下も感じられません。

K3PS3567.jpg
PENTAX K-3, FA77mm F1.8 Limited, 1/100sec, F2.0, ISO1600, AWB
 夜桜は美しくていくらでもシャッターが切れてしまいます。

K3PS3536.jpg
PENTAX K-3, FA77mm F1.8 Limited, 1/80sec, F2.0, ISO1600, AWB
 スポットライトを浴びているようで、夜の暗闇を背景にして桜が浮かび上がってきて超綺麗です。

K3PS3485.jpg
PENTAX K-3, HD DA20-40mm F2.8-4ED Limited DC WR, 1/20sec, F4.0, ISO3200, AWB
 たくさんの人が繰り出して夜桜見物していました。もちろんみんな写真を撮っています。そりゃ撮りたくなりますよね。最近は携帯電話のカメラでも十分綺麗に夜景を撮れますし。

DSCF3442.jpg
FUJIFILM X10, 1/5sec, F2.5, ISO1600, AWB
 ってことで、ここの夜桜は本当にオススメスポットです。あ、この写真だけFUJIFILM X10で撮りました。

IMGP8043.jpg
PENTAX K-30, DA18-135mm F3.5-5.6ED AL[IF]DC WR, 1/320sec, F8.0, ISO100, AWB
 もちろん昼間もオススメ。

K3PS3669.jpg
PENTAX K-3, FA31mm F1.8AL Limited, 1/1600sec, F1.8, ISO100, AWB
 このおじいさん、こう見えてもカメラマンです。ベストスポットへ行っておもむろにカメラ取り出して写真撮っていました。

 川沿いの遊歩道はこんな感じで見事な桜のトンネルになります。老若男女、犬も含めてたくさんの人が散歩しています。とは言えイモ洗いになるほど混むことはありません。それに場所取りして宴会が開けるような所でもないので、安心してゆっくり花見ができます。土手に座ってお弁当を広げるくらいは問題ないでしょう。ただ、根が傷むので木の近くに上がるのは良くないことなのかも。

K3PS3660.jpg
PENTAX K-3, FA31mm F1.8AL Limited, 1/250sec, F8.0, ISO100, AWB
 ということで、少し名残惜しいですが、今年の桜特集はこのくらいにしておこうと思います。また来年!

その他の写真

桜 2014 - a set on Flickr 桜 2014 - a set on Flickr

 2014年に撮った桜の写真をまとめたアルバムです

関連エントリー

XF56mmF1.2とFA77mmF1.8で一分咲きの桜を撮り比べる - 酔人日月抄XF56mmF1.2とFA77mmF1.8で一分咲きの桜を撮り比べる - 酔人日月抄

今週になって暖かい日が続き、東京では桜(ソメイヨシノ)の開花が一気に進みました。昨日土曜日は良いお天気で、都心はほぼ満開という話ですが、そこから10kmほどしか...

早くも桜満開!XT-1とK-3で河津桜を撮りに行く - 酔人日月抄早くも桜満開!XT-1とK-3で河津桜を撮りに行く - 酔人日月抄

私自身は花粉症ではないのですが、周囲に具合の悪そうな人が続出し始めた今日この頃、「いよいよ春だなぁ」とのんきに感じています。梅、菜の花とくれば次は桜ですが、ソメ...