読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

早くも桜満開!XT-1とK-3で河津桜を撮りに行く

写真 カメラ PENTAX K-3 FUJIFILM みんぽす FA31mm F1.8AL Limited

 私自身は花粉症ではないのですが、周囲に具合の悪そうな人が続出し始めた今日この頃、「いよいよ春だなぁ」とのんきに感じています。梅、菜の花とくれば次は桜ですが、ソメイヨシノの開花にはまだしばらく時間がかかりそう。そんな中、東京では早咲き桜の代表格、河津桜が見頃を迎えています。河津桜と言えば伊豆が有名ですが、近所の桜並木の中に河津桜のコーナーがあり、そこだけは既に3月中旬に見事な花を咲かせ、花見客が大勢訪れていました。

DSCF0579.jpg
FUJIFILM X-T1, XF56mmF1.2 R, 1/750sec, F2.2, ISO200, +2.33EV, AWB
 この河津桜並木を見つけたのは実はつい昨年のことです。地元に長年住んでいても全く知りませんでした。こうした隠れた見所は各所にたくさんあるのでしょう。ソメイヨシノの季節に先駆けて、X-T1とK-3を持って自転車に乗って気が早いお花見&写真撮影に出かけてきました。


このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)


 レンズはX-T1には寄れないことを心配したものの絶対的に明るいXF56mmF1.2、K-3には最近気に入って使っていてワンパターンになりつつあるFA77mmではなくてFA31mmF1.8を付けて行くことにしました。それぞれレンズは1本だけで勝負です。

FUJIFILM X-T1 + XF56mmF1.2 R

DSCF0542.jpg
FUJIFILM X-T1, XF56mmF1.2 R, 1/2500sec, F1.4, ISO200, +2EV, AWB
 実はこれらの写真を撮ったのは、先週の日曜日16日のことなのですが、この時点でほぼ満開の一歩手前、八分咲きから九分咲きくらいでした。河津桜は花の寿命がソメイヨシノなどと比べると長いので、まだ今週も見頃だと思います。

DSCF0547.jpg
FUJIFILM X-T1, XF56mmF1.2 R, 1/2200sec, F1.8, ISO200, +1.33EV, AWB
 もう葉っぱが出てきていますね。今週あたりは緑が混ざってまた違う姿をしていると思われます。

DSCF0577.jpg
FUJIFILM X-T1, XF56mmF1.2 R, 1/1200sec, F2.0, ISO200, +2.33EV, AWB
 APS-Cで56mmとなると画角的には中望遠となるわけですが、このくらいだとどこへ向けても花でフレームが埋め尽くされます。桜は思い切ってプラス補正、というのをどこかで見たので実践してみました。

DSCF0560.jpg
FUJIFILM X-T1, XF56mmF1.2 R, 1/2400sec, F1.2, ISO200, +0.33EV, AWB
 開放F1.2です。ボケは微妙にグルグルしているような気がします。非点収差ってやつでしょうか。こういうボケ方するあたりも大口径レンズらしくて面白いですね。

DSCF0586.jpg
FUJIFILM X-T1, XF56mmF1.2 R, 1/850sec, F4.5, ISO200, +0.67EV, AWB
 一転して今度は思い切って絞ってみます。背景がピンク色にトロトロするのも良いですが、桜の木のフォルムを残してみるのはどうかな?と。普通にキットレンズの標準ズームなら、開放でこのくらいでしょうか。

PENTAX K-3 + FA31mmF1.8AL Limited

K3PS3242.jpg
PENTAX K-3, XF56mmF1.2 R, 1/2000sec, F2.0, ISO200, +1EV, AWB
 このレンズはフルサイズ換算で約47mmと、ほぼ標準レンズとなります。最短撮影距離も30cmと十分近いこともあって、万能で使い勝手の良いレンズですが、一方でとても難しくもあります。56mmと比べてみても、このくらいの焦点距離の差は撮り方次第でどうとでもなりますね。

K3PS3255.jpg
PENTAX K-3, XF56mmF1.2 R, 1/500sec, F2.0, ISO100, +0.3EV, AWB, ほのか
 今回のエントリーを撮影したカメラで分けたのは、どうも同じ場所で同じように撮ってもX-T1とK-3では仕上がりの印象がだいぶ違うから。もちろん、仕上がりが違うのは当たり前のことで、レンズはもちろん、露出、ホワイトバランス、そしてJPEGを生成する際の画像処理も全く違うわけで、それぞれの機種の「桜」の解釈の違いを見ることができます。

 X-T1では思い切りオーバー補正してみて、なかなか良い感じだったわけですが、PENTAX機にこういう場合に合いそうな「ほのか」というモードがあったことを思いだし、設定してみました。ただでもハイキーになるので、露出補正は控えめに。うーん、どうですかね。

K3PS3271.jpg
PENTAX K-3, XF56mmF1.2 R, 1/500sec, F2.0, ISO100, +1EV, AWB
 やっぱり普通に撮った方が良いかも。

K3PS3276.jpg
PENTAX K-3, XF56mmF1.2 R, 1/2000sec, F2.0, ISO200, +1EV, AWB
 トップの写真と同じ花です。露出が違うせいもありますが、色合いがかなり違いますね。赤系にはFUJIFILMの方が合うかも。PENTAXは青と緑ですから。

 ということで、ソメイヨシノはじめ桜の季節本番が楽しみです。東京地方はあと1週間くらいでしょうか。懲りずに今年もたくさん撮って、しばらくは、このブログの「写真」カテゴリーは桜の写真ばかりそうです(A^^;