酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

ふぐ料理のフルコースを食す

 少し前のことになりますが、美味しい焼き鳥をまったり食べていたある夜、飲み友達が突然「次はフグでも食べに行こう!」と言い出したので「そうだね」と二つ返事で行ってきました。いえ、その晩にハシゴしたのではなく、別の日にちゃんと出直しました。

DSCF0572.jpg
 ふぐ料理と言えば高級料理の代表格で、なかなか食べる機会が少ないですが、お値打ち価格でてっさ(刺身)、ふぐちり(鍋)、そして唐揚げ、それにもちろんひれ酒というフルコースが気軽に食べられる夢のようなお店があるということで出かけてきました。

DSCF0570.jpg
 まずは小鉢から。ふぐの皮刺しはさっぱりポン酢風味。コリコリしていて食べ応えがあります。コラーゲンのかたまりだとか。

DSCF0571.jpg
 そしてメインその1、ふぐのお刺身、てっさです。大皿にずらっと盛った絵に憧れますが、これは小さなお皿に一列だけ並べた一人前。喧嘩にならないようにするためか、一人前ずつ人数分出てきました。なので、箸でザーッと一気に行こうがどうしようが個人個人の自由です。誰にもとがめられることはありません。はい、私は一切れずつ、ちびちびと頂きました。

DSCF0576.jpg
 次にフグの唐揚げ。超美味しいフグの唐揚げは「鮨処 舟」で昨年末に頂きました。その記憶があったので、お値段そこそこのこのお店ではそれほど期待していなかったのですが、なかなかどうして、肉厚で美味しいふぐ唐でした。

DSCF0578.jpg
 最初は瓶ビールでスタートしたのですが、唐揚げを食べたらひれ酒が欲しくなりました。いやいや、旨いですね、ひれ酒って。次酒してもらって二番煎じまで頂きました。出がらしもまた別の味わいがして旨いです。

DSCF0579.jpg
 次がいよいよふぐちり鍋です。鍋用の切り身は一見、白身の魚には見えません。部位によってその姿形と味は違います。コラーゲンのかたまり、外皮はすぐに溶けてしまうのでしゃぶしゃぶするようにと、店員さんから指示を受けたりして準備完了。

DSCF0580.jpg
 ふぐちりは夢中になって食べていたので、写真を撮り忘れました。なんかイマイチな感じに写ってますが、実際はもっと盛り上がり、舞い上がります。紙の鍋も珍しいですね。火にかけるのではなくIH式でした。

DSCF0584.jpg
 たっぷり鍋を楽しみ、ふぐの美味しい出汁が十分に出た残り汁でいただく雑炊。これが一番美味しかったかも(A^^;

 ということで、以上、たっぷりふぐ料理をフルコースで堪能して、ひれ酒一杯付きの飲み放題で、一万円持っていればおつりが十分に来ます。安い!

DSCF0585.jpg
 ってことで、薄々感づいていると思いますが、そのお店の名は玄品ふぐです。大都市圏に85店舗もあるというふぐ専門のチェーン店。生活圏内で検索しても数店舗が見つかりますが、この日行ったのは平井店です。「ふぐ専門のチェーン店」という業態が成り立つなんて、なんだか不思議な気がしますが、高級すぎず、安物過ぎず、ふぐ料理というスペシャル感とお値頃感のバランスが絶妙に出来ていると思います。

DSCF0595.jpg
 ふぐを堪能した後は、すぐ近くにあるバーへ。私にとってギネスは一番好きなビール、いや、一番好きなお酒... いやいや、一番好きな飲み物です。ギネスを一パイントグラスで頂く幸せは言葉でも写真でも表せません。ふぐよりも実はこっちの方が好きです(^^;

 ちなみにこれらの写真はFUJIFILM XQ1で撮りました。