読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

「鮨処 舟」の船出を祝う

 新しいお寿司屋さんが浅草の少し外れ、千束に開店しました。以前は押上は十間橋そばでお寿司屋さんを営んでいた女将さんと板さんが新たに始めたお店です。もうあのお寿司は食べられないのかな?とがっかりしていたところへ舞い込んできた朗報に小躍りし、新装開店のお店へお祝い兼ねて早速繰り出してきました。

DSCF1086.jpg
 言問通りと国際通りの交差点からすぐの、ひっそりとした住宅街に灯るこのぼんぼりが目印です。カウンター6席と奥に小上がりのお座敷がある小さなお店です。

 開店したのは今月中旬、まだ一月も経っていません。しかし以前のお店から固定客も多いとのこと。押上と浅草、千束はすぐですし、十分に普段の飲み歩き圏内に入っています。それでもゼロから始めるお店はきっと大変なことでしょう。

DSCF1090.jpg
 まずは早速ビールから。うすはりのグラスで出てきたのはエビスです。冬に飲むビールも美味しいです。

DSCF1091.jpg
 いつものお任せコース。最初の一品は茶碗蒸し。暖かいものが美味しい季節ですよね。

DSCF1092.jpg
 お次は白子。これの味付けが素晴らしく美味しかったです。食べにくさは全くありません。つるっとのどを通ります。

DSCF1094.jpg
 そしてお刺身盛り。マグロと鯖とヒラメと肝和え。これで二人前です。マグロは銀座の超有名寿司店と同じマグロ(の違う部位)を仕入れているそうです。これ本気で美味しかったです。今年食べたマグロでは間違いなく一番です。

DSCF1097.jpg
 鯨のお刺身なんてものも出てきました。見た目はいかにもな感じですが、これが何というか鯨の臭みみたいなものは全く感じられなくて、普通以上にとても美味しいお刺身です。

DSCF1093.jpg
 この辺の料理が出てくるとビールではなくてやっぱり日本酒ですね。四合瓶ですがこの日のラインナップはこんな感じでした。一ノ蔵以外は一口ずつ全部頂きました。

DSCF1101.jpg
 タケノコメバルというお魚の煮付けです。東京にはあまり流通していなくて、愛知県の漁師さんから直接仕入れたそうです。こってり味付けでご飯が欲しくなります。

DSCF1105.jpg
 と思ったところで、握りが始まりました。まずはイカ。美しいですね。

DSCF1109.jpg
 コハダ。

DSCF1111.jpg
 海老。

DSCF1114.jpg
 マグロ。

DSCF1118.jpg
 トロ!!

 どれもこれも超絶に美味いです。味付けはしてあって醤油につける必要はなく、そのままパクッと頂きます。

DSCF1121.jpg
 まだまだお寿司は続きます。ってことで定番のイクラ。

DSCF1123.jpg
 それからウニ。今回は軍艦バージョン。

DSCF1129.jpg
 で、最近何かと話題のエビはエビでもボタンエビ。

DSCF1131.jpg
 最後にデザート。リンゴとサツマイモのスイーツ。

 ということで以上ダイジェスト版で、いくつかのお料理を省略しています。たっぷり飲んでたっぷり食べて2時間半。とても贅沢なひとときでした。このお寿司屋さんが復活して本当に良かったです。

DSCF1012.jpg
 少し歩けば浅草の繁華街。スカイツリーももちろん綺麗に見えます。浅草を散歩がてらまた訪れたいと思います。

 ちなみに今回の写真は全てFUJIFILM X-E2とFUJINON XF18-55mm F2.8-4で撮影しました。


より大きな地図で 鮨処 舟 を表示

 鮨処 舟
 〒111-0031 東京都台東区千束1−3−5
 TEL: 03-3874-2875