読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

台風一過の夕焼けをCTEで撮る

 昨日はなんだか台風が来るとは思えないほど良い天気だったわけですが、今日は未明から予報通りの暴風雨に見舞われました。地域によっては大変な被害があったようですが、幸い私の住む地域は何事もなくやり過ごすことができました。雨はお昼には上がり、風も午後には穏やかになり、空は少しずつ晴れてきました。いきなりスッキリと快晴!とはなりませんでしたが、夕方、日没の時間帯には西の空に見事な夕焼けがあらわれました。

K5LS2911.jpg
PENTAX K-5, DA16-45mm F4ED AL, 1/250sec, F5.6, ISO100, CTE

 夕焼けと言えばCTE (Color Temperature Enhancement)です。PENTAXのカメラに搭載されたホワイトバランスモードで、ニュートラルに近づけようとするAWBに対し、逆に被写体色を強調する方向に働きます。その効果は今日のような夕焼けを撮ると抜群に得られます。時にはやり過ぎなくらいの夕焼け写真ができあがります。

 なお、CTEの効果については、折しもちょうど先日アップされた以下のデジカメWatchの記事が詳しいので、ご参照ください。
  気になるデジカメ長期リアルタイムレポート:PENTAX K-5 IIs【第5回】 - デジカメ Watch

 これ、PENTAXユーザーにとっては有名な機能で私もK-7の時代から時々使っていました。ピタリと当たるとRAW現像する手間とか省けます。逆に「あ〜、ここはCTEでとっておけば良かったかも」と後悔することもしばしば。もちろん、外すとひどいことになるので乱用できません。ホワイトバランスブラケットとかあれば良いんですかね、JPEG限定で。

 以下、K-5とK-30、そしてQ7で撮った今日の夕焼けです。ホワイトバランスはCTEとAWBが混ざっています。Kマウントのレンズは常用便利ズーム18-135mmに加え、久々にDA16-45mmも持ち出してみました。古いレンズですがなかなか侮れません。Q7には02 STANDARD ZOOMです。

IMGP2124.jpg
PENTAX Q7, 02 STANDARD ZOOM, 1/100sec, F5.6, ISO200, CTE
 ちょうど日没直後くらい。思ったほどどぎつい色にはなりませんでしたが、雲が黄金色に輝いてます。

K5LS2910.jpg
PENTAX K-5, DA16-45mm F4ED AL, 1/100sec, F5.6, ISO100, CTE
 日没から少し時間が経って色づきが濃くなってきました。空を覆う秋の雲一面オレンジ色です。

IMGP3811.jpg
PENTAX K-30, DA18-135mm F3.5-5.6ED AL [IF] DC WR, 1/200sec, F5.6, ISO800, AWB
 ちょっと方角を変えて北の方向。東京スカイツリーの背景もそこそこ色づいてます。残念ながらライトアップが始まるのはまだ少し先です。ちなみにこのカットはAWBです。ここでCTEを使うと真っ赤になってしまいました。

IMGP3809.jpg
PENTAX K-30, DA18-135mm F3.5-5.6ED AL [IF] DC WR, 1/60sec, F4, ISO200, AWB
 夕焼けと反対側、東の空も色づいています。ただしオレンジ色ではなくて紫っぽい微妙な色合い。昨日、ちょうど立派な積乱雲が見えたあたり。これもCTEにすると真っ赤っかになりすぎたのでAWBで。ちなみにCTEで撮った場合のサンプルはこちらです。

IMGP3828.jpg
PENTAX K-30, DA18-135mm F3.5-5.6ED AL [IF] DC WR, 1/100sec, F5.6, ISO200, CTE
 さらに時間が経ち、上空が暗く、一段と雲は赤くなってきました。このくらいの時間帯が一番綺麗だったかも。

K5LS2921.jpg
PENTAX K-5, DA16-45mm F4ED AL, 1/8sec, F5.6, ISO400, CTE
 つかの間の台風一過夕焼けショーもほぼ終わりです。上空は急速に光を失い夜空へと切り替わっていきます。街の明かりも目立つようになってきました。手持ち撮影もそろそろ限界。それでもこれだけ色が濁らずに鮮やかに撮れるのは、CTEのおかげかもしれません。

K5LS2918.jpg
PENTAX K-5, DA16-45mm F4ED AL, 1/30sec, F5.6, ISO400, AWB
 上のカットとほとんど同じ時間帯。紫、オレンジ、黄色へと変化する微妙なグラデーション。

IMGP3832.jpg
PENTAX K-30, DA18-135mm F3.5-5.6ED AL [IF] DC WR, 1/200sec, F5.6, ISO200, AWB
 さらに地平線付近をアップにすれば、まだまだ夕焼けは楽しめます。このくらい色が濃くなるとAWBのままでも十分に綺麗です。

 午後から夕方にかけて、東京はまるで秋の空気、カラッと乾いて過ごしやすい気温になってきました。昨日まで入れていたエアコンもスイッチを切りました。このまま秋になって欲しいですね。