読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

台風直撃前日の夏の雲を撮る

写真 PENTAX K-30 SIGMA

 台風がまもなくやってくるそうですが、今日の東京地方は朝方に激しい雨に見舞われたものの、お昼頃から次第に晴れ始め、午後は青空も覗いて風もなく、どちらかと言うと良いお天気になりました。気温も湿度も高くてまさに真夏の天気、空には立派な積乱雲も現れました。この台風が過ぎ去ったら今度こそ秋めいてくるのかもしれません。いえ秋が来て欲しいです。

IMGP3779.jpg
PENTAX K-30, SIGMA APO50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM, 1/400sec, F9.0, ISO100, AWB
 朝の雨で空気が洗われ、穏やかなようでいて雲の流れは速く、空模様は刻々と変わっていきます。立派な積乱雲も今年はこれで見納めかもしれないと思い、カメラを持ち出してみました。

 ボディはPENTAX K-30。本当は積乱雲と飛行機の写真を撮ろうと思っていたので、レンズは久々にSIGMAの50-500mmを付けてみました。F1日本GPの前の動作確認も兼ねて。しかし思うように飛行機と積乱雲の絡みは撮れずじまい。仕方ないので雲だけを狙ってみることにしました。

IMGP3774.jpg
PENTAX K-30, SIGMA APO50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM, 1/640sec, F8.0, ISO100, AWB
 トップに貼った写真の全景はこんな感じ。巨大な積乱雲が順光に照らされてとても綺麗です。その下はもしかしたら雨が降ってたのかもしれません。

IMGP3784.jpg
PENTAX K-30, SIGMA APO50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM, 1/400sec, F7.1, ISO100, AWB

IMGP3766.jpg
PENTAX K-30, SIGMA APO50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM, 1/500sec, F8, ISO100, AWB
 雲のモクモクを撮りたくてアップにしてみました。コントラスト感を出すためにカスタムイメージとかいじりつつ色々やってみたのですが、ちょっとやりすぎたかな?。低彩度で空の色がどうも変ですが、モクモクした綿飴のような雲のディテールはそこそこ出たと思います。
 両カットともズーム域は200mm未満。500mmでドアップにすると本当に何が何だか分からなくなります。

IMGP3787.jpg
PENTAX K-30, SIGMA APO50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM, 1/400sec, F6.3, ISO100, AWB
 目当ての飛行機との絡みはこれが精一杯。羽田へアプローチする機体の方がより低く、より近くに見えるはずでしたが、狙ってるときに限って一機もやってきません。これは逆に羽田を出発して千葉上空を旋回し西へ向かう飛行機と思われます。一応機種は判別できるくらいなのですが、肝心の雲が面白くありません。また来年挑戦します。

IMGP3771.jpg
PENTAX K-30, SIGMA APO50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM, 1/400sec, F5.6, ISO100, AWB
 東京スカイツリーの背景もモクモクしていました。もう少し時間が経って夕方になると雲がオレンジ色に染まって綺麗かも?と思って待っていたのですが、綺麗さっぱり雲が消えてしまいました。残念、これもまた来年挑戦します(A^^;

IMGP3797.jpg
PENTAX K-30, SIGMA APO50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM, 1/500sec, F9.0, ISO100, -1EV, AWB
 巨大な積乱雲は北へ北へと流れつつ夕日を浴びて少し色づいてきました。この後は急速に形が崩れて見えなくなっていきました。

K5LS2876.jpg
PENTAX K-5, DA★60-250mm F4ED [IF] SDM, 1/6400sec, F5.6, ISO160, CTE
 一方その頃、西の空はこんな感じになっていました。地表近くにはどす黒い雲がいて、やはりその下は雨が降っていたのかも。太陽がちょうどその雲に隠れたところ。上空は綺麗に晴れています。

K5LS2872.jpg
PENTAX K-5, DA21mm F3.2AL Limited, 1/640sec, F8.0, ISO160, CTE
 その上空には秋の雲がいました。明日は本当に台風がやってくるそうです。しっかり備えて家の中に引きこもりたいと思います。

 秋よ、早く来い!