酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

PENTAXとOLYMPUSの新製品発表に見るAPS-C一眼レフの未来

 タイトルについてのお話はさておき、少し前の話になりますがリコーイメージングからPENTAX Kマウントの新レンズが発表になりました。いえ、これを「新レンズ」と言っていいのかどうか難しいところで、むしろ「DA Limitedシリーズのリニューアル」と表現した方が正しいかもしれません。すでに発売済みのDA Limitedレンズはすべて単焦点で計5本。これがすべて新型になって再発売となります。

HD_PENTAX_DA_Limited

 変更点はコーティングが"smc"から最新の"HDコーティング"になること、そして絞りが円形絞りになり、さらに外装デザインが幾分変更され、ブラックモデルだけでなくシルバーモデルもラインナップされることです。それ以外のスペックに変更はなさそうです。

HD PENTAX-DA Limited シリーズ発表

 単なるマイナーチェンジにすぎないようですが、光学系にとってコーティングの変更というのはものすごく大きなことなのではないかと想像します。デジタルの時代になって、各社技術開発をし、進歩を遂げている部分でもありますし。もちろん、それによってどれだけのメリットが得られるのか?が最終的には重要です。DA Limitedシリーズは開放F値も抑えめで、わりとシンプルな光学系のレンズが多く、これまでにもあまり逆光に弱いという噂も聞きませんが、最新コーティングの恩恵はどれだけ得られるのでしょうか?

 また、些細なことですが、DAレンズの中で唯一SPコーティングが施されていなかったDA40mmF2.8 Limitedに、HDコーティングとともにSPコーティングも施されたことに、このレンズをもつ一ユーザーとしては興味を引かれます。

 さて、これらのレンズは買いかというと、私としては悩ましいところです。というか、既にDA Limitedレンズは21mm40mm70mmの3本を持っています。しかもK-5 Limited Silverと同時に限定販売されたSilverバージョン。しかし実は、この3本の稼働率はかなり低いです。そもそも、Limited Silverをコンプリートしたい!というコレクター的動機で手に入れたものなので、仕方ありません。

 むしろ常用レンズと言えば、FA Limitedシリーズの2本、FA31mmF1.8AL LimitedFA77mmF1.8 Limitedばかり使っています。なので、個人的に実用的な意味ではFA Limitedシリーズの方こそ最新コーティングでリニューアルし、DFA Limitedにして欲しいところです(技術的な可能性については全く分かりませんが)。

IMGP3754

 妄想ついでにもし万が一FA Limitedを同じような形でリニューアルし、DFA化したとするならば、それはフルサイズ機の登場を予告する動きと勘ぐってしまいそうなところですが、そうではなくて、今回このタイミングでAPS-C専用のDAレンズに手を付けてきたと言うことは、当然ながら当分はAPS-Cフォーマットを続けるという意味でもあり、逆を言うとフルサイズは当分ないのかな?とも思わせます。

 またさらに、レギュラーモデルとしてシルバー仕様もラインアップされたというのはなかなか興味深いです。K-30やK-50にカラバリがあるから、というよりは、今後K-5クラスの上位機種でシルバー仕様がレギュラーカラーとして出てくるんじゃないかと妄想してしまいます。

 ってことで、とりあえず折を見て新型のDA15mmF4ED AL Limitedでも買おうかな?と思っています。私にとっては初の超広角レンズとして。シルバーにするかブラックにするかはギリギリまで悩みそうです。

オリンパスが一眼レフから撤退

 こうしてリコーイメージングはまだまだKマウント一眼レフ機を続けて行く意思を見せている一方で、フォーサーズ機を長年放置していたオリンパスからは、公式に一眼レフの終了宣言が出されました。これで、一眼レフ機を製造するメーカーは、ニコン、キヤノン、シグマ、ペンタックス(リコー・イメージング)と、中判機を手がけるいくつかのメーカーだけになってしまいました。

 「一眼レフ」というファインダー形式は、その成り立ちを考えると、コンセプトはまさに「ライブビュー」なのだと思います。なので、完全なライブビューがより簡単にできるデジタルカメラに、わざわざ光学的で不完全な「ライブビュー機構」を持たせているのは、無意味で本末転倒なのかもしれません。その矛盾は、一眼レフにLV機能が搭載され、バリアングルだの像面位相差だのと、ともするとそちらに力点を置いたかのような機種の登場とともに顕在化してきました。優れたLV機構があるなら、一眼レフファインダーの必要はもはやないよね、と。

 それでも恐らく、一眼レフは完全に消え去ることなく一部の需要のために残るとは思いますが、コンシューマ向けの主流としては、コストもかかりそれほどその機能性に利点が見いだせなくなった一眼レフ機は消え去る運命にあると言われるようになってきました。

 一眼レフ用のマウント規格としては最新だったはずのフォーサーズが真っ先に消えさったことは、偶然かもしれませんが象徴的でもあると思います。センサーサイズが小さいほど、一眼レフの利点は薄まり、逆にLV/EVFの特徴は生きてきます。そう考えると、次はAPS-Cフォーマットの一眼レフの存在意義が問われてくるのも必然のように思えます。

IMGP0158 (2).jpg

 もし本当にそうなったとするならば、個人的にはとても残念な流れだと思います。趣味の道具として、理屈ではなく情緒的な面において、小さな接眼レンズをのぞき込み、スクリーンに浮かぶ「光」を見ずして、写真を撮るという行為を真剣に楽しむことができるのかどうか自信がありません。動体追従がどうのとかそういうことではなく、これは長年の間に染みついた感覚です。趣味だからこそ、そういう「気持ちよさ」に拘ってしまうのでしょう。

 一眼レフ機は巨大で高価なフルサイズ機ばかりになり、それ以外はすべてEVF/LV機しか選べないとなったならば、どうすれば良いだろうか?と心配になります。それでも私は一眼レフ機を選ぶか?あるいはこんなことを書いていたなんてすっぱり忘れ去って、どれか適当なEVF/LV機を「これは良いカメラだ!」と言って使っているか?

 多分後者のような気がします...。