酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

Time Capsule 3TB

 いきなり言い訳しますが、今一番買ってはいけないブツだということは重々承知の上で、Time Capsule 3TBを買いました。買ってはいけない理由は主に二つ。一つは現在ビット単価的に一番お買い得なはずの3TBのHDDを内蔵したNAS(+無線LANルーター)としてはお値段があまりにも高すぎること。もう一つは無線LANの新規格IEEE802.11acがちょうど出てきたばかりであること。この2点を改善した新製品がAppleからまもなく発売されてもおかしくありません。

IMGP9186.jpg
 なのになぜ買ってしまったと言えば「今すぐ欲しかった」から。嵐が来ると言われた週末、引きこもって何しよう?と前夜にあれこれ考えてしまったのが運の尽きです。

 iMacを導入とともに、バックアップ用にUSB3.0の外付けHDDを一緒に買ったわけですが、やはり何となく常時外付けHDDをつないでおくのは気持ちがあまり良くありません。iMac自身は今のところ通常使用時はほぼ無音ですし、PT2サーバーのWindows7機も無音化したばかり。相対的に外付けHDDのわずかな音が気になってしまいます。

 Western DigitalのMyBook Studioはファンレスで外付けHDDとしてはかなり静かだとは思うのですが、やはり慣れていないこともあってか、そのごくわずかな音でも気になるようになってしまいました。

 ならばバックアップ用途にはやはりNASが良いのではないか?とふつふつと思い始めたわけですが、我が家のネットワークはルーターの仕様により基本100Mbps、iMacとPT2サーバー間のみギガビットとなっています。

スクリーンショット 2013-04-08 22.43.37
 Time Capsule導入前の我が家のネットワーク図。ごちゃごちゃですが大体こういう感じです。USBのHDDをやめてNASを追加するならどこに入れるべきかと考えれば、やはりギガビットのハブにつなげたいわけですが、それではiMacに近すぎて騒音の問題が解決しません。なので別の部屋にあるルーターに繋げたいわけですが、その場合は速度が100Mbpsになってしまうのが残念。ならばいっそのことルーターごとギガビット対応品にしてしまえばいいわけです。

 だったらNAS+GbEルーターが一体になった製品がちょうどあるじゃん... と言うことでたどり着いたのがApple純正のTime Capsuleです。しかもまさにMacのバックアップ用途にはうってつけ。ついでに11b/gしか対応していない我が家の無線LAN環境もアップデートできます。

 それにしては4万円近いお値段にひるみつつ、結局ポチッてしまいました。いや、それならAirMac Extreamに今持っている3TBの外付けHDDをつなげば良いとか、そういう理にかなったことも一瞬考えたのですが、配線とか消費電力とか常時電源ONに外付けHDDが耐えられるのか不安だとか、そういうこと考えるのが面倒になので考えること自体やめました。

IMGP9173-Edit.jpg
 BTO不要なのでApple Storeより若干安いヨドバシ.comで購入。当日のうちに届いた箱は、アップル製品にしてはやや品に欠けるというか、スカしたすました感じのないストレートなデザイン。良いですね、こういうギリギリ外してしまった感じ。日本語が合わないのでしょうか。

IMGP9174.jpg
 中身はシンプル。本体と電源ケーブル、それに小さな冊子のセットアップガイドのみ。余計なソフトウェアとか一切ついてなくて潔いです。

IMGP9180.jpg
 さすがに本体はApple製品らしいシンプルでプレーンなデザインです。前面にはステータス表示用のLEDがあるだけ。

IMGP9177.jpg
 I/Fは背面にまとまっています。と言ってもWANポートが一つと、LANポートが3つ、それにUSB2.0が一つ、あとは電源の差し込み口だけ。USBにはプリンターかもしくは追加でHDDをつなぐことができるようです。

スクリーンショット 2013-04-08 22.43.04
 Time Capsuleを導入した結果、ネットワークの構成はこのようになりました。iMacからTime Capsuleまではギガビットの有線LAN接続。今まで使っていた無線LANのアクセスポイントはもちろん廃止し、Time Capsuleの無線LAN機能を使います。その結果5G帯に対応しているMacBook Airは5G帯の11nで接続可能となりました。

 ここで悩んだのは「ひかり電話」です。電話を使うためにひかり電話ルーターは廃止できません。当初はルーター機能はこれまで通りひかり電話ルーターにまかせて、Time Capsuleのルーター機能は殺そうと思っていたのですが、これがどうにもうまくいきません。ブリッジモードにした場合、有線LANポートはただのHubとしては使えないのでしょうか?

 結局作戦変更して、Time Capsuleをルーターとして使い、ひかり電話ルーターのほうをブリッジ化しました。具体的にはひかり電話ルーターの設定で、PPPoEの接続を切ってしまうだけです。これでインターネット接続はもちろん、Time Capsuleもギガビット接続のNASとして使えるし、電話も問題ないようです。

スクリーンショット 2013-04-07 15.25.47
 AirMacユーティリティのステータス表示。もちろんネットワーク機器がすべて表示されるわけではなく、インターネットの接続状況と、AirMacあるいはTime Capsuleの動作状況が表示されるだけ。「編集」ボタンを押すとTime Capsuleの詳細設定に入れます。

スクリーンショット 2013-04-09 23.07.01
 こちらはFinderでネットワーク上の共有フォルダを持つ機器を表示したところ。Time Capsuleの内蔵ディスクが見えています。もちろんここをTime Machineによるバックアップ先に指定してあります。それにしてもApple製品に綺麗なアイコンが用意されているのは良いとして、PCのアイコンはあんまりですね。Macのこういうところはスマートじゃないし嫌いな部分です。

スクリーンショット 2013-04-07 14.58.29
 さて、ギガビットLANで接続したTime Capsuleへのファイルの読み書きはどのくらい快適でしょうか? 正しい測定かどうかはわかりませんが、ディスクベンチマークをソフトを走らせてみました。その結果リードは約60MB/sec = 約480Mbps。うん、悪くありません。USB3.0には敵いませんが、USB2.0よりも速いと思います。それでも約1TB弱の初期バックアップには6時間くらいかかりました。
 でも、その後の差分バックアップはほとんど一瞬で全く気がつきません。iMac周りもすっきりしたし、静音になったし、USBポートも空きました。

 もちろん、家にいる限りはMacBook Airのバックアップも自動的にとれますし、Windows機との共有フォルダとして使うこともできるわけで。うん、NASはずっと欲しかったんですよね。これ超便利!Time Capsuleである必要はありませんが、パソコンが複数あるならNASは一家に一台だと思います(今更...^^;)。

IMGP9191.jpg
 ちなみに設置状況はこんな感じです。Time CapsuleはHDDを内蔵しているためか、発熱がそれなりにあるとのことで、あまり狭いところに押し込んだり、上にものを重ねたりしないほうがいいそうです。と言いつつ、VDSLモデムは乗っけてしまいました。これくらいは問題ないでしょう。今の季節なら手で触ってもほんのり暖かい程度です。ちなみにほとんど音はしません。これならPCのある部屋に置いても大丈夫だったかも。

 さて、3TBのUSB3.0外付けHDDが無駄になってしまいました。まぁ、パソコン関係の無駄な買い物には慣れています。これだけの容量のHDDなら使い道はいくらでもあるはずで、そのうち思いつくことでしょう。