酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

お花見散歩 2013

 東京では開花宣言から1週間、あっというまに今度は満開宣言となりました。気象庁の基準木よりはやや遅めに進行中の我が家周辺の桜の木も、概ね七分咲きと言ったところ。残念ながらこの土日は曇り空ですっきりとした青空の下でのお花見とはいきませんでした。天候次第ですが一番の見頃は今週の半ば頃にやってくるかも。来週末はどうなっているかわかりません。

IMGP1712.jpg
PENTAX K-30, DA18-135mm F3.5-5.6WR, F7.1, 1/400sec, ISO200, AWB, 135mm
 ということで、例年通りカメラを持って地元の桜の名所をあちこち巡ってきました。変わり映えのしないありふれた写真ばかりですが、それでも飽きずにシャッターを切ってしまう不思議な魅力が桜にはあります。

 カメラはPENTAX K-30に18-135mmの便利ズームを中心に、K-5と単焦点レンズを何本かとQも持って行きました。私的にはフル装備と言えます。

大横川

 まずは大横川の護岸にずらっと並ぶ桜並木から。

IMGP1999.jpg
PENTAX K-30, DA18-135mm F3.5-5.6WR, F11, 1/200sec, ISO400, AWB, 115mm
 大横川自体はコンクリートで護岸を固められた味も素っ気もない運河ですが、数キロに渡って続く桜並木の遊歩道は実に見事です。

K5IG1433.jpg
PENTAX K-5, FA31mm F1.8AL, F2, 1/1600sec, ISO100, AWB
 この時期は小さなカヌーなどで川から花見をする人もたくさん現れます。

K5IG1482.jpg
PENTAX K-5, FA50mm F1.4, F1.6, 1/1600sec, ISO100, +1.3EV, AWB
 この並木はソメイヨシノがほとんどですが、時折違った種類の桜の木が混ざっています。これは大島桜。ソメイヨシノの片親です。花の色が白く花軸などの緑が目立ちます。

K5IG1494.jpg
PENTAX K-5, FA50mm F1.4, F2.8, 1/400sec, +0.3EV, ISO100, AWB
 それに対しソメイヨシノは全体的に薄いピンク。なんだかんだ言ってソメイヨシノは本当にかわいくて綺麗だと思います。

IMGP9072.jpg
PENTAX Q, 06 TELEPHOTO ZOOM, F3.5, 1/250sec, ISO125, AWB, 42.4mm
 橋の陰になる水面は暗いので、バックにすると黒く沈んで花が浮き立ちます。この並木のソメイヨシノはまだ蕾が目立ち、概ね7~8分咲き程度です。この様子だと月曜日か火曜日あたりに満開を迎えそうです。

K5IG1706.jpg
PENTAX K-5, DA40mm F2.8, F2.8, 1/2000sec, ISO100, +0.7EV, AWB
 天気の悪い週末でしたが、時折日が出て青空がのぞくことも。やっぱり花見はいい天気のほうがいいです。

 毎度のことながら、あまり川沿いの並木らしい写真が撮れませんでした(A^^;

木場公園

 お次は木場公園にやってきました。

IMGP1817.jpg
PENTAX K-30, DA18-135mm F3.5-5.6WR, F5.6, 1/200sec, ISO200, +1EV, AWB, 100mm
 バーベキュー広場までやってきました。ここは桜の森があるのです。冬の間は休日でも閑散としてますが、この週末はやってました、お花見バーベキュー。いいなぁ... お花見しながら泥酔したい(^^;

K5IG1566.jpg
PENTAX K-5, FA31mm F1.8AL, F2, 1/3200sec, ISO100, +0.7EV, AWB
 空模様はめまぐるしく変わりまた晴れ間がやってきました。木場公園のソメイヨシノは開けたところで一日中日の光を浴びてるせいか、大横川よりも少し進んでいてほぼ満開。

K5IG1594.jpg
PENTAX K-5, FA31mm F1.8AL, F2, 1/3200sec, ISO100, +0.7EV, AWB
 ソメイヨシノだけでなくなにやら八重のしだれ桜もありました。こちらはまだ満開手前。淡いピンクの大振りの花ながらどことなく繊細そうで、とても綺麗な木です。
 
IMGP9094.jpg
PENTAX Q, 03 FISHEYE, F5.6, 1/400sec, ISO125, さくらほのか
 バーベキュー場とは別に芝生の広場のど真ん中にある立派な桜の木。たくさんの人が周囲にシートを敷いてお花見中。Qに魚眼レンズつけて”さくらほのか”で撮影しました。

IMGP1831.jpg
PENTAX K-30, DA18-135mm F3.5-5.6WR, F5.6, 1/500sec, ISO200, AWB, 135mm
 緑の芝と桜のコントラストも綺麗です。川沿いよりもこっちの方が良いかも。

IMGP1791.jpg
PENTAX K-30, DA18-135mm F3.5-5.6WR, F5.6, 1/100sec, ISO200, +0.3EV, AWB, 135mm
 これは桜ではなくて桃の花です。バラを小さくしたみたいなゴージャスな花です。で、調べてみたら桃はバラ科だそうです。それを言ったら桜も梅もそうか。

猿江神社

 住宅街の片隅にひっそりとある小さな氏神様。でも歴史は1,000年以上あるそうです。

IMGP1967.jpg
PENTAX K-30, DA18-135mm F3.5-5.6WR, F5.6, 1/200sec, ISO400, -1EV, AWB, 88mm
 桜の古木と木造の建築物。超似合う取り合わせです。狭い境内ですがどこもかしこも写真を撮りたくなってかなり時間の時間を過ごしてしまいました。

K5IG1659.jpg
PENTAX K-5, DA40mm F2.8, F2.8, 1/200sec, ISO100, +1EV, AWB
 その境内にはとても立派な桜の木が1本だけあります。種類がわかりませんがオオシマザクラのようにも見えますが、とにかくそれなりの樹齢がありそうな大きな木です。

IMGP1973.jpg
PENTAX K-30, DA18-135mm F3.5-5.6WR, F5.6, 1/200sec, ISO400, AWB, 135mm
 花びらが散ってるのではなく、花ごと落ちてるのはヒヨドリにでもやられたんでしょうか?

IMGP1949.jpg
PENTAX K-30, DA18-135mm F3.5-5.6WR, F4.5, 1/125sec, ISO400, AWB, 68mm
 木陰にひっそりとたたずむ狛犬さま。白飛びしてる背景はサクラの木です。

 心の準備をするまもなく慌ただしく咲いてしまった感じがする今年の桜ですが、このまま穏やかな天気が続き来週末まで持つと良いですね。快晴の下で桜吹雪となれば最高です。



より大きな地図で 桜 2013 を表示