酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

CP+2012 その他編

 CP+2012レポートの最終回です。大手カメラメーカー以外にも、写真用品を中心に大小多くのブースが出ていました。カメラの大物新製品を見て回るのはCP+の楽しみ方の大道ですが、これらの用品メーカーのブースをぶらぶらするのも楽しいものです。まるで大手量販店に迷い込んだかと思うような品揃えにディスプレイ。特に目当てのものがなくても、見ているだけであっという間に時間が経ちます。

IMGP3665.jpg

 この写真は特に本文と関係ありません。文字だけでは寂しいのでとりあえず貼ってみました。ペンタックスのブースにあった昭和な町並みのジオラマです。これこそ本物のミニチュア撮影。フィルター類は一切使ってません。中途半端にバスにピント合わせてしまいました。というか、こういう場合は思い切り絞り込むのが正しい撮影法?

 と言うわけで目当てもなくぶらぶらしただけですので、かなりとりとめがないですが、以下写真とともに私が見て回ったところ、気になった製品を紹介したいと思います。

IMGP3760.jpg

 マルミのフィルター群をざっと眺めてきました。最近はプロテクターをカラバリ展開していてカラフルですよね。こうなると実用性よりもファッションというか、カメラのドレスアップアイテムとも言えます。と言っても私は保護フィルター付けない派なのですが。説明員の方に目敏く見つけられて「シルバーのもありますよ」と営業されてしまいました。

IMGP3815.jpg

 フィルターと言えば、今年限りの商品として並んでいたのがNDフィルター。それも露出倍率10000とか100000というやつ。今年5月の金環日食用です。超望遠レンズに付けることを前提にしているためか、大口径のものが並んでいました。お値段も結構します。下手したら一生に一度しか使わないフィルターかも知れません。しかも晴れなければその「一度」すらやってこないかも。でも、だからと言って諦めるわけにはいかないですよね。これから特需で売れるはず。早くしないと直前では手に入らない可能性があるので、準備はお早めに!

IMGP3852.jpg

 日食商品と言えばこんなものもたくさん並んでいました。これはケンコーの商品群。確か望遠鏡メーカーのビクセンのブースにもありました。ただのメガネではなくキャラクター商品化してあったり。お父さん、お母さんの財布の紐を緩めるための作戦でしょうか。

IMGP3801.jpg

 それから目立ったのはスマートホン用の用品。主にこういったミニ三脚とか三脚用のアタッチメントとか、普通にケースなんかもありました。大手量販店でもよく見るようなやつです。スマートホンをカメラの代用として割り切れば、確かに旅のお供にこういうのは便利です。この写真のミニ三脚&ホルダーはKingブランドのものです。

IMGP3848.jpg

 スマホ用製品と言えば一番ヒットだったのはこれ。GIZMONのiCA。こう見えてもiPhoneカバーというか、ケース。レンズがちょこっと覗いています。裏側はタッチパネルもホームボタンも操作出来るようになっています。で、ダミーのレンズ部分はパンケーキ型に取り替えることも出来たり。実用的なのかジョーク商品なのかよく分からないですが、人気で人だかりが出来ていました。

DSCF1843.jpg

 カメラ用品と言えば三脚。スリック、ベルボン、マンフロットなど大手ブランドは大きなスペースを割いてこれでもかというくらいに展示してありました。この写真はジッツオのコーナー。カメラメーカーの超望遠レンズ体験コーナーのような様相。三脚もお値段の桁が一つ違うような高級品ばかりです。
 三脚や雲台は量販店にもそれなりにたくさん展示されてはいるものの、ここまで一同に揃ってほぼ全製品を触って確かめられるのはCP+だけ。とはいえ、私はあまりちゃんとした三脚を使ったことがなく、今ひとつ三脚や雲台の見所が分からないので眺めるだけになってしまいます。この世界も奥が深いんだろうなぁ。

IMGP3820.jpg

 マンフロットでは東日本大震災復興支援フォトコンテストを開催していました。50点の入選作の中から気に入った写真に投票すると、1票あたり100円の義援金になるというもの。写真のテーマは「希望」だそうです。なかなかイイ写真がいっぱいでした。これオンライン投票もやっています。
 他のブースにもいろいろなコンテストの入選作品が飾ってありましたが、一般の人が撮った写真というのは親近感が持ててイイですよね。いや、同時に自分との差にため息も出るのですが。

DSCF1844.jpg

 それから、コストパフォーマンスの良いコンパクトカメラを多数販売しているGEイメージングのブースもありました。結構広いスペースを使っていました。が、こっちの表側はわりと閑散...

IMGP3834.jpg

 そのGEの裏側はAGFAPHOTOのブースになっていてこっちの方が人だかりがしていました。しかし、AGFAと言えばフィルムを売っていたあのAGFAですかね。フィルム市場が縮小してからは日本ではこのブランド名を見なくなっていました。と言ってもAGFAPHOTPはGEイメージングの別ブランドとなってるようです。

IMGP3837.jpg

 で、そこに置いてあったのがこのカメラ、これ一機種だけ。しかもガラスの奥に鎮座しているだけで触ることは出来ません。今回のCP+がワールドプレミアだそうです。15倍ズームのコンパクト機と言えばありふれているようですが... なんか気になります。デザインが良いですし。

DSCF1834.jpg

 エプソンも高級な写真プリント向けのインクジェットプリンターをズラッと並べていました。同じくプリンターメーカーであるキヤノンもそうですが、一般的に一番売れ筋のA4サイズの複合機などは影も形も見当たらず。いや、隅っこの方に一台くらいあったのかも知れませんが。CP+向き商品ではないのかも知れませんが、もう少し並べておいてくれれば良いのに。

IMGP3690.jpg

 そういえばレンズメーカーのタムロンも素通りしてきました。残念ながらここ最近の製品にはKマウントが全くラインアップされないので縁がないのですが。実はタムロンのレンズを手にするのは非常に久しぶりだったのですが、一応デモ機に触ってきました。手ぶれ補正の評判がすごく良いという噂を聞いていたので。

IMGP3687.jpg

 で、こんなこともやってました。ジャイロセンサーの乗った基板を突くと、光学補正レンズが動く様子が見られます。他メーカーでやってるの見たことないです。へぇ〜という以上の感想はないのですが、見たことあるようで実はない部分ですし、面白いデモでした。

IMGP3751.jpg

 そしてコシナもKマウントをやめてしまいましたね。FマウントとEFマウント向けの新製品は続々と用意されているようです。ツアイスのディスタゴン25mmF2とか。基本的にフルサイズ向けの大口径広角レンズですが、APS-Cで使っても良い感じのワイド系標準レンズになると思います。すごく欲しいというわけではないですが、こういう選択肢もあると夢が広がりますよね。

IMGP3892.jpg

 フィルムのレンジファインダー機、BESSAシリーズもズラッと並んでいました。ファインダー倍率とシャッター制御方式の組み合わせで6機種もあるとは知りませんでした。これも決してレトロ調というのではなく、機能美といえる範疇かと。やっぱりカメラは基本を突き詰めていくとこの形になるのかな?と思います。

DSCF1846.jpg

 ということで、半日ずつ二日間にわたって楽しんできたCP+2012レポートはこれで終了です。
 今年は開催規模がやや縮小したにもかかわらず、入場者数が昨年の30%増し、過去最高の6万5千人を超えたそうです。カメラはスマートホンに食われてニッチな趣味の道具になっていく... なんてことはきっとありません。どんどん技術革新をして魅力的な製品が登場することを期待したいと思います。来年も楽しみにしています!

関連エントリー
 CP+2012 その他編
 CP+2012 主要カメラメーカー編
 CP+2012 ペンタックス&リコー編