読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

神立高原 2011-2012

スキー

 1月初旬に腰を痛めてから療養のために約1ヶ月間自粛していたスキーですが、ようやく痛みが取れたので再開してみることにしました。まずは慎重に足腰慣らしから。目的地はここ数年の間なぜか足を向けることが少なかった新潟県は上越方面です。今年は近年にない大雪に見舞われているというニュースを見て行ってみたくなったのです。越後湯沢近辺のスキー場の積雪を調べると軒並み300cm超えと言うではありませんか。これはすごい...。

DSCF1760.jpg

 で、越後湯沢周辺には山ほどスキー場があるわけですが、今回はICからほど近い神立高原スキー場へ行くことに。ここは私がスキーを始めて2回目(というか2日目)の超初心者時代に来た記憶があるとても懐かしいスキー場です。年齢にもよりますが、スキーブームの時代を経験した東京近郊在住のスキーヤーなら、このスキー場で滑ったことがあるという人は、非常に多いのではないかと思います。

 越後湯沢は日帰りには遠いと思い込んでいたのですが、実際のところ東京都内から200kmそこそこ。先日は水上まで行ったわけですが、そこから関越トンネルを抜けたらもう越後湯沢です。しかも神立高原スキー場はICを降りてから10分とかかりません。沼田や水上エリアの奥地のスキー場に行くよりは、時間的に早いくらいだと思われます。

DSCF1694.jpg

 文字通り「トンネルを抜けるとそこは雪国」でした。いや、関越トンネルの手前からすでに雪景色でしたが、新潟県に入ってからの積雪は尋常ではありません。高速道路は路面こそ乾いたアスファルトが出ていましたが、両側は2mくらいの雪の壁。車線も大幅に狭くなっています。状況は下道に降りてからも同じような状態。先週中は暴風雪が続いたそうですが、この日は幸いにも穏やかな天候でした。

DSCF1710.jpg

 さて、準備を終えて早速ゲレンデへ。バブルの面影残る巨大な5階建てのスキーセンターからリフトに乗ります。神立は連絡リフトで一山越えた向こう側にゲレンデが広がっているのです。なのでこのリフト、最初は普通に山を登りますが、最後は谷に向かって下っています。下りのリフトは慣れていないのでちょっと怖いです。
 この複々線化された3連のペアリフトにもやはりスキーブームの面影が。しかしこの日運行していたのはその中の1本のみ。もう1本はこの日は運休中、もう1本は椅子が外されてもはや運用されていないようです。

DSCF1713.jpg

 まずはメインゲレンデのポルックスへ。幅が広くて斜度の緩いまっすぐな初心者コース。大きなパークもあり、斜度は緩いながらもジャンプ台付きのモーグルコースも作られていました。このスキー場はそれほど山の上に位置しているわけではなく、しかも斜度の緩いコースを上がってきただけなのに、このクワッドリフトを降りたところからの眺めは非常に良くて綺麗でした。

DSCF1722.jpg

 パフパフのパウダーは最高ですが、こういうキリッとした整地バーンも良いですよね。雪質は不思議な感じ。踏むとキュッキュッと鳴くし、手に取ってみても団子にならないサラサラの雪なのに、滑ると何となく重さというか粘りけを感じます。エッジも良く食いつくし、時間が経っても意外に斜面も荒れなません。なかなか面白い雪でした。これは練習にはもってこいかも。

DSCF1732.jpg

 10数年前の超初心者時代の記憶にあるのは、多分このコース。アンドロメダからプロキオンという名前のついた山の上に広がる緩斜面です。ここをひたすらボーゲンで滑り降りていった覚えがあります。今滑ると何でもない斜面ですが、当時は時折転びながら必至で滑り降りたものです。

DSCF1729.jpg

 恐らく神立のゲレンデの中でもっとも標高が高いと思われる地点。ここからは最大斜度45度という恐ろしい斜面が二つもあります。もちろん私は迂回コースでユルユルと下っていきました。山頂は360度のパノラマが見渡せてとても眺めが良いです。
 初心者時代にはここまで来たはずないと思うのですが、何となくうっすらとこの風景が記憶にあるような気がしています。迂回コースと言っても、幅も狭く斜度もそれなりにあるのですが... 若さで乗り切ったのかも知れません(A^^;

DSCF1730.jpg

 で、これがオリオンと言う名の最大斜度45度のコース。リフトを挟んで2本同じ名前のコースがあります。どちらもそれほど長さはありません。昨日もかなり積雪があったようで深いパウダーの残骸が広がっていました。残念ながら今日は普通のデモ板ですし、まだリハビリ中なので眺めるだけにしておきました。ファットスキーを履いて元気な時なら嬉々として飛び込んでいたかも。
 同行友人が普通の基礎板で挑戦していましたが、全くどうにもならないとのこと。新雪なのに不思議と重く、雪が深すぎてスキーが沈んでしまい、ターンがほとんど切れないとか。ファットスキーの味を知ってしまった今となっては、普通の板でここを滑るのは無理というものです。

DSCF1747.jpg

 お昼ご飯はメインゲレンデの麓にあるギャラリアという大きなレストランへ。1FのKell's Cafeが空いていたのでそこでハンバーガーを食べました。ゲレ食にはない、なかなか本格的なハンバーグにバンズ。量もたっぷり食べ応えがありました。
 この日は、リフト待ちこそないものの、ゲレンデを見る限りそれなりに人が居るように思えたのですが、レストランは席取り合戦をするほどでもなく結構空いていました。

DSCF1762.jpg
DSCF1769.jpg

 今回一番ヒットだったコースは、ミルキーウェイという上級者コース。今シーズンは土日しかオープンしていないそうです。山の尾根伝いに作られた幅の細いコースで、野沢温泉のスカイラインを彷彿させます。コースの両側は急な谷になっていて、斜度もそれなり。木立に囲まれておらず視界が開けていて、とても眺めが良くて滑っていて気持ちの良いコースです。

DSCF1771.jpg

 最大斜度25度、平均20度。長さは2,500m。途中まではそれほど厳しい斜面もなく、景色を楽しむ余裕があるのですが、一番最後に難関の壁のような斜面が待ち受けていました。25度よりももう少し斜度はあるんじゃないかな?と思います。でもそれほど長くないし、意を決して飛び込めば結構スリルのある楽しい斜面でした。2回滑りましたが、恐らくこの日の私には3回目は無理だったかも。十分に満足しました。

 天気は終日穏やか。お昼頃が一番晴れていましたが、まだ2月の上旬とあって、それほど日差しはきつくありません。日に照らされていても表面の雪が溶けてくるということもなく、雪質は終始安定していました。気温は先週来の大寒波の影響で、事前情報では-15度とか平気で下回るという予報だったのですが、寒さは全く感じず、むしろ滑っていると暑いくらい。実際のところ気温はせいぜい-5度程度だったのではないかと思われます。暑すぎず、寒すぎず、このくらいがちょうどいいコンディションだと思います。

DSCF1785.jpg

 神立はこんな感じで谷に作られたスキー場。正面には岩原スキー場が見えています。湯沢の町には、それこそバブル時代に建てられたと思われる、高層マンションがニョキニョキ建っています。今でもちゃんと維持できているのでしょうか?

 この日の神立高原スキー場の積雪量は380cm。湯沢は雪不足に泣かされるシーズンも多かった記憶がありますが、やはり新潟県のこのエリアは世界有数の豪雪地帯であることを今年は嫌と言うほど見せつけています。営業時間中にもリフトはじめスキー場設備の雪下ろしをしている職員の方を何人も見かけました。駐車場は高い雪の壁に囲まれ、リフト乗り場も雪の壁の中に埋まってるような状態。それでもここはスキー場ですから雪があって嬉しいでしょうが、それ以外の周辺地域では本当に大変だと思います。

DSCF1783.jpg
 ウサギのあしあと。スキー場ではよく見かけるマークですが、ウサギの姿を見たことはありません。カモシカに出会ったと興奮気味に喋っている人も居ました。多分、ゲレンデ外を勝手に滑っていて出会ったのではないかと思いますけど。

DSCF1781.jpg
 行きは山越えのリフトでやって来ましたが、帰りは細くて斜度の緩い連絡コースを滑ってスキーセンターへ。このコースは連絡路と言うには惜しいくらいの立派な林間コースでした。巨大なリゾートセンターには巨大な温泉もあったので、そこで一風呂浴びていつもより早めの時間に帰路へ。関越道もスムーズに流れていました。

 久しぶりの越後湯沢でしたが意外にも近いことを再発見。高速からのアクセス次第ですがこれなら十分に日帰り圏内だと今更認識しました。ということで、またまたスキー場の選択肢が広がりました。

 ということで、無理をせず緩いところをゆっくりと滑っていたこともあり、良いリハビリになりました。1月を棒に振ってしまいましたが、まだ今シーズンは残っています。図らずも体の衰えを感じてきた今日この頃、そうでなくても短いシーズンです。いろいろなスキー場に行って、また数年後に「そうそう、ここ滑ったよなぁ、あの年は大雪で...」と、楽しいスキーの思い出をたくさん残していきたいものです。


大きな地図で見る