酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

西口やきとん

 久しぶりに浅草橋へ行ってきました。目指すお店はもちろん西口やきとんです。前回2年ぶりに訪れてからまた1年以上空いてしまいましたが、そのお店は以前と変わらぬ佇まい。店員さんも全員見知った顔ばかりです。

IMGP3677.jpg

 控えめに「西口」と書かれたJR浅草橋駅。週末の土曜日、遅くなると混んでくるので午後5時に浅草橋へ。真夏のこととあってまだ真昼の明るさです。

 駅を出たらさらに西へ。徒歩わずか2分です。

IMGP3679.jpg

 途中にこんな立て看板があります。まぁ、ここまで来たら迷うこともないでしょう。すぐそこの路地を覗けば赤提灯が目に入ります。

IMGP3680.jpg

 メニューは少しずつ変わっているのかも。以前は小さなジョッキしかなかったような気がするのですが、今回は大ジョッキがありました。と言っても普通のお店で言うところの中ジョッキくらいです。でも狭い店内ではこれが大きく見えます。ということで、とりあえずの生ビール。

IMGP3683.jpg
 食べ物メニューは変わっていないようです。お値段も相変わらず安いです。そして器もやっぱり小さいです。まずは塩煮込み。夏にはもつ鍋よりもさっぱりしていて合います。

IMGP3684.jpg
 そして名物、皿なんこつ。これは絶対に外せません。小さな平皿に溢れんばかりに盛られてきます。これを3~4人で突くわけですが、量はないのになぜか大満足。

IMGP3686.jpg
 もう一つの名物がこれ、フランスパン串。早い時間じゃないとなくなってることが多いメニュー。今回は幸いにまだありました。これに皿なんこつを乗っけて食べると絶品です。もちろんストレートでもOK。

IMGP3687.jpg
 本来の看板商品はこれ、レバーです。もう少し涼しい季節だと生レバーがあるはず。いや、豚の生レバーも禁止になったんでしたっけ? ともかくこの焼きレバーがとてもレバーらしくてホクホクで美味いです。お代わりまで頂いてしまいました。

IMGP3689.jpg
 他にも変わり種の串がいっぱいあって、これはシュウマイ。もちろん蒸した上に串に刺してさっくり焼いてあります。美味いですよねぇ、焼きシュウマイ。他では串に刺さってないのが不思議なくらい。

IMGP3690.jpg
 飲み物はサワー系へ。そのまま大ジョッキで頂きます。これはトマトハイ。前夜もやや飲み過ぎて弱り気味だったので、さっぱり体に良いトマトハイ... と思ったらこれが結構濃いのです。

IMGP3691.jpg
 メニューに書いてあって気になっていたのですが、隣のテーブルに運ばれていくししゃもを見て、すかさず発注。これがまた美味い! 皮もべろべろにならず、かといってカチカチでもなく、絶妙な焼き加減。これまた他のお店で串に刺さってないのが不思議に思えてきます。

IMGP3692.jpg
 そしてもう一品気になっていたのが、ツナキムチ。何となく想像つくようなつかないような... ということで思い切って発注してみたら、10秒で速デリバリー。これが見た目は思ったよりツナでうっすらキムチ色。でも思った以上に美味かったです。お酒のおつまみとしては素晴らしい出来です。

IMGP3695.jpg
 そうこうしているうちにこんなものを発注してしまう我々。ポット酒です。もちろん熱燗。大と小があるのですが、もちろん大に決まっています。なんとこれ、1.9リットルも入ってるそうです。一升瓶よりも多いじゃん! しかもかなり熱々。お酒の銘柄は何だか分かりませんが、そんなことは関係ありません。甘口で味わい深く熱燗向きの美味しい安酒でした。これをやってしまうので、いつもやきとんの帰りは泥酔なのです。今回は自制して1本だけにしました。

IMGP3697.jpg
 気持ちよくなったところでそろそろ次へ。外に出てみるとすっかり暗くなっていました。焼き場のあたりは立ち飲みコーナーで、常連さんらしき人々が飲んでいます。そして彼らが見ている先には... ちょっと気になるお店が出来ていました。

 次回へ続く...


大きな地図で見る