酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

WWE日本公演2012

 今年もまたWWEが日本にやって来ました。今回はRAWではなくてSMACK DOWNのワールドツアーです。会場は両国国技館。3年前に初めてWWEを生観戦したときの思い出の会場ですが、今回は最上段の安い席ではなく、かといってリングに近いアリーナ席でもなく、両国国技館ならではの枡席のチケットを買ってみました。

IMGP8725.jpg
 今回の日本公演は8月9日と10日と平日の2日間で開演は午後7時から。私が行ったのは2日目の金曜日。途中休憩を挟んでの2時間半のショーがいよいよ始まります。以下かなり写真多めです。

 運が良いことに私たちの席は枡席の中でも最前列。前に遮るものが何もなくてリングまでの見通しは最高です。一升は大人4人だとかなり狭いと聞いていましたが、思ったほど窮屈ではありませんでした。確かにお弁当とか広げるスペースはないかも知れません。

IMGP8449.jpg

IMGP8459.jpg

 最初の試合はザック・ライダーとジャック・スワガーの対戦。この二人は去年も日本に来ていました。結果はザック・ライダーの勝ち。

IMGP8476.jpg

IMGP8503.jpg

 次はジャスティン・ゲイブリエル対ジンダー・マハル。中東系の選手は初めて見ました。と言っても、私は日本公演があるとわざわざ見に行ったりするものの、普段はこまめにWWEをCSなどでチェックしているわけではなく、かなり事情に疎いだけなのですが。
 ゲイブリエルは以前NEXUSの一員で、顔がデカプリオとかジェイミーとか、あるいは山崎邦正に似てると言われていましたが、NEXUSなき今はヒーロー側で売り出しているのでしょうかね。確かにその方が向いてるかも。

IMGP8527.jpg

 そしてNEXUSと言えばリーダーを務めていたウェイド・バレット。今回はテッド・デビアスと対戦して見事に勝ちを収めました。

IMGP8538.jpg

IMGP8562.jpg

 一番楽しみにしていたのがディーバ戦。やっぱり女子プロレスは見応えありますよね(^^; 今回はナタリヤ(上)とケリー・ケリー(下)の対戦となりました。

IMGP8585.jpg

 ケリー・ケリー超格好いい!

IMGP8617.jpg

 けど、試合はナタリヤの勝利に終わりました。私が生で見た試合ではかならずケリー・ケリーは負けてしまいます。

IMGP8642.jpg

 休憩明けの第5試合は3対3の豪華な組み合わせ。WWEに参戦している唯一の日本人レスラー、ヨシタツ。なんかすごい衣装で登場。

IMGP8696.jpg

 出た!ランディ・オートン! オーラが違います。

IMGP8716.jpg

 ということで、レイ・ミステリオ & ランディ・オートン & ヨシタツ対プリモ & エピコ & ジョン・ロウリネイティスの対戦です。リング上は混み合っています。
 というか、WWEのGM(ゼネラルマネージャー)だったロウリネイティスがなぜかリングに上がっています。GMをクビになったという話ですが、まさかの現役復帰? いや、もとレスラーだったとは言えもう現役引退して何年経ってるんでしたっけ。ちゃんと試合になるのでしょうか。

IMGP8787.jpg

 大乱戦で目が離せない展開の試合は、なんと途中でロウリネイティスがミステリオの必殺技619を喰らうという信じられないシーンまで見られました。

IMGP8808.jpg

 結局、レイ・ミステリオ & ランディ・オートン & ヨシタツが勝利しました。

IMGP8844.jpg

 さていよいよクライマックスへ入ってきました。いえ、ここまでも十分に豪華でしたが、これからメインマッチが続きます。第6試合はコフィ・キングストン対ダニエル・ブライアン。ブライアンは日本人にも分かりやすい"Yes!Yes!Yes!"というかけ声がトレードマーク。この小豆色のTシャツを着ているファンもたくさんいました。

IMGP8896.jpg
IMGP8901.jpg

 決め技も"Yesロック"というわかりやすさで、コフィ・キングストンを撃沈。いや、コフィだって人気あるのですが。

IMGP8955.jpg

 今回の一番人気と言っても良いかも。WWEの中でも特にお笑い系のキャラ、サンティーノ登場です。見た目が全く強そうではありません。どこにでもいそうな小太りのおじさん。対戦相手は二枚目イケメンレスラー、コーディ・ローデス。こう見えてもUS王座戦です。ベルトはサンティーノが持っています。

IMGP8949.jpg

 サンティーノの決め技と言えばコブラ。ローデスを威嚇しまくり。

IMGP8964.jpg

 サンティーノからコブラ・ソックスを奪って雄叫びを上げるローデス... その後ろでサンティーノはせっせと予備のコブラ・ソックスを装着中。この後、油断していたローデスを見事にコブラ一撃でノックダウンしました。という、ほとんどギャグストーリーです。これがまたサンティーノというか、WWEの面白さ。馬鹿馬鹿しいとか言ってはいけません。

IMGP8979.jpg

 US王座を防衛したサンティーノ。格好いいわけでも何でもなくて、ただひたすら憎めないキャラです。

IMGP8985.jpg

 さていよいよ最後の試合、世界ヘビー級王座戦です。まずはデルリオが登場。相変わらず笑顔が出来過ぎている優男。

IMGP9025.jpg

 白飛びしてしまうくらいの驚きの白さ、シェーマス登場! 何度見ても白いです。あまりの白さが印象的なので思わずシェーマスTシャツを買ってしまいました。

IMGP9035.jpg

 そしてケインも登場したのですが、いつものファイアーパフォーマンスはありませんでした。日本では(あるいは両国国技館では)火の使用が禁止されているのでしょう。地味な登場になってしまった感じです。

IMGP9041.jpg

 この3人にあとはビッグショーが加わって4人の大乱戦。何が何だかよく分からなくなります。

IMGP9057.jpg

IMGP9070.jpg

 デルリオは跳ぶし、ビッグショーは二人まとめてバックドロップ! この他にも大技の連続です。

IMGP9114.jpg

 最後は何だか分からないうちにシェーマスの勝利。やっぱり白飛びしてしまいそうな白さ。カメラ泣かせです。

 ということで、通常はきっちりとスケジュール通りに終了するはずのWWEですが、今回は15分押し。約3時間弱の目くるめくエンターテイメントを楽しみました。いやいや、面白かったです。また今度日本にやって来たら必ずや見に行きたいです。

 ちなみに今回の写真はK-5と18-135mm(一部は60-250mm)で撮りました。やはりコンパクトカメラで撮るよりはずっと楽だし、仕上がり(歩留まり)もかなり良いです。それにしても、こういう場合はコンパクトな望遠ズームが欲しくなりますね。

※他の写真も含めFlickrにまとめてアップロードしてあります
 WWE日本公演 2012 -a set on Flickr