酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

SIGMA 85mmF1.4 EX DG HSM

 以前から気になっていた超大口径レンズをみんぽすさんからお借りしました。単焦点レンズの中ではフィルム時代から定番の一本として人気があり、各メーカーが常にラインアップしてきた85mmF1.4です。その定番スペックの大口径単焦点レンズを、シグマがデジタル向けレンズとして初めて発売したのは一昨年の秋のこと。もちろんちゃんとKマウントも対応しているのです。

IMGP2686.jpg

 基本的に私は純正レンズ派なのですが、純正にないものこそはシグマの出番。昨夏に借りた50-500mm然り、そしてこの85mmF1.4もペンタックスユーザーにとっては、シグマならではの1本です。最新のクラシック(スペック)レンズと言えるこの一本、一体どんな写真が撮れるのでしょうか?


このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)


 昔から定番のレンズと言ってもそれは基本的に35mmフルサイズでのこと。もちろんこのレンズも35mmフルサイズに対応しているのですが、ペンタックスのAPS-Cデジタル一眼レフで使用すると、画角的には約128mm相当の望遠レンズとなります。ペンタックス純正ではFA77mmF1.8がこの領域はカバーしていることになりますが、何となく85mmという焦点距離も、F1.4という開放F値も捨てがたいものがあります。

 まずは送られてきたパッケージを開けて中身をじっくりと観察してみました。いわゆる開梱編です。

IMGP2671.jpg

 箱は思ったほど大きくはなくコンパクトにまとまっています。緩衝材は付属のレンズケースが兼ねており、段ボールや発泡スチロールなどは使われていません。内容物は極当たり前のものばかり。フードはフルサイズ用の花型フードと、APS-C用のエクステンダーが付属しています。

IMGP2673.jpg

 ちなみにケースはレンズ本体に対してやや大柄で、中敷きでかさ上げされていました。その中敷きの厚みを調整することで、APS-C用のエクステンダーをつけたまま収納することが出来ます。もちろんフード本体は逆さ付けすれば同時にケースに収まります。ケース外装にはベルト通しはありますが、特にストラップで吊るような形にはなっていません。

IMGP2674.jpg

 それにしても単焦点レンズとしては巨大なレンズです。8群11枚構成でSLDガラスと非球面レンズが使用されています。フィルター径は77mmもあり、重量に至っては725gと、K-5本体とほぼ同等。さすがガラスの塊です。それだけにずっしりした手応えが感じられます。

 シグマ独自の手ぶれ補正はKマウントに限らず、このレンズには搭載されていません。しかしもちろんペンタックス機の場合はボディ側の手ぶれ補正が使えます。このレンズで手ぶれ補正が使えるという点についてはペンタックスまたはソニーAマウント機の特権となります。

IMGP2687.jpg

 絞り羽根は9枚の円形絞り。F5.6に絞った様子はこんな感じです。まん丸ではないですが、確かに角は気にならないでしょう。大口径レンズらしく絞り羽根も大きくて、筐体のどこに収まっているのか不思議に感じます。ピント合わせはRF方式なのでレンズ全長は変わりません。最短撮影距離は85cm。絶対値としては遠いですが、焦点距離を考えれば標準的でこんなものでしょう。欲を言えば50cmくらいまで近づけると良いのですけど。もちろんHSM駆動はスムーズで静かです。

IMGP2690.jpg

 PENTAX K-5に取り付けて標準フードのみの状態はこんな感じ。さすがにボディの小さいK-5ではレンズ径が大きすぎて少し上を向いてしまいます。ちなみに左手側にAF/MF切り替えスイッチがついています。

IMGP2691.jpg

 さらにAPS-Cエクステンダーをつけてみました。85mmというよりもはや立派な望遠レンズの風格です。見た目も大げさで使い勝手もイマイチ悪くなるのですが、レンズ自体の逆光耐性にもよるかとは思いますが、レンズの性能を出すためにはこうするしかないのでしょうか。

IMGP8196.jpg
PENTAX K-5, SIGMA 85mmF1.4 EX DG HSM, F8.0 AUTO (1/500sec, ISO160, リバーサルフィルム)

 まずは動作確認。適当にベランダから夕焼け空を撮ってみました。F1.4の明るさは何も生かしていません。F8.0まで絞ってみましたが猛烈にシャープでくっきり。当たり前ですが風景にだって使えます。

 ということで、このレンズは約1ヶ月借りられるので、真夏ではありますが出来るだけ外に出かけて色々撮ってみたいと思います。カメラ関係で借りたものは大体後に自腹で買ってるというジンクスがどうなるか分かりませんが...(A^^;