酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

焼肉 スタミナ苑

 実は森のビアガーデンの続きです。お昼からビアガーデンに行ったのはただの酔狂ではなくて、夜は夜で別の計画があったから。大阪からの客人は焼肉王子とも呼ばれる焼肉通な方。なので、東京の焼肉を楽しんでもらおうと幹事さんが目をつけたお店がここ、東京は足立区の何でもない住宅街にあるスタミナ苑です。私たちも初めて行く焼肉屋さんです。

IMGP3508.jpg

 店構えはこんな感じで、なかなか雰囲気があります。電話番号の桁も足りないほど年季の入った看板に、良い感じに油が染みこんだ暖簾。エアコンが効かないのか窓もドアも全開です。

 時刻は午後5時前。予約が取れないこのお店は並ぶ覚悟で行くしかありません。開店は午後4時半。すでに3組ほどの待ち行列が出来ていました。まだしばらく沈みそうにない西日を浴びながら待ちます。

IMGP3505.jpg

 待ち客にもビールは発注可。あまりに暑いのでエクストラコールドを頂きました。でもすぐに飲まないとすぐに生ぬるくなってしまいます。ある意味、ここも炎天下のビアガーデンの続きみたいなものです。
 店に入れる見込みが付くと、先にメニューが配られて注文を取りに来ます。もちろん後で追加発注も出来るのですが、店に入るとすぐにお肉が出てきて、最初の待ち時間が短縮されます。

IMGP3511.jpg

 思ったよりも待ち時間は長くて、待つこと約1時間。ようやく店内へ。小さな座敷席に小さなテーブル。とても良い雰囲気です。そしてさっそく注文済みのお肉が出てきました。これは並ハラミ。上や特上もありましたがこれで十分美味いです。いや、特上はそれはそれですごいはず。知らないからそう言えるだけかも知れません。でも並でこれだけのものが出てくるのだから、東京の焼き肉店としてはかなりレベル高いです。

IMGP3512.jpg

 上タン塩。すでに味付け済みで焼いたらこのまま何もつけずに食べます。厚みはないけどそれなりに大きくて美味い!

IMGP3513.jpg

 で、普通のカルビももちろん頂きます。これはまぁ普通だったかな?

IMGP3514.jpg

 レバ焼き。美しいですねぇ、レバ。店内にも「焼いて食べて下さい!」という張り紙がしてありましたし、店員さんもいちいち「必ず焼いて下さいね☆」と注意していきます。はい、聞き分けのいい大人なのでもちろん焼きましたとも。焼き方は自由ですけど(^^; ですよね?

IMGP3515.jpg

 メニューにポテトサラダがあると必ず頼んでしまいます。こんな姿でやって来ました。マヨネーズ味が薄いさっぱり系。

IMGP3519.jpg

 でもって、やはりホルモンミックス。こういう形でゴチャッと出てくるのは関西風? このままゴチャッと焼いてしまいます。センマイが特に美味かったです。

IMGP3517.jpg

 焼くのは炭火ではなくて小さな四角いガスコンロ。でも問題ない、すごく美味しく焼けます。

IMGP3522.jpg

 ビールはいい加減に飽きてきたので、何か違うお酒をということで、やはり焼肉にはマッコリ。で、これがなかなか怪しくて美味しそうな雰囲気のマッコリが出てきました。これ、初めて見る銘柄です。"虎"を彷彿させるドロドロ具合。キャップを開けるときもプシュッといいますし、すこし発砲しているようです。味わいもまさに"虎"系の美味さでした。

IMGP3525.jpg

 お茶碗か!というような大きな器で頂きました。これは危ない危ない。

 この他にも限定品のなんこつも頂きました。席に着いたときに店員さんからひっそりと「まだわずかになんこつ残ってますけど、食べます?」と内緒話でもされるように告げられたら「もちろん!」としか言いようがありません。なのになぜか写真がない! 食べるのに夢中になっていたようです。ハサミでチョキチョキしながら食べる大ぶりのなんこつはすごく美味しかったです。

IMGP3529.jpg

IMGP3530.jpg

 〆の二品。コムタンクッパとテグタンクッパ。実はこの時点でもう何も食べられないというほど満腹だったのですが、この二品は店に入る前に発注してしまったもの。煮込みに時間がかかるようで、キャンセル不能。頑張って食べました。でも、さっぱりしていて美味しかったです。良い口直しになりました。

IMGP3532.jpg

 本当の口直しと言えばこっち。サービスで最後に必ず出してもらえるデザートです。涼しげなブルーの器に入ってきたのは杏仁豆腐。これが猛烈に美味いのです。おまけと言うにはかなりの本格派で量もたっぷりでした。

 お店へのアクセスはかなり悪く、地元の方でない場合は最寄り駅からタクシーを使うしかなさそう。その最寄り駅というのも色々あるのですが、私たちは王子駅からタクシーに乗りました。帰りもお店に頼むとタクシーを呼んでくれます。


大きな地図で見る