酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

東京スカイツリー ライトアップ

 来春の展望台開業に向けて工事が進む東京スカイツリーですが、いまだ建設中とあって普段は夜になっても航空障害灯と一部の工事用の灯りしかついておらずいつも真っ暗なのです。しかし、今日の夕方、日が暮れた頃に出先から地元に戻ってきたら、なにやら北の空が見慣れぬ風景に...。なんと、スカイツリーに照明が灯っているではないですか!

IMGP3037.jpg
PENTAX K-5, DA★60-250mm F4ED, F4 AUTO 1/1.7sec, ISO800, -1.0EV, AWB, 88mm(132mm相当)

 なるほど、今日はクリスマスイブだから特別サービスなのね、と納得しつつ慌ててカメラを準備して写真を撮ってみました。どうやらこのライトアップは昨日から行われていたようですが、昨晩は日暮れ前から飲んでいたので気がつきませんでした。

 東京スカイツリーの照明はすべてLED光源だそうで、今回点灯したのはそのうちの極一部、地上125m以上にある白色LEDだけだそうで、開業後のライトアップはもっと派手になるようです。それはそれで楽しみなのですが、今回の白色LEDのみによるライトアップは、今年しか見られない貴重な姿でもあります。

 ということで、(自称)スカツリ・ウォッチャーとしては是非とも押さえておきたい写真でした(^^; 上に貼った写真はデジタル一眼レフのPENTAX K-5に望遠ズームをつけて撮った写真。三脚は使わず手持ち... というか壁により掛かって撮りました。歩留まりは1/20くらい。まぁこんなものでしょうか。本当は三脚に据え付けてもっと低感度で撮りたいところです。

DSCF1310
FUJIFILM FinePix F600EXR, F5.8, 2sec, ISO400, AWB, 27.1mm(148mm相当)

 そしてこの写真は同じ場所からコンパクトカメラのFinePix F600EXRで撮ったもの。台の上に置いて撮りました。プレミアムEXRオートなど色々試したのですが、マニュアルで自由に長時間露光をした方が良い結果が得られるような気がします。ちょっと暗めですけど、これくらいじゃないと背景のノイズが浮き出てきてしまいます。いずれにしても、思ったよりも良く撮れますね。最近のコンパクトカメラはすごいです。縮小するとK-5の写真とあまり違いが分からないくらいです。

 さて、東京スカイツリーの完成前スペシャルライトアップ、クリスマス版を見逃した方は大晦日に再び同じように点灯するそうなので是非!