酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

焼鳥 よつは

 このお店は7月末にも一度このブログで紹介していますが(しかも全く同じタイトルで^^;)、ここは最近、地元飲み仲間達の間でブームになっている焼鳥屋さんです。と言っても私がここを訪れたのは、これで5回目くらいかも。京成線の堀切菖蒲園が最寄り駅とあって、たどり着くまでにはちょっと手間暇がかかるのですが、実は距離的にはそれほど遠くはありません。

IMGP2952.jpg

 で、今回はただの飲み会ではなく、仲間内でお誕生日会をここで開くことに。8席しかないカウンター席をすべて占領し、貸し切りにしてもらいました。

 地元民4人に、東京の反対側から駆けつけてくれた友人2人。それに神戸からスペシャルゲスト2名を迎えて計8人で満席。土曜日18:00にいよいよ開宴です。

IMGP2916.jpg

 お祝い事なのでまずはシャンパン。これはグラスごと持ち込みです。アンリ・ジローのコード・ノワールのロゼ。神戸からのスペシャルゲストのセレクト。店主さんも含め計9人で乾杯。いやいや、素晴らしいです。美味すぎ。

 乾杯が終わったらいよいよ鶏を頂きます。以下、出てきた料理のごく一部ダイジェスト版です。

IMGP2919.jpg
 とりわさとか。

IMGP2925.jpg
 すきみとか。

IMGP2929.jpg
 血肝(レバー)とか。

IMGP2930.jpg
 ぎんなんとか。

IMGP2939.jpg
 ハツとか。
 美味しい焼き鳥はいつも通り。炭火で丁寧に焼かれた串は、ここに写真載っけた以外にも色々出てきました。ジューシーなのにさっぱりな塩味で、ボリュームもあって柔らかい、良い肉と絶妙な焼き加減と味付けです。

IMGP2928.jpg

 シャンパンの後、飲み物はレギュラーメニューから。スーパードライを飲んだ後はキンミヤ焼酎で作るハイボールです。綺麗な琥珀色で見た目も綺麗。ちなみに背景にぼけている透明な招き猫、なんとバカラ製です。来年も千客万来、商売繁盛を願いつつお酒を頂きます。

IMGP2935.jpg

 その後は日本酒に... 燗と冷やでいただきました。美味いですねぇ、お酒って。最近はとにかく酒量を減らしているのですが、この日は特別なので構わず今までどおりに飲んでしまいました。

IMGP2943.jpg

 いつもは最初に出てくるキャベツが中休みで出てきました。生キャベツにごま油とシラスが乗ってるだけに見えますが、これを家庭で作ろうとすると、ちょっとしたコツがいるそうで、そんなお話を聞いたり。聴けば「なるほど!」となるわけです。

IMGP2932.jpg

 煮込みとか。この他にもクリームシチューも頂きました。これらは猛烈に美味いのです。

IMGP2955.jpg

 はい、最後にケーキです、ケーキ。誕生日会ですから。よつはのご主人お手製のチーズケーキ。これもすごい美味しいのです。シンプルな誕生日ケーキ、大人ですねぇ。何しろ41歳と言えば、バカボンのパパと同じ歳ですから。
 で、誰が41歳になったのかって言えば... はい、私です。こんな歳になっても誕生日会を開いてもらえるなんて、おじさん感激です。年齢に相応しい大人になれるよういっそう努力します。

IMGP2969.jpg
PENTAX K-5, SIGMA 59-500mm F4.5-6.3, F6.3, 1/6sec, ISO1600, -2.0EV, SPOT測光

 この日は皆既月食が見られた日でもあります。東京では空気が澄んでいて良く晴れ渡っていました。しかも天頂近く。美味しい焼鳥を食べ、美味しいお酒を飲みながら、私たちも時折お店の外に出て空を見上げていました。
 良い気分で家に帰ってから望遠ズームを取り出してみましたが、すでに皆既月食状態からは抜け出つつありました。やはり月食中の月は暗いので、超望遠での撮影は難しいですね。酔っ払った状態で500mmの手持ち1/6秒もいかがなものかと思います(^^; 出来はともかく、一応撮ったよ!という証拠だけ。


大きな地図で見る

 焼鳥 よつは
 〒124-0006 東京都葛飾区堀切 4-52-5
 電話 03-5680-0106
 営業時間 午後5時〜(日曜定休)