酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

207SWレビュー:エクステリア編

 リボン&風船納車の余韻が覚めてきたところで、冷静に詳細に207SWを眺めていきたいと思います。今回はまずは外回りから。
 その前に、正確に言うと私が購入した207は"207SW Premium"というのが正式名称で、昨年の1月にそれまでの前期型からビッグ・マイナーチェンジされたモデルで、今年の7月までカタログに載っていた2010年型です。7月以降はさらにマイナーチェンジされて207SWにはPremiumとStyleの2グレードがカタログに載っていますが、2010年型はPremiumのみのシングルグレードでした。

IMGP7168.jpg

 ボディカラーの正式名称は"ビアンカホワイトです。プジョーおよびシトロエン乗りの方ならよくご存知の、昔からあるソリッドの白です。フランス映画"TAXI"でお馴染みの406と同じ色です。プジョーというと、ブルーを中心にわりとカラフルな色だったり、渋くて上品な大人の色のイメージがあると思うのですが、そこで敢えて無彩色。しかもこれ、レンタカーや商用車にありがちな、結構普通の白なのです。

 さて、リボンを外した状態でまずは外観を再度見てみましょう。

IMGP7214-Edit.jpg

 まず、フロント真正面です。極端な三日月型のつり目のヘッドライトに、ガバッと大口を開けたかのようなグリル。207の導入当初はこの"大口"が部分もう少し幅広で、メッキで縁取られた丸いフォグがグリルに埋め込まれ、牙のように見えたりしてより獅子っぽい顔つきでした。昨年にフェイスリフトされて少し大人しくなり、ちょうど407世代と508世代の中間といった感じです。
 グリルは横線型で前縁がメッキされています。2011年夏からの最新モデルでは格子状のグリルに変わっています。エンブレムのライオンマークは旧型ですが目はついています。ヘッドライトはHID化してありますが、それについてはまた別途。
 車幅は1750mm、トレッドはフロント1460mm、リア1450mm。306に比べて幅は55mm広くなり、フロントトレッドは変わらず、リアのトレッドは20mm広くなっているだけ。とうとう3ナンバーになってしまいましたが、306と比べて幅方向はそれほど大きくは変わりません。

IMGP7155.jpg

 そして横面です。うん、やっぱりこの角度が一番カッコイイかも。フロントからリアまでのラインが綺麗な曲線でつながっており、急角度で折れ曲がるポイントがありません。特にプジョーはそうだと思うのですが、ホイールアーチとタイヤの隙間がかなり空いていて、車高が高く見えます。見た目を優先するならローダウンしたくなるところかも。いや、私はこのままが好きですし、乗り心地優先します。
 フロントドアのガラスは縦方向にも十分に広くて、座高にもよりますが、私の場合はちょうど肘のあたりが窓の下端になります。側突対策が強化された最近の車にありがちな、肩まで覆われるような窮屈感がありません。しかしリア側の窓の下端はそれなりに絞られています。クォーターガラスもリアドアのすぐ後ろと、テールゲート側に2枚に別れて取り付けられており、視界は悪くありません。

 全長は4150mmで、ホイールベースは2540mm。ハッチバックに対してSWはホイールベースは同じで、リアオーバーハングだけが105mm伸びています。ちなみに306(N5ハッチバック)の全長は4040mmでホイールベースは2580mmでした。少しずつ207の方が大きいと思っていましたが、このホイールベースの数字に時代は違えど"2"と"3"の車格の差が表れているようです。

IMGP7157-Edit.jpg

 リア真正面の写真を取り忘れましたので少し斜めから。リアはやや素っ気なくてぺったんこで、ボディカラーのせいもあってなんだか商用車っぽさすら感じます。リアゲート開口部を最大限に取ろうという意図が見えるようです。黒いバンパー部も今時にしては珍しいくらいバンパー然としていますし。全体的にけなしているようですが、実は褒めています。商用車っぽさ上等。フランス車は実用車ですから。

 この写真では拡大しないと見えづらいのですが、バンパーにはバックソナーの丸いセンサーが4カ所に埋め込まれています。バックソナーは機能としては便利ですが、このセンサーの処理があまり好きではありませんが、黒バンパーなので良としましょう

 で、何度か書いていますが、リアコンビランプのデザインはイマイチ。ここだけが私的に"玉に瑕"と感じる部分です。

IMGP7203.jpg

 標準装着タイヤは195/55/R16というサイズ。ホイールは純正の"CANBERRA"という5本スポークのシンプルなアロイホイールです。タイヤの銘柄はちょっと心配だったのですが、ちゃんとミシュランのENERGY Saverついてきました。306で履いていたタイヤと同じシリーズ。よかったよかった。

IMGP7163.jpg

 アンテナは306と違って後ろの方についています。最近の車は皆こうですよね。アンテナない車もあるんでしたっけ? いずれにしてもこうなるとショートタイプじゃないと様になりません。自宅駐車場が立駐ですし、出先で立駐を利用することも多いので、簡単にアンテナを倒しておけるアングルスペーサーは必需品。これは原工房さんからプレゼントと言うことで頂きました。

IMGP7165.jpg

 サイドミラーです。結構大きいですが、おかげでよく見えます。もちろん車内から電動で角度等の調整は可能。それどころか、ミラーの格納が電動でできます。車内から任意にたたむこともできるし、ドアロック時に同時にたたむことも可能。306はミラーの折りたたみが手動だっただけに、乗り換えにあたって感動する一番のポイントだったりします。サイドのウィンカーもミラーの根元に埋め込まれています。

IMGP7217.jpg

 リアのガラスハッチです。これが最新のモデルではなくなってしまいました。確かにコストがかかりそうな機構です。トラブルの元にもなるかも。でも、便利ですよね。ちょっとした買い物の荷物を入れるだけなら、リアゲート開くまでもなくガラスハッチで事足ります。納車翌日に買い物に出かけたときにさっそく利用しました。ちょうど後ろがリアゲート開けるスペースもなかったので。キーリモコンにはガラスハッチだけ解錠するためのボタンがついています。

IMGP7175.jpg

 ルーフのほとんどはガラスです。このパノラミックルーフについては中から見た方が断然いいので別途紹介します。そして両脇にはルーフレールがついています。キャリアを取り付けるにはレールがあると便利かもしれませんが、ぶっちゃけ飾りかな?と思っています。全高を高くするだけなら個人的にはなくても構わないかも。

IMGP7212.jpg

 日々使う上で意外に重要なのがこの給油口。まず、306と反対側で左側についています。常用しているセルフスタンドでブースを間違えないようにしなくては。
 で、306は普通の国産車並みにリッドオ−プナーが運転席にあって、中蓋はネジ込み式でした。が、(少なくとも私の)207SWではリッドは手動開閉で中蓋はキーが必要なタイプになっています。ちょっと面倒くさいかも...。防犯上はこの方が良いのだとは思いますが。

IMGP7208.jpg
 ついでに下回りも覗き込んでみました。と言っても、魚眼レンズなので激しく歪んでいてあまりよく分かりません。スミマセン。
 とりあえずまずはフロントから。下側も結構カバーに覆われています。フレームメンバーのような構造物らしきものが見えます。真ん中の焼けたパイプは排気管。306は後方排気でしたが、207は前方排気になっています。右の銀色のユニットはATでしょうか。

IMGP7206.jpg
 次はリアから。真ん中の丸い出っ張りはスペアタイヤのスペース。306のように下からつり下げるのではなく、ラゲッジルーム側からアクセスします。右にマフラーエンドが見えます。最近の車だからなのか、一応ワゴンだからなのか、真後ろに直接排気しないようになっています。
 サスペンションまわりでは、ショックアブソーバーと別位置に付けられたコイルバネが見えます。そして黒い横棒はクロスビームでしょうか。完全独立なトレーリングアーム式でトーションバーをバネに使っていた306と大きく異なるところです。ガソリンタンクがこの写真ではよく見えませんね。

IMGP7179.jpg

 細かいところですが、ドアのサイドモール。デザイン的に一番出っ張ってるのはドアノブの付近なので、このモールに機能的な意味は無くて飾りかと思います。それを言ったら306もそうだったと思いますが。飾りならそれらしくということで、上縁にメッキのラインがくっついています。ボディカラーがビアンカホワイトだと目立たないですが、濃色だと目立ちそう。むしろここは黒い方が良かったのですが、マイチェン前から黒モール仕様というのは(少なくとも日本には)ないようです。

 インテリア編へと続く予定です。