酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

神宮外苑花火大会

 夏の風物詩と言えば花火大会。夏休みシーズンともなれば東京近郊ではあちこちで大小さまざまな花火大会が開かれます。が、今年は3月に起きた東日本大震災によって、経済的理由、あるいは警備上の都合、もしくは単に自粛ムードに配慮する形で、東京湾、江戸川、江東、調布、昭和記念公園などなど、多くの花火大会が中止になってしまいました。

IMGP4701.jpg
PENTAX K-5, DA L18-55mm F3.5-5.6AL, Manual, F16, 10sec, ISO80, WB:Daylight

 そんな中、東京都心で行われる神宮外苑花火大会は例年通り実施されました。この花火大会は2年前にも見に来たことがあるのですが、そのときと同様に、友人が前夜から場所取りなど全て準備をしてくれるということで、カメラと飲み物食べ物を持って出かけてきました。見学場所は千駄ヶ谷の東京都体育館付近です。

 当日は朝からなんとなく曇っていますが、特に風もなく暑さは厳しいですが穏やかと言えば穏やかな天候。心配だったのはゲリラ豪雨。案の定この日も埼玉県と東京都の境あたりでは夕方になってかなり激しい夕立があったようですが、神宮周辺まで広がらずに持ちこたえました。

IMGP4697.jpg
PENTAX K-5, DA L18-55mm F3.5-5.6AL, Manual, F14, 8sec, ISO80, WB:Daylight

IMGP4681.jpg
PENTAX K-5, DA L18-55mm F3.5-5.6AL, Manual, F13, 10sec, ISO80, WB:Daylight

 打ち上げ開始は午後7時半。その1時間半前には現地に着きましたが、すでに千駄ヶ谷駅付近は多くの人でごった返していました。しかし我々にはすでに観覧席が用意されています。苦労せずに良い場所でゆっくり花火を見られるなんて、何ともありがたいことです。大人8人、子ども2人の大所帯でしたがスペースは十分。缶ビール片手におつまみつつきながら、花火を待ちます。

 神宮球場ではジャニーズのイベントが行われているらしく、猛烈に懐かしい音楽(1980年代初頭のもの)がけっこうな音量で流れてきます。

IMGP4622.jpg
PENTAX K-5, DA L18-55mm F3.5-5.6AL, Manual, F16, 8sec, ISO80, WB:Daylight

IMGP4696.jpg
PENTAX K-5, DA L18-55mm F3.5-5.6AL, Manual, F14, 8sec, ISO80, WB:Daylight

 今年は開催される花火大会が少ないので、数少ない貴重な花火大会に人が集中するかと思えば、毎年来ている友人によると、今年の混雑は昨年よりも少ないように思えるとのことでした。うむ、何が何でも見ないといけないものではないし、相次いで花火大会が中止と言われると、気分が乗らない、というのも分かる気がします。それでも開始直前は通路もふさがれてしまうほど周囲は満員御礼状態になりました。

IMGP4715.jpg
PENTAX K-5, DA L18-55mm F3.5-5.6AL, Manual, F16, 13sec, ISO80, WB:Daylight

IMGP4645.jpg
PENTAX K-5, DA L18-55mm F3.5-5.6AL, Manual, F14, 8sec, ISO80, WB:Daylight

 さて、花火の撮影... 難しいですよね。去年は東京湾花火大会を遠くから望遠レンズで撮りました(→ 東京湾大華祭/2010年8月16日)。今回はかなりかなり近いですが、見上げるほどでもありません。
 カメラはPENTAX K-5銀、現場の状況が分からないのでレンズは迷ったのですが、保険で持って行ったK-xのキットズーム(DA L18-55mmF3.5-5.6)が役に立ちました。この神宮の花火大会は都心で開催されるとあって、一つ一つの花火はそれほど大きくないので、東京都体育館からでも、わりと望遠が必要でした。DA70mmを持って行けば完璧だったかも。

IMGP4641.jpg
PENTAX K-5, DA L18-55mm F3.5-5.6AL, Manual, F11, 5sec, ISO80, WB:Daylight

IMGP4711.jpg
PENTAX K-5, DA L18-55mm F3.5-5.6AL, Manual, F16, 10sec, ISO80, WB:Daylight

 小さな三脚にカメラを乗せて長時間露光するわけですが、レリーズやリモコンを持っていないので、2秒セルフタイマーを使いました。つまりシャッタータイミングはかなり適当ということになります。一眼レフにライブビューなんて要らない!と言い続けてきた私ですが、ライブビュー使いました。便利ですね、これ(^^;。ピントはあらかじめ無限遠出ししてから、マニュアルに切り替えて固定。途中で時々ピント合わせ直しましたが。

IMGP4625.jpg
PENTAX K-5, DA L18-55mm F3.5-5.6AL, Manual, F16, 8sec, ISO80, WB:Daylight

IMGP4640.jpg
PENTAX K-5, DA L18-55mm F3.5-5.6AL, Manual, F16, 10sec, ISO80, WB:Daylight

 ホワイトバランスは昼光に固定。カスタムファンクションで、ホワイトバランス固定時の微調整機能もオフしました。感度は最低のISO80に。絞りはF11〜16、シャッタースピードは8〜10秒くらいで色々いじってしまいました。花火の明るさが一定ではないので、どれが適正なのか分からず当てずっぽうです。オーバーすぎて真っ白になる失敗カットも多数。都心でやっているわりに街明かりもほとんど写りません。

IMGP4663.jpg
PENTAX K-5, DA Fisyeye10-14mm F3.5-4.5ED, Manual, F5.6, 8sec, ISO80, WB:Daylight, Flash強制発光

 ということで、ここに貼った写真はけっこうトリミングしています。撮影はJPEGでしたので、それほど階調や色はいじってはいません。うーん、花火は難しいですね。また来年チャンスがあれば頑張ります。

 約1万発の花火は1時間半ほどであっという間に打ち上げられて終わってしまいました。花火はやっぱり綺麗だし、いくら見ても飽きないです。写真撮影にも夢中になれたし、空の下で缶ビール飲みながら友人達と過ごすのも楽しいものです。

※Flickrに写真をまとめてアップロードしてあります。
 神宮外苑花火大会 -a set on Flickr