酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

タイヤ交換

 交換と言うより付け替えです。もう4月も中旬になってしまいましたが、遅ればせながらスタッドレスタイヤを外して、夏タイヤに戻しました。今シーズンは結局306でスキーに出かけたのは2回のみ。しかし厳冬だったため、2回ともかなりの積雪路を走りました。最終的に今冬の走行距離はたったの1,500km弱です。特に先月は給油もままならず、半月以上動かさなかったりしましたので。

IMGP0904

 タイや交換作業はこの3月により広い場所で新装開店した原工房さんでやっていただきました。ただのタイヤ付け替えとは言え、新工場への我が306入庫は初めてです。
 スタッドレスタイヤはブリヂストンのREVO2ですが、走行距離は短かく溝はたっぷり残っているとは言え、これで丸々4シーズン経過。しかも夏タイヤのミシュランENERGY3Aもすでに5年経過しています。なので、このままスタッドレスを履きつぶして、今夏の車検時に新品の夏タイヤに履き替えようという作戦も考えたのですが、新タイヤをどうするにせよ一応ルーチン通りに元に戻しておくことにしました。

IMGP0908.jpg

 久しぶりにリフトした姿を見ました(一番上の写真)。足回りも排気系もブレーキも、目視では特に問題なかったようです。それより、タイヤのことを気にしていたところだったので、スペアタイヤが目についてしまいました。これ、まだ大丈夫なのだろうか?
 ちなみに原工房さんでは、広くなった事務所工場敷地を生かし、タイヤを(有料で)保管してくれるようになりました。私のスタッドレスもとりあえずホイールごと預かって頂くことに。我が家はマンションの10階で、タイヤの積み出しや搬入をするだけで、非常に大変な作業なのです。もちろん部屋も狭いし、避難経路の問題でベランダに置くのもままならず、保管にも困っていたところなので、このサービスは大変便利です。

IMGP0897
IMGP0906

 この日の原工房はすごく混んでいました。先週はなぜか暇だったそうですが(みんなお花見に行ってたのかも?)。しかも出入りしている車を見ていると、06世代が圧倒的に多いようです。この光景を見ていると、私の306もまだまだ大丈夫だと改めて自信がわいてきます。実際、何もトラブルないですし。今のところは。

 と言っても、今度の7月で満11年経過。5回目の車検を迎えます。もちろん今のところこのまま通すつもりでいます。この日原工房さんに同じような306で来ていた方は、車検通すより別の306を買った方が安いかも、と言って中古のN3を試乗していました。なるほど、場合によってはそういうことあるのね。いや、私は今の306を諦めるときは、別の新車に乗り換えると思いますけど(いえ、この世に"絶対"はありませんが^^;)。

IMGP0910

 とても立派になった原工房ビル。アクセスは楽になりました。それにしても広い待合室も何だか落ち着きません(^^; そのうちモノで溢れて以前のように狭くなるのではないかと思っているのですが。これからもまだまだお世話になりますm(_ _)m