酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

地鶏屋

 似たような名前のお店が新小岩にもありますが(→鳥工房地どりや)、今回行ったのは新橋にある地鶏屋。友人が発見したおすすめのお店と言うことで、土曜日の夕方に訪れてみました。新橋駅の烏森口から飲み屋街をしばらく歩きつつ約5分。ガラス張りで、あまり雰囲気のない店構えのお店に到着。

IMGP1198.jpg

 しかしここは、そんな外見に似合わず、かなり本格的なこだわりの焼き鳥屋さんのようです。
 とりあえず生ビールで乾杯し、おまかせ6本セットを発注しました。残念なことに、楽しみにしていた特上白レバーや白子ポン酢は品切れだそうです。たまたま運が悪かったのか、そもそも週末は入荷しないのか、はたまた地震による影響なのかは分かりませんが。残念無念。

IMGP1174.jpg
 仕方なくしろレバーの代わりに発注した普通のレバー焼き。これが美味い!量もたっぷりでもちもちした食感に絶妙な焼き加減。今まで食べたことのあるレバー串焼きの中では、一二を争う美味しさです。

IMGP1169.jpg
 あとは、お任せセットに含まれるつくねとか、
IMGP1172.jpg
 ねぎまとか、
IMGP1178.jpg
 忘れた頃にやってきがちな手羽先とか、その他ささみさびなどなど、どれもとてもおいしく頂きました。

IMGP1170.jpg
 お酒はビールのあとに日本酒にスイッチ。山形の有名なお酒、十四代があるということで、東北地方支援をかねてそればかりグビグビ飲んでいました。鶏料理には日本酒も焼酎も合うよね、ということで最後には芋焼酎の伊佐美も頂きましたけど。

IMGP1191.jpg
 お任せセットが終わってしまって、まだ何となく物足りないかもと言うことで、鶏料理の基本にして居酒屋の定番メニュー、唐揚げを追加。小粒ですがパリッと揚がっていてジューシー。唐揚げのおいしいお店に間違いはありません。

 と言うことで、白レバーがなかったのは残念ですが、さすが友人のお勧めとあって、とてもレベルの高い焼鳥屋さんでした。また近いうちに白レバー目指して来たいと思います。

IMGP1216.jpg
 良い感じに酔った一行は新橋の飲み屋街をうろつきます。土曜の夜は新橋的には閑散期。それにしても節電してるのか心配なるような風景でした。世の中はもっと暗いはずだぞ! ということで、二次会に突入したのがまたこれが超良いお店でした。

IMGP1206.jpg
 こんなテキーラの利き酒セットが出てくるようなお店なのですが... カメラのホワイトバランスがまったく取れません。なので諦めて写真を撮ってないので、紹介はまた次回チャレンジしたときに!

 そんなに飲み過ぎた自覚はないのに、この日の帰りがけにSuicaにチャージしていたようです。まったく記憶になくて後日再度チャージ。予定していた倍額の残高を見て慌ててしまいました。この日の夜にチャージしたのは記録から確実なのですが、いまだにまったく思い出せません。恐るべし新橋。


大きな地図で見る