酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

FA31mmF1.8AL Limited (Silver)

 現在手持ちのレンズの中で一番気に入っているレンズと言えば、やはりFA31mmF1.8AL Limitedをおいて他にはありません。このレンズは一昨年の年末にブラック仕様の極上の新古品を見つけて買ったものです。

IMGP0718

 で、このたび訳あってその手持ちのブラック仕様を下取りに出して、新たにシルバー仕様を手に入れてしまいました。外装が色違いなだけで、全く同じレンズを買い換えるという、バカなことをしてしまったわけですが何か?
 バカなことをするのに理由も理屈もないのですが、一応理由らしきものを書いておきますと、それはもう、先日CP+で見たこれ↓に他なりません。
IMGP0648.jpg
 K-5 Limited Silverです。まもなく私の手元にやってくるはず。で、このデモ機につけてもらったのはFA31mmF1.8AL Limitedのシルバー仕様。これ超格好いい!
 95%見た目を理由にシルバー仕様のK-5を買うわけですから(あとの5%は強化ガラスのため)、やはり一番気に入っているFA31mmF1.8AL Limitedもシルバーにするしかありません。だって、シルバーボディにFA Limitedのブラック仕様は、どう考えても似合わなさそうですから。

IMGP0719
 ちなみにマウント面はこんな感じ。DA35mmF2.4 ALとは正反対に、このレンズは外装含めどこまでも金属製です。なお、後玉周囲にひっそりと"ASSEMBLED IN VIETNAM"と刻印されています。下取りに出したブラック仕様はフード付け根に堂々と"JAPAN"と刻印してありました。FAシリーズのPENTAXレンズは途中から生産拠点がベトナムに移されたようです。

IMGP0722
 K-5シルバーはまだ無いので、手持ちのボディに取り付けてみました。まずはK-7。黒ボディに銀レンズの組み合わせは悪くありません。これまで散々使ってきたので分かっているのですが、重量配分など含めK-7との相性はばっちりです。このレンズつけると、明らかにシャッター音が柔らかく感じたりもします。

IMGP9744
 次にK-xホワイト/黄グリップにつけてみました。これもなかなか似合います。ただし、プラスチックボディの質感の差が激しく、また重量もレンズがかなり重たく感じて、手にした感覚はK-7ほどしっくりはしません。でももちろん使うことにまったく問題は無し。

 ちなみに費用の話をしますと、今回手に入れたシルバー仕様は新品で10万円ちょっとの値札がついていました。相場はもう少し高いようで割と安かった方だと思います。そして古いブラック仕様の下取り価格は... それなりに気にせずに使いこんだつもりだったのですが、美品買い取り上限価格で査定をされ、さらに下取り特典割り増しなど含め、7万円を超える値がつきました。差額はたったの3万円。
 ちなみに一昨年に新古品として購入したときには8万円そこそこで買ったと記憶しています。PENTAXとは思えないリセールの高さにびっくり。FA Limitedは中古での流通も少なく、値が上がってきているようです。かつ、実用性とは無関係に日本製であることも、もしかしたら中古価格には影響あるのかも?と思います。

IMGP3442
PENTAX K-7, FA31mmF1.8AL Limited, 1/800sec, F9.0, ISO100, -1.0EV, AWB

 ま、いくらお得だったと言い張ったところで、根本的に無駄な買い物であることに変わりは無いと思いますけど(A^^;

関連エントリー

 DA40mmF2.8 Limited Silve
 DA70mmF2.4 Limited Silve
 DA21mmF3.2AL Limited Silver
 PENTAX K-5 Limited Silver

PENTAX 広角 レンズ FA31mm F1.8AL Limited シルバー FA31F1.8S

PENTAX 広角 レンズ FA31mm F1.8AL Limited シルバー FA31F1.8S