酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

腹黒屋

 品川港南口の飲み屋街にあるこのお店、交差点の角にあってただでさえ目立つ場所にあるのですが、その名前がまたすごいです。すでに一度記事に書いた記憶がありますが、久しぶりに今年何回目かの新年会として、飲みに行ってきました。腹黒い人が経営する腹黒い人のためのお店と言われていますが、いったいどんなぼったくりなのか?と純真な私としては心配になります。しかし入ってみれば至って普通の居酒屋さんです。

IMG_0409.jpg
 このお店はランチをやっておらず夕方からの飲み屋専門。店内は細長くてあまり広くありません。立地が良いこともあってか、この界隈では結構人気があるようで、金曜の7時過ぎなどは滅多には入れません。この日は木曜の7時前ということで、客引きのお姉さんがまだ店先に立っていました。
 チェーン店ではありませんが、独立経営というわけでもなく、店の雰囲気としては名前ほどの強い個性は感じられません。一応、九州郷土料理が売りだそうで、馬刺しともつ鍋がこの季節のメインメニューのようです。

IMG_0402.jpg
 ということで、もつ鍋を頼んでみました。写真で2人前です。味付けは味噌と醤油と塩が選べたのですが、他の人の意見を聞かず勝手に塩を発注してしまいました。なんか、さっぱりした味のものが食べたかったので。結論から言って、これ美味しかったです。〆のうどんやおじやの存在も忘れて、最後に一人でスープをすすっていたほど。〆があるんだから飲み干すな!と周囲に止められてようやく気づくほどでした(A^^;

IMG_0403.jpg
 焼鳥もおすすめ料理の一つ。これも一応博多名物!だそうです。盛り合わせはないということで、適当に発注。レバー、皮、ねぎま、ぼんじりだったかな? お通しとして平たいキャベツ盛りが出てきたので、その上に焼き鳥を置いていくかと思えば、そうではなくて、お皿でやってきました。でも、とても美味しかったです。これはお酒が進みます。

IMG_0404.jpg
 お酒はと言えばもちろん焼酎です。数は多くありませんが良い銘柄が揃っています。お値段もそれほど高くありません。

IMG_0406.jpg
 で、九州料理らしいモノと言えばこれ、チキン南蛮です。鶏の唐揚げにタルタルソースかけたヤツ。いや、本当はもっと細かい違いがあるのかも知れないけれど。さっぱりしたものが欲しいと言ってるそばから、これを発注する人はかなり強者です。美味しいので問題ありません。これはビールが欲しくなりますね、やっぱり。

IMG_0405.jpg
 先ほど飲み干しそうになってしまったもつ鍋の残骸を利用して、〆のラーメンを作りました。スープは追加(有料)してもらいましたけど。うむ、塩ラーメンはとても美味しそうです。

IMG_0407.jpg
 で、みんな遠慮したのかラーメンを食べ終わってもスープが減りません。またスープだけ飲もうかと思ってたそばから、ご飯を追加発注するバカな人が現れました。店員さんも一瞬固まってました。ということで、2回目の〆はおじやです。もちろん卵とじで。

IMG_0408.jpg
 さらに、空くじ無しの携帯クーポンで当てたデザート盛りを最後に頂きました。無料なのでアイスクリームがちょこっと載ったお皿が出てくるかと思えば、予想に反してかなり立派なデザートがやってきました。おじさん4人には十分すぎます。

 人気店と言うことできっちり2時間でラストオーダーに。まぁ、長居すると泥酔しかねないお店なのでほどほどで切り上げておくのが良いかも。が、この後に行った2次会のお店(ごく普通の居酒屋チェーン店)でグダグダしすぎて、結局飲み過ぎてしまいました。


大きな地図で見る