酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

品川港南飲み歩き

 いよいよ今年も忘年会シーズンがやってきました。あらかじめ予定されていたわけではないのですが、今週になって急に飲み会が増え、平日5日のうち今週は4日も飲み歩いていました。ということで、良く行くわりにはほとんどこのブログでは紹介していなかった職場の周辺、品川駅港南口界隈の飲み屋さんについてのエントリーです。「飲み歩き」と書きましたが、今回は2店だけです。

IMG_0079
 なお↑この写真はイメージです。品川のアイリッシュ・パブで撮ったものですが本文には出てきません。また、今回のエントリーの写真はすべてiPhone4で撮影しました。(上の写真はLOMOフィルターをかけてあります)

焼肉居酒屋 とんとん

 品川駅港南口の真正面の飲み屋街にある焼き肉屋さんです。路地と言えないほどの、ビルとビルの隙間を通った先にあり、知っていなければまずは出会うことがないと思われるほどの劣悪な立地。なのになぜかランチも含めお客さんが入っているお店。横に細長い2階建て店内には焼肉グリルのついた小さなテーブルが、かなり狭いピッチで並んでいます。椅子も固定の木製ベンチシート。荷物を置く場もないほどですが、なぜかそんなに居心地は悪くありません。

IMG_0059
 このお店にはランチで良く行くのですが、お肉自体はそれほど良い肉ではなさそうですし、お値段も安くはないのですが、味付けが絶妙で美味しいのです。そしてランチを食べているときに、いつも壁に貼ってある夜の飲み向けのメニューが色々と気になっていました。その一つが、「特製もつ鍋+焼肉+飲み放題」のセット。もつ鍋と焼き肉で\3,500、飲み放題が\980と、なかなかお得そうなのです。ということである晩、発注してみました。

IMG_0060
 まずは先に焼肉セットから来ました。この写真で三人前です。タン塩、カルビ、ハラミ、ホルモン、そして野菜が全て一つのお皿に盛られています。この他にサラダとキムチもついています。そこそこ分量がありますが、これはまだ折り返し点。

IMG_0061
 焼肉を食べきり、グリルにふたをしてカセットコンロを設置し、ようやくもつ鍋が来ました。これが予想と期待を遙かに超える鍋でした。中に入ってるモツは、脂身たっぷりの本当にモツらしいモツ。また量がハンパではありません。これに最後はご飯(うどんも選べます)を投入して〆となります。

 もつ鍋だけでも注文できますし、午後6時半までなら「ほろ酔いセット」というお得な焼肉セットがあります。ビールもジョッキ一杯300円で飲めてお得。特別な物はないにもないのに、なぜか満足度の高い焼き肉屋さんです。品川港南口では一番のお勧め!


大きな地図で見る

韓国風居酒屋 かすが

 これまた薄暗い裏路地にある韓国料理のお店です。しかも雑居ビルの三階にあって、なぜか麻雀店と併設されています。ここもランチで時々来るのですが、壁一面に美味しそうなお酒のポスターが貼ってあって、いつか飲みに行きたいと思ってました。先日ようやくその念願が叶いました。

IMG_0088
 まず飲んだのが生マッコリ。専用の深い器付き。750mLで1900円弱とそこそこ良いお値段します。しかしドロッとした白いお酒は、口当たりがピリッとしていて素晴らしく美味いです。しかし危険な香りがして、あまりたくさん飲まない方がよさそう。

IMG_0094
 ということで、次は普通に二東のにっこりマッコリにしました。こちらも実はそれほどお安くないのですが、量がたっぷり。お馴染みの甕で飲めます。さすがにあっさりしていて甘口で飲みやすいです。味の濃い韓国料理には本当に良く合います。

IMG_0083
 食べ物はと言えば、まずはこのお店のおすすめ、牛すじ煮込み。熱々ですが辛くはありません。

IMG_0090
 伝統的韓国料理、トッポギ。写真写りが良くないですが辛くて猛烈に美味いです。ゆで卵がまるまる一個入っていました。

IMG_0091
 そしてプルコギ。鉄の広いお鍋で出てきました。これはもちろん煮込む前の状態。お肉が見えませんが下にびっしり埋まっています。

 そのほかにもメニューは豊富で、お酒の種類もかなり豊富。お値段もリーズナブルです。時折韓国語も飛び交う店内は、なんだか気安くてこれまた居心地が良いです。こちらもかなりレベルの高いお勧め店です。


大きな地図で見る