酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

F1日本GP2010 フリー走行2回目

 午前中のフリー走行1回目に続き、午後2時からはフリー走行2回目が行われました。こちらも90分のセッションです。天候は引き続き穏やかに晴れていますが、やや雲が多くなってきました。

IMGP6579
小林可夢偉/ザウバー
PENTAX K-7, SIGMA 120-400mmF4.5-5.6, 1/125sec, F6.3, ISO100, -0.7EV, WB:AUTO


DSCN0278
長い階段の上に目指すJ席はあります。秋の空が気持ちいい!

 D席をあとにして向かったのはJ席です。デグナー東ゲートから一度場外へ出て、デグナーの外側をまわり、西ストレートゲートから再び入場。コースの下をくぐるトンネルを抜けると、そこは山の中かと思うような鬱蒼とした森の谷間になっていました。ヘアピン方面へ少し進み、左を見上げると突然長い階段が現れます。その上がJ席です。このあたりを歩いていると、鈴鹿のコースがいかにアップダウンがあるかがよく分かります。

IMGP6540
セバスチャン・ヴェッテル/レッドブル
PENTAX K-7, SIGMA 120-400mmF4.5-5.6, 1/125sec, F5.6, ISO100, -0.7EV, WB:AUTO


IMGP6285
ジェンソン・バトン/マクラーレン
PENTAX K-7, SIGMA 120-400mmF4.5-5.6, 1/125sec, F6.3, ISO100, -1.0EV, WB:AUTO


IMGP6270
マーク・ウェバー/レッドブル、エイドリアン・スーティル/フォースインディア
PENTAX K-7, SIGMA 120-400mmF4.5-5.6, 1/125sec, F7.1, ISO100, -1.0EV, WB:AUTO

 J席は西コース側にあって、位置的にはヘアピンとスプーンの中間、200Rの脇にあります。今回の日本GP2010で用意されたスタンドの中では、唯一コース内周にある席で、ヘアピンから200Rの先まで広い範囲を見渡せ、フェンスも低くて観戦にも写真を撮るにも、なかなか良さそうな席です。と言う情報は、主にCar Watchに出ていた「2010F1日本グランプリ直前情報」という記事から事前に得ていました。これを読んで、金曜日は午前か午後のどちらかはJ席に行ってみようと決めていました。

IMGP6439
フェリペ・マッサ/フェラーリ
PENTAX K-7, SIGMA 120-400mmF4.5-5.6, 1/125sec, F8.0, ISO100, -1.0EV, WB:AUTO


IMGP6214
フェルナンド・アロンソ/フェラーリ
PENTAX K-7, SIGMA 120-400mmF4.5-5.6, 1/640sec, F5.0, ISO125, -1.7EV, WB:AUTO


IMGP6280
ヘイキ・コバライネン/ロータス
PENTAX K-7, SIGMA 120-400mmF4.5-5.6, 1/125sec, F5.6, ISO100, -1.0EV, WB:AUTO

 金曜日とはいえ、E席とD席の中間にあるオアシス(=食べ物屋街&トイレ&休憩スペース)はそれなりに混みそうだったので、J席脇にもうけられた屋台まで行ってから昼食を取りました。他のスタンドとは完全に独立しているということで、規模はかなり小さいのですが空いていてすぐに食べ物と飲み物を調達。と言っても焼きそばと缶ビールですけど。座席の方もヘアピンよりに人が固まっていますが、場所を選べば寝転がれるほど空いています。
 そんなこんなでゆっくりしていると、あっという間にフリー走行2回目の時間がやってきます。

IMGP6335
マーク・ウェバー/レッドブル
PENTAX K-7, SIGMA 120-400mmF4.5-5.6, 1/125sec, F6.3, ISO100, -1.0EV, WB:AUTO


IMGP6503
ミハエル・シューマッハ/メルセデスGP
PENTAX K-7, SIGMA 120-400mmF4.5-5.6, 1/125sec, F7.1, ISO100, -0.7EV, WB:AUTO


IMGP6692
小林可夢偉、コバライネン、マッサ、ハミルトン
PENTAX K-7, SIGMA 120-400mmF4.5-5.6, 1/400sec, F5.6, ISO640, -0.7EV, WB:AUTO

 写真を撮るという点では、ヘアピンはやや遠すぎて500mmクラスの超望遠でもマシンをフレームいっぱいにすることはできませんが、200Rにさしかかるところから目の前を右から左へ走り抜けていくマシンはかなり近く、絶好の流し取りポイントです。やや位置が高いのですが、基本的にそれほど長いレンズは要りません。距離は違いますが撮れる絵としてはC2席と似ているような気がしました。

IMGP6304
ニック・ハイドフェルド/ザウバー
PENTAX K-7, SIGMA 120-400mmF4.5-5.6, 1/125sec, F7.1, ISO100, -1.0EV, WB:AUTO


IMGP6235
ティモ・グロック/バージン
PENTAX K-7, SIGMA 120-400mmF4.5-5.6, 1/640sec, F5.6, ISO200, -2.0EV, WB:AUTO

 時間が進むにつれて雲が出てきて、90分が経過しフリー走行2回目が終了する頃には、幾分どんよりとしてきました。時間はすでに4時半過ぎ。晴れていても日が傾いてきているはずです。

 ゆっくりと片付けて帰途につきます。来た道を戻らず、200Rの下をくぐるトンネルを抜けてG席横へ。ここへ向かう階段は、さながらちょっとした山登りです。てくてく歩いてようやくグランドスタンド裏へ戻ってきました。

DSCN0287
金曜日のGPスクエアは人出が少なくて買い物日より

 この日のうちにめぼしいグッズは買ってしまおうとテント街巡り。そうこうしているうちに雨もぱらついてきまたので、早々にバス乗り場へ向かいます。ちなみにこの日の宿は名古屋にとってあります。白子駅から近鉄特急で40分。それほど遠くはありません。
 天気予報によると明日の土曜日は雨になるようです。日曜日晴れてくれるならそれもありかな?とこのときはのんきに考えていたのですが・・・。

※各エントリーに貼らなかった写真も含めFlickrにまとめてアップロードしてあります。
 F1日本GP 2010 -a set on Flickr