酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

九曜星

 飲み仲間夫婦がある日偶然見つけたという浅草の焼き鳥屋さんです。すごくいい店だからと言われて気になって、発見の翌週に連れて行ってもらいました。浅草と言っても繁華街から離れた、東武浅草駅の北口の近く。東京一の観光地とは思えないくらいひっそりと寂れています。この店はそんな雰囲気の中にこれ以上ないと言うくらいに溶け込んでいました。

DSCN0173
 お通しのにこごり。量は少ないですが、やっつけなお通しとは違って本格派。すでにメニューを見てにこごりを頼もうと思ってた矢先に出てきました。これですっかり満足してしまいました。

DSCN0175 
 レバーとハツのスモーク。何というかこんなの食べたの初めて。すごい美味いです。特にレバーの方は珍味系のチーズのよう。

DSCN0178
 フランスパンとともにたこ焼き器みたいな皿で出てきたのはもちろんエスカルゴ、ではなくて、砂肝です。そういえばエスカルゴと食感が似ているかも。味付けはまさにエスカルゴです。余った汁にパンを浸して食べると最高です。

DSCN0185
 変わり種鳥料理ばかり紹介してる気がしますが、もちろんメインは焼き鳥。お任せコースでちゃんと串焼きもたくさんいただきました。個人的趣味により写真はレバーです。鶏のレバーってどうしてこんなに美味しいんだろう?

DSCN0187
 でまたまたレバー!見たまんまレバーペーストです。これだけの量くるとパンが足りません。

DSCN0188
 で最後はなぜかピザ。焼き鳥屋でピザですよ。ニンニクと鶏肉が乗っています。実はこのあたりから若干食べた記憶が薄れてきています(A^^;;

DSCN0184
 それもそのはず、お酒をかなりたっぷり飲みました。黄色く色づいた"九右衛門"という麦焼酎です。友人が入れていたボトルの残っていたのと合わせて3人で1.5本ほど逝ってしまいました。

 開店と同時に入ったのですが、土曜日なせいかしばらく店内は私たちだけ。でも気がつけばちらほらとお客さんがやってきていました。このお店の大将は寡黙なことで有名だそうで、"いらっしゃいませ"をはじめとして、ほとんど一言も発しません。その分女将が接客はすべてこなしています。でも、そんな雰囲気がまたいいのです。


大きな地図で見る

おまけ

 で、もちろん二次会にはいつものところへ行ってしまいました。伝法院通りわきの赤提灯街、通称ホッピー通りとも煮込み通りとも言われている一角です。たくさんのお店がありますが、これまでに一通り入ったことあるのではないかと思います。今回もまたかすかな記憶のある一軒。
 それもそのはず、いつもここでの出来事はあやふやで細部は覚えていないのです。ただ、バカ騒ぎをしたと言うこと以外は。そう、ちょうどこの夜みたいに...。

DSCN0212
 デンキブラン... 覚えていません。いや、ウソです。少しだけ覚えています。クイッと飲みきったことを。
DSCN0227
 焼きそば... 食べ物のことは何一つ覚えていません。

DSCN0243
 で、帰りがけに人のいなくなった仲見世を歩いて... 写真撮ったのは覚えていません。浅草に行った日の最後は、いつもこんな写真ばかりです。

 恐るべし浅草。