酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

力士料理 すま

 ここはもう何度か訪れているのですが、いつもカメラを持ってなくて紹介していませんでした。最近新小岩駅南口の奥地にはいいお店がいっぱい見つかっています。ここもその一つ。元十両の須磨ノ富士関が引退して開いたお店で、昨年末にオープンしたようです。飲み屋街からは少し離れたところにポツンとあるのですが、飲み友達が目敏く見つけてから、何度か通っています。

DSCN0145
 力士料理と言えば思い出すのはちゃんこ鍋。もちろんこのお店でもちゃんこ鍋は代表料理となっています。しかし、それ以外の食べ物もものすごく美味しいのです。品数がそれほど多いわけではありませんが、どれもこれも絶妙なメニュー構成。ちゃんこ鍋を食べなくても、普通に居酒屋としてレベルが高いのです。

DSCN0152
 この写真は「すま風お好み焼き」です。ふわふわで一見するとピザのようですが、食べてみると見事にお好み焼き。

DSCN0151
 何でもない普通の揚げ物とか。鶏の唐揚げは醤油味がきいていてちょっと変わった風味。

DSCN0146
 野菜が食べたいと思ったら、野菜スティックしかメニューにありませんでした。変なサラダとかなくて潔いです。新鮮な生野菜と味噌の組み合わせは最高のおつまみです。ちなみにこの味噌はただの味噌ではなくて、力士味噌という特別なものだそうです。

DSCN0149
 飲み物は何か特別なお酒があるわけではないけれど、安くて美味しいお酒が揃っています。最近ハイボールは大人気で、何でもソーダで割るようになってきました。とうとうデンキブランまでハイボールになってしまったようです。飲んでみればこれは紛れもなくデンキブランです。ストレートもいいけど、ハイボールにしても美味しいです。ちょっとバカにしていたけど、結構気に入りました。

DSCN0157
 イワシです。これが猛烈に美味い! 日本酒が欲しくなります。

DSCN0155
 ということで、後半戦は日本酒で。冷やをぐいぐい飲んだところで、最後は熱燗で〆。

 店内は小さなカウンターと、小さな座敷のみ。かなりこじんまりしたお店です。須磨ノ富士関の現役時代から知っているような常連さんが多いらしく、いつもそれなりに混んでいます。そのお客さん達の雰囲気もなかなか面白いです。この日はおじさん(おじいさん)が熱く日本の歴史と未来を語っていました。そんな雰囲気も含めてこのお店の味かと思います。
 今回はちゃんこ鍋は食べませんでしたが、そろそろ寒くなってきましたし、これからは鍋の季節ですね。


大きな地図で見る