酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

初代 亀戸ホルモン 吉田

 亀戸餃子で有名な亀戸駅北口に広がる飲み屋街は、餃子だけでなく最近はホルモン屋さんがたくさんあることでも有名です。その名もずばり、亀戸ホルモンやホルモン青木などの有名店がひしめき合っています。ホルモンが食べたいという友人につきあって、久しぶりに亀戸に行ってきました。

DSCN0132
 今回行ったお店は「初代 亀戸ホルモン 吉田」という長ったらしい名前のお店です。有名店「亀戸ホルモン」の料理長さんが独立して作ったお店だそうです。ホルモン屋の激戦区からは少し離れたところにポツンとありました。雨の月曜日でしたが店内はお客さんでいっぱいでした。私たちは予約を取ってあったので問題ありません。

DSCN0130
 メニューは手作り感溢れています。よく読まないといろいろ見落としそう。

DSCN0136
 ハツとか。生のままでも美味しそう。
DSCN0133
 これはハチノス。ちなみに一番上に貼った写真はホルモン。これが猛烈に美味い!肉質はもちろん、味付けも絶妙で、酢ベースの特製つけだれがまた美味い! これは堪りません。
 ホルモンというと、かみ切れずに飲み込んでしまうようなものを想像する人が多いですが、いいホルモンは噛まなくても口の中で溶けていきます。

DSCN0134
 やはりお肉にはビールですね。ジョッキはお店のオリジナルでした。

DSCN0135
 楽しみにしていたのがレバ刺し。厚切りのブロック状のレバ刺しがこのお店にはあると言うことだったのですが、残念ながら品切れでした。という月曜日にはそもそも入ってこないのかも。代わりに、切り落としレバ刺しというのをいただきました。ネギまみれになっています。小粒なだけで、これでも十分うまいです。ちょっとごま油の塩だれが辛いかも。

DSCN0137
 お肉に飽きたら野菜盛りもあります。これがかなり豪華。エリンギや椎茸はかなり巨大です。茄子とネギもたっぷり。

 やはり亀戸はホルモン激戦区とあって、ハンパなものを出していてはやっていけないのでしょう。実はここ以外は「ホルモン青木」くらいしか行ったことないのですが、ここ最近食べたホルモンの中ではかなり美味しかったです。恐るべし亀戸。


大きな地図で見る