酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

D7000

 フォトキナ向けのカメラ新製品ラッシュは続いています。ニコンからはいよいよ中級機D90の後継となる新しいデジタル一眼レフカメラ、D7000が発表されました。これがなかなかスゴイのです。
D7000
 ニコンのDXフォーマット(APS-Cサイズ)にはD300Sという上位機種があるのですが、これをスペック的にほぼ上回りつつ、D90とほとんど同じボディサイズをキープしています。お値段は14万円弱と、それなりに高くなりましたが、内容を考えれば納得するしかありません。

 機能性能面での見所は、視野率100%、倍率0.94倍の光学ファインダー、39ポイントAFセンサー、マグネシウム合金の外装、SDXCデュアルスロット、防塵防滴構造、ISO100から最高ISO25600まで対応、AFが効くようになったフルHD動画、ストロボ同調1/250secで15万回耐久のシャッターユニット、秒間6コマ連写といったあたりです。

 これがペンタックスK-7よりもわずかに大きくて、わずかに重たいだけのボディに収まっているのです。ファインダーや金属外装、防塵防滴といったK-7と共通する点も多く、これぞまさに「プレミアム・スモール」と言えるのかも知れません。

 先に発表になった各社のデジタル一眼レフカメラの中では、ペンタックスK-rはクラス違いですが、キヤノンEOS 60DオリンパスE-5はほぼ同クラス。スペックというかコストパフォーマンス的には完全に負けてしまっています。ソニーはα55/33で別の方面へ行ってしまったので競合はしないかも(これはこれでアリな製品だと思いますけど)。

 また、まもなく発表されるはずのペンタックスK-5もこれと比較されると厳しそうです。撮像センサーは同等かも知れませんが、その他の部分、特にAFまわりではニコンには絶対に敵いませんので。もちろんカメラはスペックだけではなくて、手触りと相性が一番重要ですけどね。あとはデザインとか、レンズ資産とか。

 それにしても、各社とも製品名に"7"のつくカメラは本気で作った当たり製品が多いような気がします。特にニコンは過去においてもD70、D700などヒット製品となっていますし。

 このD7000、私がまだニコンを使っていたなら必ずや買っていたに違いないと思います。幸か不幸か、今は全くそういう面での心配はありませんが。いや、でも・・・(以下略。

[asin:B0042VJSL0:detail]