酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

GV-MC7/VZ

 もうずいぶん前のことなのですが、PC2号機をWindows7 x64化するに当たって地デジキャプチャユニットを新しくしました。これまで使っていたBUFFALOのDT-H50/PCIEは、ドライバおよび付属TV視聴ソフトが32bitOSにしか対応していません。ということでこれは使用できません。

 伝統的に、というか技術的な問題なのか分かりませんが、従来TVキャプチャ製品は32bitOSしか対応してないものが多かったのですが、最近はようやく64bitも普通にサポートされつつあるようです。なのですが、付属ソフトやドライバーの安定性やら使い勝手を心配するのが面倒になり、今回はWindows Media Center対応の製品を買ってしまいました。

R0010454
 それが表題のGV-MC7/VZです。アイオーデータの製品で、PCI/PCIeバス対応の内蔵カードではなく、USBポートに接続する外付けタイプ。バスパワーで動作可能な小さなただの黒い箱です。邪魔にもならないし取り扱いも楽々。

 付属CDからドライバーをインストール後、USBポートに接続。その後Windows Media Centerを立ち上げ、初期設定を行います。これらのセットアップ作業は特に問題なく順調に完了しました。Windows Media Centerは初めて触りましたが、ぶっちゃけ機能的にはBUFFALOのPCastTVとそう変わりません。直感的に操作できます。

20100711_03

メインのTV視聴画面は至ってシンプル。マウスカーソルを画面上に持って行くと、CH変更やボリュームなどの操作ボタン類がオーバーレイされます。ちなみにビデオ画面はオーバーレイではなくDirectX経由(DXVA?)で描画されているようです。

20100711_04

もちろんデータ放送にも対応。本物のTVでは考えられないくらいサクサクと動きます。これはMedia Centerだからと言うのではなく、ハイパワーなCPUを利用できるPC上ので地デジ視聴の特徴。ちなみに起動もまぁまぁストレス感じない程度に速いです。

20100711_02

BUFFALOのPCastTVではなぜかTV視聴中に番組表を取ってくれなかった(別途番組表アップデートを実行する必要があった)のですが、Media Centerはちゃんと裏で番組表を取ってきてくれます。ただし表示はこんな感じでイマイチ。いわゆる「10フィートUI」というやつなのでしょう。非常に一覧性が悪いです。コンセプトは分かりますが、PCだからこそ通常のTVとは違い、もっと一覧性の高い表示モードもつけて欲しいところです。

20100711_01

録画済み番組の一覧画面。サムネイルは静止画です。これも10フィートUIらしいですが、特に今のところ一覧性などは気になりません。撮り溜めてくると何が何だか分からなくなるかも。そんなにやたらと録画しないので大丈夫だと思いますが。

 ちなみにMedia Centerの録画機能には重大な問題点があります。というのは、録画完了時に自動でスリープまたは休止に入るという機能がないのです。いろいろ調べたのですが、Windows標準の電源管理機能(アイドルタイマー)でスリープさせるしかないようです。この場合録画が完了しても、ある一定時間PCは起動しっぱなしになります。あまり短く設定すると、通常使用時に面倒なことになりますので、結局私は1時間後にスリープするように設定しました。実害はあまりありませんが... エコじゃないですね。

 もちろん良いところもあります。これはGV-MC7/VZとそのドライバーのおかげなのか、Media Centerのおかげなのか、あるいはPC2号機のハードウェアのおかげなのか分かりませんが、PCによるTV視聴&録画システムとしては、ずば抜けて安定しています。アナログ時代も含めて過去に使ってきたTVキャプチャはどこか必ず変な動作をすることがあって、旅行中の録画なども失敗していることが珍しくありませんでした。が、GV-MC7/VZ+Media Centerに変えてからは安定して、当たり前のように普通に動いています。これ、実はTVキャプチャとしては一番重要なことです。

I-O DATA Windows Media Center専用 地上・BS・110度CSデジタル対応TVキャプチャ USB GV-MC7/VZ

I-O DATA Windows Media Center専用 地上・BS・110度CSデジタル対応TVキャプチャ USB GV-MC7/VZ