酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

博多華味鳥

 学生時代の友人に呼ばれて銀座までちょっと飲みに行ってきました。というつもりだったのですが、指定されたお店の地図を見ながらたどり着いたのは、なにやら高級感の漂う上品なお店。女性の店員さんはみんな和服姿です。個室には全て部屋の名前が付いており、薄暗い照明。九州の鳥料理と言えば、焼酎とともに飲む気安い居酒屋と勝手に思っていたので、少々面食らいました。

 でも、せっかく銀座近いのだから、たまにはこういう雰囲気のお店も楽しまなくては。実際には、そんなに肩肘張ったようなお店ではなく、意外に気楽に過ごせます。自然でちょうど絶妙なホスピタリティ。

 店名の通り、博多の「華味鳥」料理を中心とした、水炊きがメインのお店。博多と大阪には複数の店舗があるチェーン店ですが、東京には銀座にしかないそうです。

R0010591

 この日はすでにコースの料理を発注済み。飲み物は2時間飲み放題です。まず出てきたのは前菜三点盛り。実は一つ一つについて説明してくれたのですが、残念ながら覚えていません。どれも手が込んでいて目でも味わえる料理です。
 以下、出てきた順に料理の写真を貼っておきます。覚えてる限りの料理名とともに。

R0010592
 鶏のお刺身などなど。

R0010593
 何か野菜類の小鉢。

R0010594
 博多の明太子。

R0010595
 メイン料理の華味鳥水たき。まず最初にコラーゲン入りのスープだけ飲んで味わってから、具材を入れていきます。その後つくね、切り身、レバー&ハツ、野菜などなどを入れて煮込んで頂きました。全ての作業は店員さんが頃合いを見計らってやってくれます。相変わらずしっかりとした丁寧な説明。友人の鋭い突っ込みにもたじろがずに答えてくれたり。プロ魂を感じました。

R0010596
 食べ残しみたいな写真になってしまいましたが、最後はちゃんぽん麺または雑炊を入れて〆。私たちは麺にしてみました。これまたすごく旨い!最後の最後まで楽しめました。

 最初にも書きましたが、丁寧さと気安さのバランスが非常に絶妙です。清潔で銀座らしい高級感がありつつ、お値段もリーズナブル。たまにはこういうお店もいいものです。


大きな地図で見る