酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

不忍池

 上野公園に隣接する不忍池では蓮の花が最盛期を迎えつつあります。昨年もこの時期に遊びに来たのですが、午後だったこともあって蓮の花は閉じていました。それでも写真を撮ってると、見ず知らずのおばちゃんに「あら、蓮の花撮るなら朝に来ないとダメよ!」と言われたのを覚えています。普段、休日と言えば昼まで寝てしまうのですが、天気の良い連休の朝、早起きして咲いてる蓮の花を撮りに行ってみました。

 例のごとく、カメラはPENTAX K-7、レンズはDA★60-250mmF4EDです。RAWで撮影しPDCU4.1で現像し、Photoshopでリサイズと少々レタッチしてあります(サムネイルはFlickrが自動生成したものです)。

IMGP3308
K-7, DA*60-250mmF4ED, 1/160sec, F4.0, ISO100, WB:AUTOIMGP3320
K-7, DA*60-250mmF4ED, 1/100sec, F4.0, ISO100, WB:AUTO

 早朝なら駐車場も空いているだろうということで車で上野まで。不忍池には8時前に着きましたが、すでにカメラを手にした人がたくさんいました。周囲の人の会話を盗み聞きしていると、どうやら今日は今ひとつのようです。でも天気が良くてとても綺麗です。

IMGP3258
K-7, DA*60-250mmF4ED, 1/60sec, F4.0, ISO100, +0.3EV, WB:AUTO
IMGP3239
K-7, DA*60-250mmF4ED, 1/200sec, F4.5, ISO100, WB:AUTO

 確かに咲いてる花はたくさんあるのですが、時間がそれでも遅すぎるのか、開ききってしまっている花も多いようです。最盛期がこれからなのか、もう終わってしまったのかよく分かりません。また弁天堂周辺よりも、動物園内の遊歩道付近にたくさん咲いているのが見えました。が、この時間は動物園には入れません。開園する頃には花は閉じてしまうとしたら、幻の蓮の花なのかも。

IMGP3275
K-7, DA*60-250mmF4ED, 1/800sec, F4.0, ISO200, -0.7EV, WB:AUTO
IMGP3244
K-7, DA*60-250mmF4ED, 1/320sec, F4.0, ISO200, WB:AUTO, 蜂と蓮

 ということで、カメラ片手に早朝散歩は約1時間くらい。弁天堂周辺を一周しただけです。不忍池の蓮はピンク色の花だけでした。白い蓮というのもあるそうですが、見当たりませんでした。蓮の花は大きくて形が綺麗で撮り応えもあり好きなのですが、中心にある「ハスクチ」がどうも生理的に嫌いなんですよね。まだ咲いている花は良いのですが、花が終わって種ができる頃になるとちょっと正視できません。なので、今回撮った写真も無意識のうちになるべくハスクチが写らないように撮っていたようです(A^^;

おまけ

IMGP3292
K-7, DA*60-250mmF4ED, 1/320sec, F4.0, ISO200, WB:AUTO IMGP3282
K-7, DA*60-250mmF4ED, 1/1250sec, F4.0, ISO200, WB:AUTO

 不忍池にはたくさんの野生の鳥も棲んでいます。上の写真の鳥はウミネコ、下の写真はカルガモ。人に慣れているのか意外なほどに近くまでやって、近づいてカメラ向けても動じません。

※Flickrに昨年撮った写真もまとめてアップロードしてあります。
 不忍池 -a set on Flickr


大きな地図で見る