酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

ハッセルブラッド初撮り

 ようやくHASSELBLAD 500C/Mでの初撮影に成功しました。って言うとちょっとオーバーですが、なにしろ前回は全く何も写ってない、という惨憺たる失敗に見舞われていましたので。その失敗の経験を生かし、というかレンズのシンクロ接点をちゃんと"X"に設定し(レンズシャッターの故障によりX接点設定にしてないとシャッターが開かなくなっている)て撮影したところ、今度はちゃんと「何か」が写っていました。

R0010440

 そもそもフィルムの撮影は久しぶりだし、中判は初めてです。120フィルムで撮影できるのはわずか12枚。HASSELBRAD 500C/Mには露出計がついていないので、RICOH CX3を簡易露出計代わりに使いながら撮影しました。場所はすぐ近所。フィルムはFUJIFILMのPRO400というISO400のカラーネガです。

 "普通サイズ"で仕上がってきたプリントは思ったよりも小さいものでした。一瞬、コンタクトプリントかとも思ったのですが、フィルムよりは少し大きくて8cm角ほどです。

 ブローニーフィルムに対応したスキャナは持っていないので、プリントからスキャンしてみました。以下四枚だけピックアップして貼っておきます。ほんとに写っていたよ!というだけの証明の意味で。

img001

 近所の路上に生えていた何かの花。プリントからして赤が飽和気味。1/500sec f8くらい。

img003

 近所の公園の階段。ピントあわせる場所間違えたかも。1/250sec f11くらい。

img004

 頭上の木の葉っぱ。ちょっと逆光気味。1/250sec f5.6くらい。

img005

 なぜかぴかぴかに磨かれた橋の欄干。ハッセルで写真を撮ってる人が映ってました。1/250sec f11くらい。

 ということで、何というかただ何かが写ってるだけな感じです。テスト撮影と言うことで短時間に手近に済ませたせいもあるのですが、それでも記憶にあるファインダー像から考えると味気なく思います。
 ハッセルのファインダースクリーンに浮かぶ画像は、被写体が何であれ立体感と光にあふれ、どれも美しく見えるのですが、写真はそんなに甘いものではなく、小さなプリントに仕上がってみると何とも平凡です。「やはり写真は道具ではない」と言うことなのでしょう。

 プリントが小さすぎるのかも? やっぱりポジじゃないとダメかな? あるいはISO400のフィルムは日中使うには高感度すぎたのでは?などなど、とりあえずすぐに対応ができる反省点はいくつかあります。そうは言っても、要は「腕」と「目」と「センス」なんですけどね。精進したいと思います。少なくとも次回はもっと低感度のフィルムを使おうと思っています。